坂本和久/壱岐市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

2024年4月7日告示、同年4月14日に投票が実施される壱岐市長選挙に、坂本和久氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、坂本和久氏の
・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

坂本和久/壱岐市長選挙の経歴は?

坂本和久氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 坂本和久(さかもと かずひさ)
生年月日 非公開
出身地 長崎県壱岐氏
最終学歴 近畿大学法学部法律学科
職業 会社役員
趣味 非公開

坂本和久氏は、2024年2月現在で59歳とされていますが、生年月日などは公開されていません。

長崎県壱岐市で生まれ、そのまま同市で育ちます。

出身高校についての情報はありませんでした。

近畿大学法学部法律学科を卒業した後、議員秘書を経て2003年と2007年に県議選壱岐市区、2016年に同市長選に立候補し、いずれも落選しています。

現在は、壱岐市内で環境関連の会社を設立し役員として活躍しています。

坂本和久/壱岐市長選挙の学歴は?

坂本和久氏は、出身高校は不明ですが、大学は近畿大学法学部法律学科に入学しました。

出身高校は?

坂本和久氏が通った高校の情報は公開されていません

出身大学は?

坂本和久氏が通った近畿大学は、1925年に設立された歴史ある私立大学です。

「実学教育と人格の陶冶」を建学の精神として掲げ、教育の目的として以下のような人材の育成を掲げています。

・人に愛される人
・信頼される人
・尊敬される人

本部は近畿地方にありますが、広島や福岡など各地にキャンパスがある総合大学です。

同氏は法学部法律学科に在学し、政治や法律分野の知識と経験を積みました。

坂本和久/壱岐市長選挙の家族は?

坂本和久氏の家族に関しては、情報は見当たりませんでした。

坂本和久/壱岐市長選挙の年収は?

坂本和久氏は、環境関係の法人を立ち上げ、会社役員として活躍しています。

役員報酬は会社によって異なるため、年収を予想するのは難しいですが、一般的な会社員よりも高収入を得ている可能性が高いと考えられます。

坂本和久/壱岐市長選挙の実績や評判は?

坂本和久氏は、議員秘書としての経験があり、その後会社を設立しています。

壱岐市でバイオマス燃料の事業を展開しており、地元紙からの取材を受けた経歴があります。

地元への貢献度が高く悪評などもないため、地元への貢献心が強い信頼感のある方といえるでしょう。

坂本和久/壱岐市長選挙の公約は?

坂本和久氏が壱岐市長選挙における公約は以下の通りです。

・市長直結の「目安箱」で市民の意見を把握
・耕作放棄地の活用
・観光客誘致

坂本和久/壱岐市長選挙の立候補した理由は?

坂本和久氏が壱岐市長選挙に立候補した理由としては、壱岐への強い思いを持ち続けており、壱岐の経済的な自立を促したいと述べています。

坂本和久/壱岐市長選挙の選挙結果は?

坂本和久氏は、2016年の壱岐市長選挙に立候補し、落選した経歴を持ちます。

投票日:2016年4月10日
投票率:79.16%
得票数:4,173票

坂本和久/壱岐市長選挙の引退の可能性は?

坂本和久氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

同氏は、地元で法人を立ち上げ、バイオマス燃料や食料の分野から高い貢献を果たしています。

政治家としてはまだ若い年代に入るため、今回の選挙に落選しても次回のチャンスを狙う可能性は十分あります。

また、このまま会社の役員として経済分野から壱岐市を支える選択肢も十分考えられます。

まとめ

以上、坂本和久氏について壱岐市長選挙との関連で紹介してきました。

議員の秘書の経験を持ちつつ、法人を自ら立ち上げ地元への貢献を果たしている積極的な性格が伺えます。

産業分野におけるノウハウは十分持っている方であるため、市長に当選した場合は経済活性化を実現する取り組みに積極的に乗り出すことが期待されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長