斉藤立/柔道家の兄父親母親家族は?出身小学校や病気についても!

スポンサーリンク

今回の記事では、「情熱大陸」に出演する柔道家の斉藤立氏について記事をまとめていこうと思います。

斉藤立氏は、金メダリスト「斉藤仁氏の息子」としても注目を集めています。

斉藤立氏の

・経歴
・学歴
・年収
・家族

などについて記事をまとめていきます。

斉藤立の経歴や学歴は?

斉藤立氏の経歴や学歴についてまとめていきます。

斉藤立の経歴は?

名前 斉藤立(さいとうたつる)
生年月日 2002年3月8日
身長 191cm
出身地 大阪府
最終学歴 国士舘大学体育学部武道学科在学中
職業 柔道家

斉藤立氏は、2002年3月8日に大阪府に生まれました。

父親はロサンゼルス・ソウルオリンピックの金メダリスト斉藤仁氏です。

斉藤仁氏の影響もあり、5歳の時から振武館柔道場で柔道をしていました。

出身小学校についての情報は得られませんでした。

斉藤立氏は小学5年生で45キロ超級でした。

小学5年生の平均体重は36〜37kgですので、同級生の中では体格のいい子どもだったことがわかりますね。

2013年の時、小学6年生で全国少年柔道大会し、優勝しています。

その後、上宮学園中学校、国士舘高等学校に進学しています。

2020年4月から国士舘大学体育学部武道学科に入学し、2022年の全日本選手権優勝などすばらしい成績を残しています。

現在は、国士舘大学に在学中です。

体重は160〜170kg、組み手は左組み、得意技は対落(たいおとし)です。

好きな食べ物はお寿司で、無限に食べれるそうです。

体格に恵まれ、美しい立技を武器に重量級の選手として活躍しています。

斉藤立氏の対戦成績は以下の通りです。

2013年(小学6年) 全国少年柔道大会 優勝
2017年(高校1年) 全日本カデ柔道体重別大会 90kg超級 優勝
2018年4月(高校2年生) ロシアジュニア国際大会 100kg超級 優勝
2018年8月 インターハイ 100kg超級 優勝
2018年9月 全日本ジュニア体重別選手権 100kg超級 優勝
2021年11月 グランドスラム・バクー 100kg超級 優勝
2022年4月 全日本選手権 優勝
2022年10月 タシケント世界選手権大会 100kg超級 銀メダル

2021年のグランドスラム・バグーではシニアの国際大会で初優勝を果たしています。

IJF世界ランキング(2022年時点)で32位を獲得し、国内外で成績を残しています。

2024年のパリオリンピックへの出場も期待される選手です。

斉藤立の本名は?

斉藤立氏は、本名で活動されています。

斉藤立の学歴は?

斉藤立氏の学歴ですが、国士舘高校卒国士舘大学体育学部武道学科在学中になります。

斉藤立の出身高校は?

斉藤立氏の出身高校は、国士舘高等学校です。

国士舘高等学校は、1917年設立の中高一貫校です。

「誠意・勤労・見識・気魄」の習得し、誠実で信念を持った人材育成を目指しています。

エスカレーター式の学校で、2022年には、内部進学で約半数が国士舘大学に進学しています。

部活動が盛んで、男子柔道部はインターハイ優勝、男子硬式野球部子は甲子園ベスト4などの成績を残しています。

参考:国士舘高等学校 ホームページ

斉藤立の出身大学は?

斉藤立氏の出身大学は、国士舘大学です。

国士舘大学は、1958年設立の世田谷区にある私立大学です。

「国を思い、世のため、人のために尽くせる人材『国士』の養成」を理念としています。

スポーツに力を入れている大学で、プロサッカー選手や柔道家など、多くのスポーツ選手を輩出しています。

参考:国士舘大学 ホームページ

スポンサーリンク

斉藤立の仕事は?

斉藤立氏は、柔道家として成績を挙げていて、2024年のパリオリンピックの出場も期待されている選手です。

 

斉藤立氏は、2022年の全日本選手権優勝しています。

全日本選手権は、父親の斉藤仁氏も1988年に優勝している大会です。

斉藤仁氏は、1983〜1985年に山下泰裕氏に3年連続決勝で敗れている大会でしたので、優勝するまで苦戦した大会でもありました。

親子で優勝を果たせたこともあり、特に嬉しかったのではないでしょうか。

インタビューでは謙虚な姿勢を見せ、「お父さんのような柔道を目指していきたい」と語っています。

引用元:柔道 全日本選手権 20歳の斉藤立が初優勝 父 仁氏に続く

 

2022年10月12日ウズベキスタンで行われたタシケント世界柔道選手権大会に出場し、銀メダルを獲得しました。

決勝は、アンディ・グランダ氏(キューバ)との対戦でした。

斉藤立氏は、指導3つによる反則負けとなりました。

敗因は、アンディ・グランダ氏に釣り手を持たせてもらえなかったことと、釣り手が持てず技が出せなかったことでした。

インタビューで斉藤立氏は「練習不足です。本当に申し訳ないです。」と語っていました。

釣り手対策が今後の課題となると思われます。

世界柔道選手権大会は、2024年のパリオリンピック選考に関わる重要な試合です。

 

全日本選手権での優勝と、タシケント世界柔道選手権大会で銀メダルを獲得したことから、パリオリンピックの出場の可能性があると予想されます。

斉藤立の家族は?

斉藤立氏の家族は、父・母・兄・犬2匹がいるようです。

お父さんは、柔道家の斉藤仁氏

・1984年 ロサンゼルスオリンピック95kg超級 金メダル
・1988年 全日本柔道選手権 優勝
・1988年 ソウルオリンピック95kg超級 金メダル

を獲得しています。

現役引退後は、指導者として

・国士舘大学監督
・柔道日本代表監督
・柔道日本代表強化委員長

などを務めていました。

指導者としては、鬼のように厳しい方だったようです。

自宅でも柔道の稽古をしていて息子たちに厳しく指導していたようです。

2015年に肝内胆管がんのため54歳の若さで亡くなられています。

最後の言葉は「稽古に行け」だったそうで、息子さんの活躍を望んでいたのでしょうね。

 

お母さんの三恵子氏はフランスの航空会社の元客室乗務員だったようです。

1997年に仁氏と結婚しています。

斉藤仁氏が亡くなってから、女手ひとつで2人の息子を育てました。

斉藤立氏は、規格外の体格ですのでたくさん食べるようですね。

食事の準備も大変だったのでしょうね。

 

お兄さんの一郎氏は、幼い頃から兄弟で柔道をしていました。

三恵子氏のツイートによると、一郎氏は高校で働いていることがわかりました。

教師として柔道部の顧問をしているか、柔道部の監督やコーチをされている可能性がありそうです。

柔道に携わるお仕事をされていて、兄弟2人とも仁氏の教えを受け継いでいるのですね。

斉藤立氏は、全日本選手権のインタビューで、負けた時に関係者や親族が悲しむ顔が見たくないから頑張れたと語っていました。

お父さんを尊敬し、家族のことを大切にされているのだと思います。

 

斉藤立氏は、実家のトイプードルを溺愛しているようです。

美恵子氏のツイッターにトイプードル2匹を見つけました。

とっても可愛いですね。

斉藤立氏は動物好きなようで、ツイッターでは動物のリツイートが多かったです。

スポンサーリンク

斉藤立の年収や月収は?

斉藤立氏の年収は、およそ200万円と予想しました。

年収を予想した根拠について解説していきます。

 

世界選手権の優勝者には賞金として

・1位 4,800ドル(およそ70万円)
・2位 3,200ドル(およそ47万円)
・3位 1600ドル(およそ23万円)

が授与されるようです。

斉藤立氏は、2022年10月12日のタシケント世界柔道選手権大会で銀メダルでしたので、賞金としておよそ47万円を獲得したと予想されます。

日本国内の大会では、賞金が出ないことが多いようです。

他の国際大会で賞金が出ることも考えられますので、賞金としておよそ100万円の収入があると予想しました。

 

試合で成績を残していますので、テレビや雑誌の取材を受けることがあります。

スポーツ選手はノーギャラで取材を受けることもあるようですが、およそ100万円の収入があると予想しました。

 

柔道家は、実業団に所属することで年収600万円〜800万円ほどの収入を得られるようです。

CM契約のある柔道家は、年収1,000万円を超えることもあるようです。

しかし、斉藤立氏は大学在学中で実業団には所属していないようですので、実業団からの収入はないと思われます。

卒業後は、実業団に所属し収入を得ると思われます。

 

賞金 100万円
取材 100万円
年収 100万円+100万円=200万円

 

以上の結果から、斉藤立氏の年収はおよそ200万円と予想しました。

 

参考:柔道選手の年収を詳しく解説!

斉藤立の病気は?

斉藤立氏の病気や怪我についてまとめていきます。

 

斉藤立氏は、2021年11月グランドスラム・バクー100kg超級で優勝しました。

この時に左膝を痛めたようです。

2021年12月8日の全日本学生体重別団体優勝大会にて負傷し、「左膝関節内側側副靱帯損傷」と診断されました。

左膝負傷のため、2021年12月26日の全日本選手権を欠場しています。

 

斉藤立氏は、2022年4月の全日本選手権で優勝しました。

この大会で、左組みの軸足となる右足を負傷したようです。

2022年6月26日の全日本学生優勝大会の出場しましたが、男子団体決勝で東海大学に敗れています。

右膝に痛みがあり万全ではなかったのと思われます。

国士舘大学は、2007年以来の優勝を狙っていただけに非常に悔しい結果となり、斉藤立氏は試合後に涙を流していました。

翌月、2022年7月の国際大会グランドスラム(GS)ハンガリー大会を右膝の痛みのため欠場しています。

 

2021年には左膝、2022年には右膝を負傷しているようです。

怪我と上手くつき合いながら、試合に向けて調整しているのでしょう。

まとめ

今回の記事では、斉藤立氏について記事をまとめてみました。

怪我に苦しみながら、優勝を掴んできたことがわかりました。

亡き父の背中を追って、斉藤仁氏のような柔道家を目指し、これからも活躍してくれると思います。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
人物
選挙立候補者研究所