斉藤けいた/中野区議会議員補欠選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

辞職に伴う中野区議会議員補欠選挙(2022年5月15日告示、22日投開票)に、維新の会所属で会社代表の斉藤けいた氏が立候補する意思を表明されましたので、斉藤氏に関する情報をまとめています。

斉藤けいた氏の

経歴
家族
年収
選挙結果

などについて記事を書いていきます。

斉藤けいたけいた/中野区議会議員補欠選挙の経歴は?

斉藤けいた氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 斉藤慶太(さいとうけいた)
生年月日 1983年5月6日
出身地 東京都調布市
学歴 中央大学法学部政治学科卒業
職業(前職) 飲食店経営会社(前職 株式会社伊勢丹勤務)
趣味 水泳・スポーツ観戦

斉藤けいた氏は、1983年東京都調布市に生まれました。

調布市立第四中学校・帝京大学高等学校を卒業後、中央大学法学部政治学科に進学され無事に卒業されました。

大学卒業後株式会社伊勢丹に勤務され、5年間の経験を経て独立。

2011年株式会社SPACE TOKYOを立ち上げ、現在3店舗の飲食店を経営されております。

また2022年2月から日本維新の会に所属し、今回の中野区議会議員補欠選挙は維新の会公認候補であります。

斉藤けいた/中野区議会議員補欠選挙の学歴は?

斉藤けいた氏の学歴は以下の通りになります。

1999年
調布市立第四中学校卒業

2002年
帝京大学高等学校卒業

2006年
中央大学法学部政治学科卒業

出身高校は?

帝京大学高等学校は、東京都八王子市にある私立の高等学校です。

学校名が似ているので、東京都板橋区にある帝京中学校・高等学校と、同じく八王子市にある帝京八王子中学校・高等学校と間違われることが多いですが、帝京大学高等学校が直系の中学校・高等学校になります。

1931年に創立された財団法人帝京商業学校を前身としています。

歯科系の学部や一流大学への進学を目標としており、偏差値は68で少人数制での教育が特徴です。

部活動は、運動部・文化部・同好会があり、「ボクシング部」や「中国拳法部」、「南米音楽部」「文化創作部」「文芸かるた部」など他の高校では見られない部も存在しています。

出身大学は?

中央大学は、東京都に本部を置く日本の私立大学です。

1885年、18人の法律家のよって設立された栄吉利法律学校を前身とし、1905年に中央大学と改称されました。

学内に「中央大学経理研究所」を有し、簿記や公認会計士などの資格講座を実地しており、「日本で唯一、専門学校を利用せず公認会計士に合格出来る大学」と言われています。

法学部の偏差値は57.5~65.0で、法律学校を前身とした経緯から法学部は、中央大学の看板学部になります。

法律学科・政治学科・国際企業関係法学科の3学科を有し、多くの法曹・官吏・政治家・実業家・ジャーナリスト等を輩出していることで広く認知されています。

スポンサーリンク

斉藤けいた/中野区議会議員補欠選挙の家族は?

斉藤けいた氏は、2匹のわんちゃん(犬)と一緒に暮らしています。

2匹とも可愛いいですね。

毎日、神田川沿いや山手通り沿いを散歩されているとのことです。

その他の家族についての情報は得られませんでした…

まだ年齢も若く独身の可能性もありますね。

ご両親なども気になります。

斉藤けいた/中野区議会議員補欠選挙の年収は?

斉藤けいた氏の年収について情報をまとめてみました。

飲食店経営の平均年収は560万円~627万円になります

業態別に見てみると

バー経営 200万円~300万円
カフェ経営 200万円~500万円

斉藤けいた氏は、バーを1件・バーガーカフェを2件経営されてるので

200万円~500万円x2+200万円~300万円=600万円~1300万円くらいになります。

ただし飲食店経営は、保険費用・厨房設備・人件費・材料費・光熱費・土地(賃料)などが必要になりますので、年収の10倍ほどの年商が必要になります。

スポンサーリンク

斉藤けいた/中野区議会議員補欠選挙の実績や評判は?

斉藤けいた氏の実績についてですが、詳しい情報は見当たりませんでした…

大学卒業後、三越伊勢丹ホールディングスでアシスタントマネージャー兼バイヤーを5年間務められ、その経験を経て2011年に独立。
株式会社space tokyoを立ち上げ、現在は3店舗の飲食店を経営されています。

政治は初となりますが、スピードと決断力や話を聞く力など、経営者としての実力・実績はあると思います。

評判についての情報も得られませんでした…

個人的な予想になりますが、日本維新の会からの公認候補であることから、評判のいい方という印象を受けます。

斉藤けいた/中野区議会議員補欠選挙の公約は?

斉藤けいた氏の公約についてですが、ご自身の公式サイトで詳しく書かれております。

・中野区で使える商品券の発行
・補助金・助成金をスムーズに利用できるような仕組み作り
・教育や福祉などへ正しくお金が回るシステムの構築
・若者がチャレンジをしやすいような資金制度の作成
・幼児教育から大学卒業までの完全教育無償化
・どんな人も暮らしやすい教育環境
・中野区のドッグランの整備

など、自分の経験を経て中野区民のことを考えた公約という印象を受けますね。

個人的にも、中野区の若者がチャレンジしやすい街になって全国のモデルになれば、日本がもっと元気に活性化し面白くなると思います。

斉藤けいた/中野区議会議員補欠選挙の立候補した理由は?

斉藤けいた氏が今回の中野区議会議員補欠選挙に立候補した理由ですが、以下の通り述べられています。

民間での10年以上培ってきた力を今度は中野区の皆様の為にお役に立たせたいです

党からの公認候補を受けての出馬ですが、今までの経営者としての経験を今度は中野区の為に活かす為に、今回の中野区議会補欠選挙に立候補されたのだと思います。

斉藤けいた/中野区議会議会議員補欠選挙の選挙結果は?

斉藤けいた氏は今回が初の出馬になります。

最近の中野区議会議員補欠選挙の結果を見てみると

2010年 新人で自由民主党の高橋氏・新人で民主党の森氏が初当選。立候補者は5名で投票率は30.26%でした。
2018年 新人で立憲民主党の杉山氏が初当選。立候補者は3名で投票率は34.42%でした。

今回の中野区議会議員補欠選挙は斉藤けいた氏と、新人で都民ファーストの会代表荒木ちはる市の元秘書である黒沢氏・新人で自由民主党の池藤氏・元職で日本共産党の広川氏・元職で中野生活者ネットワークの細川氏の5名での戦いになります。

定数は1名だけなので厳しい選挙になるかもですが、投票率は期待できるかもですね。

斉藤けいた/中野区議会議員補欠選挙の引退の可能性は?

斉藤けいた氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした…

個人的な予想になりますが、まだ年齢も若く「日本維新の会」公認候補で政治に初挑戦されることから、引退の可能性はないと思います。

まとめ

斉藤けいた氏は、1983年5月6日東京都調布市に生まれました。

大学卒業後、株式会社伊勢丹に5年務められ、その経験を経て2011年株式会社space tokyoを立ち上げ、現在は3店舗の飲食店を経営されています。

2022年2月に「維新の会」に所属し、今回は経営者としての経験を活かして「維新の会」公認候補で中野区議会議員補欠選挙に立候補されました。

常に経験を活かしてチャレンジし、成功している斉藤けいた氏。

次は中野区民の為に、個人的にも応援したく思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。