齋藤武/遊佐町長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
町長

今回の記事では2024年3月17日告示、3月24日投開票予定の遊佐町長選挙に出馬予定の齋藤武氏>について記事をまとめていきます。

齋藤武氏の

  • 経歴
  • 家族
  • 年収
  • 選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

齋藤武/遊佐町長選挙の経歴は?

名前 齋藤武(さいとうたけし)
生年月日 49歳
出身地 東京都
最終学歴 東京農業大学
職業(前職) 行政書士
趣味 不明

齋藤武氏は東京都出身で大学は東京農業大学を卒業。2001年に遊佐町に移住し、行政書士として活動しながら農業生産法人の経営にも携われているようです。

2013年に町長選に出馬した際は前町長の時田氏に敗れましたが、その後2015年の町議選に出馬し初当選。

2024年2月まで副議長を務めましたが、時田氏の急逝に伴い町議会議員を辞職。今回2度目の町長選に挑みます。

齋藤武/遊佐町長選挙の学歴は?

齋藤武氏の最終学歴は東京農業大学卒になります。

出身高校は?

出身高校に関する情報は見当たりませんでした。

出身大学は?

東京農業大学は東京都世田谷区にある私立大学です。

生命、食料、環境、健康、エネルギー、地域再生分野を学べる6学部23学科を設置しています。

齋藤武/遊佐町長選挙の家族は?

齋藤武氏の家族構成に関する情報は見当たりませんでした。

しかし現役の子育て世代として学童保育の充実などを公約として掲げられていることから、子供がいる家族構成であるかもしれませんね。

齋藤武/遊佐町長選挙の年収は?

齋藤武氏の年収について推測してみました。

遊佐町の町議会副議長の給与月額は253,000円との記載がありました。

このことから年収に換算すると、

253,000円×12カ月=3,036,000円

の計算になります。

(参照:特別職の職員の給与に関する条例|遊佐町)

また、行政書士の平均年収は40代後半で6,530,000円との記載がありました。

(出典:MS-Japan調べ)

これらの合計で少なくとも9,566,000円の年収となります。

農業生産法人の経営者としての年収も合わせると年収1000万以上であることが予想されます。

齋藤武/遊佐町長選挙の実績や評判は?

2015年の町議会議員選挙で初当選し、2019年、2023年の町議会議員選挙を経て3期目を務めていました。

評判についての具体的な情報は見当たりませんでしたが、

前町長路線を受け継ぐところは当然受け継ぎながら、時代に合わせ町民の声に合わせて変えるべきところは変えていくという思いで、新しい遊佐町を作って参りたい。

と表明されており、現職の町議会議員の方5名も斎藤氏の支援に回っているということです。

齋藤武/遊佐町長選挙の公約は?

調査したところ全ての公約については把握できませんでしたが、以下の公約を掲げられていることが分かりました。

「小・中学校の給食費の無償化」
「病院への通院支援」
「空き校舎の活用方法の再検討」
「新規就農者の増加」
「鳥海山の湧き水の保全」

特に「小・中学校の給食費の無償化」に関しては、「これはやります」と表明されており、強い意志が窺えます。

齋藤武/遊佐町長選挙の立候補した理由は?

調査したところ明確な理由について情報は得られませんでした。

個人的な予想になりますが、東京農業大学を卒業し、現在も農業生産法人の経営者として活躍されていることから、農業を通じて町の活性化を図りたいという想いがあるように感じます。

また自身が子育て世代でもあるため、子育て支援を手厚くすることが将来の遊佐町を支える第一歩であると考えられているのではないでしょうか。

齋藤武/遊佐町長選挙の選挙結果は?

町長選挙では2013年に初出馬されましたが、その際には前町長の時田氏にその際には前町長の時田氏に敗れました。

投票率は65.11%で、時田氏が5,798票、齋藤氏が2,687票でした。

その後2015年の町議会議員選挙で初当選

2019年、2023年の町議会議員選挙を経て3期目を務めていましたが、前町長の急逝に伴い2024年2月で町議会を辞職しています。

今回の町長選挙は2度目の出馬となります。

齋藤武/遊佐町長選挙の引退の可能性は?

引退の可能性について情報は見当たりませんでした。

遊佐町へ移住後、長く現職で活躍されているため、引退の可能性は低いと思われます。

まとめ

町議会議員と行政書士、農業生産法人の経営者として遊佐町で幅広く活躍されている齋藤武氏。

今回2度目の出馬となる町長選において「新たな町づくりをぜひやってみたい」と強い意気込みで臨まれています。

同町長選の対抗馬である松永裕美氏(57)も「健康、教育、環境」の3Kに取り組むと表明されているため、子育て世代からの話題性が高い選挙戦になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
町長