佐原光一/豊橋市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果についても!

スポンサーリンク

任期満了に伴う豊橋市長選挙(11月1日告示、11月8日投開票)に現職の佐原光一氏が4選を目指して立候補する意向を表明されましたので佐原氏に関する情報をまとめています。

佐原光一氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

 
 

スポンサーリンク

佐原光一/豊橋市長選挙の経歴や評判は?


佐原 光一氏の経歴は次の通りです。

名前:佐原 光一(さはら こういち)
生年月日:1953年11月10日
出身地:愛知県豊橋市
出身校:東京大学工学部航空学科卒業
趣味:テニス、ピアノ、乗り鉄

大学卒業後は運輸省(現:国土交通省)入省。その後、外務省に出向して在ブラジル日本国大使館一等書記官に就任。

運輸省第三港湾建設局境港工事事務所長、パナマ共和国海運庁、国土交通省港湾局環境・技術課長などを歴任。

2008年、豊橋市長に初当選。以降現在まで3期連続で務めています。

 
 

スポンサーリンク

佐原光一/豊橋市長選挙の家族は?

佐原氏は1982年にテニスと料理が趣味の恭子さんと結婚されています。佐原氏の仕事に伴って18回の引越しを経験されているため、荷造りはプロ級だそうです。

お子様に関する情報はございませんが、佐原氏が60歳代後半ということを考えると、30代ぐらいのお子様がいらっしゃるかもしれませんね。

佐原光一/豊橋市長選挙の年収は?

豊橋市のホームページによると

109万円(月収)×12ヶ月=1308万円
1308万円+期末手当365万円(3.35ヶ月)=1673万円(年収)

さらに1期勤め上げる毎に退職金として3142万円が支給されます。

佐原光一/豊橋市長選挙の選挙結果は?

詳細な情報が入り次第追記します。
ちなみに前回の豊橋市長選挙の投票率は29.82%で佐原氏の得票率は72%(約6.3万票)でした。

まとめ

今回の豊橋市長選挙には他に県議会議員の浅井よしたか氏、弁当販売業の鈴木美穂氏が出馬を表明されています。

佐原氏は政策としてコロナ対策だけでなく、新産業の創生、防災対策の強化、豊橋駅周辺の再開発、子育て・教育の充実、文化・スポーツの振興、環境対策、高齢者支援など数多くの政策を打ち出されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所