佐渡斉/四街道市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う千葉県四街道市長選挙が2022年2月20日に開催されます。

今回は現職市長で4期目の当選目指す佐渡斉氏について情報をまとめます。

佐渡斉氏の
・経歴
・実績
・年収

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

佐渡斉/四街道市長選挙の経歴は?

佐渡斉氏のプロフィールについて簡単にまとめてみました。

名前 佐渡 斉(さど ひとし)
生年月日 1953年9月25日
出身地 広島県竹原市
最終学歴 明治大学
職業(前職) 千葉県議議員
趣味 ガーデニング・読書

広島県竹原市出身の佐渡斉氏は、明治大学を卒業後千葉県四街道市の職員になられます。

その後四街道市の市議会議員を経て、当時の現職市長であった小池正孝氏の辞職による市長選挙に出馬。

見事当選を果たし、現在まで3期の市長を務められています。

佐渡斉/四街道市長選挙の学歴は?

佐渡斉氏の学歴は明治大学卒になります。

出身高校は?

佐渡斉氏の出身高校について調べましたが、情報はみつかりませんでした。

出身大学は?

明治大学は、東京都千代田区に本部を置く日本の私立大学です。

東京の難関私立大学の頭文字を取った「GMARCH」のMが明治大学であり、かなりの知名度を誇っています。

学部・学科については情報が見つかりませんでした。

スポンサーリンク

佐渡斉/四街道市長選挙の家族は?

佐渡斉氏の家族についての情報は見つかりませんでした。

子育て支援などの活動もされているので、既婚でお子様もいらっしゃるかもしれません。

佐渡斉/四街道市長選挙の年収は?

佐渡斉氏の年収についてまとめてみました。

四街道市の公式サイトのデータによると

月収:79.2万円×12ヶ月=950.4万円
期末手当:3.90ヶ月×79.2万円=308.88万円
年収:950.4万円+308.88万円=
1,259.28万円

四街道市の市長の年収は約1,259.28万円になります。

その他の収入があるかもしれませんが、情報は見つかりませんでした。

佐渡斉/四街道市長選挙の実績や評判は?

佐渡斉氏は「子育て日本一」を掲げ、子育て支援に尽力され、一定の成果をあげられているようです。

また、シルバー世代が活躍できるまちづくりや行財政の改革などにも取り組まれています。

佐渡斉氏の評判については情報が見つかりませんでした。

千葉県といえばベッドタウンのイメージがあるので、子育て支援については成果をあげられていることから評判は良いのではないかと予想します。

佐渡斉/四街道市長選挙の公約は?

佐渡斉氏の公約については

・ごみ処理施設をめぐる汚染残土問題の解決
・老朽化した市役所庁舎の整備

などを挙げられています。

汚染残土問題は市財政に大きく関わるので、今回の市長選の争点として大きなポイントになると思います。

佐渡斉/四街道市長選挙の立候補した理由は?

佐渡斉氏は、2010年2月3日に当時の現職市長であった小池正孝氏が健康上の理由で辞職されたことにより立候補されました。

詳しい理由についてはわかりませんでしたが、小池正孝氏が子育てや福祉について取り組まれていたようなので、意志を受け継ぐ形で立候補されたのかもしれません。

佐渡斉/四街道市長選挙の選挙結果は?

まず、2010年2月28日の市長選挙。このときの投票率は48.87%で、票数は11,437でした。
5人の候補者の中から見事当選されました。

次に、2014年2月16日の市長選挙では投票率は37.44%で、票数は16,271でした。

投票率が大きく下がっているのに対し、票数を伸ばして見事当選。

さらに、2018年2月18日の市長選挙では投票率は34.63%、票数は15,868でした。

2人の候補者に大差をつけて破り、3期目の当選を果たしました。

佐渡斉/四街道市長選挙の引退の可能性は?

佐渡斉氏の引退の可能性については情報が見つかりませんでした。

実施途中の施策が残されていると仰っているので、現時点で引退は考えていないのではと予想します。

まとめ

佐渡斉氏は、子育て支援や福祉など日本全体が抱える積極的に問題に取り組まれており、一定の成果をあげられてきました。

また、汚染残土という市が抱える大きな問題にも尽力されています。

市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所