江崎禎英/岐阜県知事選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果についても!

スポンサーリンク

任期満了に伴う岐阜県知事選挙(2021年1月7日告示、1月24日投開票)に新人で経済産業省出身の江崎禎英氏が立候補する意向を表明されましたので江崎氏に関する情報をまとめています。

江崎禎英氏の

・経歴

・家族

・年収

・選挙結果

などについて記事を書いていきます。  

 

スポンサーリンク

江崎禎英/岐阜県知事選挙の経歴は?

名前:江崎 禎英(えさき よしひで)
生年月日:1964年
出身地:岐阜県山県市
出身校:東京大学教養学部国際関係論卒業
特技:天通合氣道師範

大学卒業後は通商産業省(現経済産業省)に入省し、通商問題を担当。

その後、大蔵省に出向し金融制度改革に携わる。

1996年、イギリスのサセックス大学大学院に留学の後、EU(欧州委員会)にて勤務。

2017年より、経産省商務・サービスグループ政策統括調整官兼内閣官房健康・医療戦略室次長。 2020年7月より、内閣府大臣官房審議官。

知事選立候補のため、2020年11月19日で辞職。  

 

スポンサーリンク

江崎禎英/岐阜県知事選挙の家族は?

江崎氏の現在の家族については記載は見当たりません…

江崎氏が50歳代後半ということを考えると、結婚していたとすれば、20代ぐらいのお子様がいらっしゃるかもしれません。

江崎禎英/岐阜県知事選挙の年収は?

江崎氏の直近の職業は内閣府大臣官房審議官です。

政府の資料によると内閣府審議官等の年収は指定職俸給表により、その金額は

122万円(月収)×12ヶ月=1464万円(年収)

他に賞与もあると思われますが情報が見当たりませんでした。

江崎禎英/岐阜県知事選挙の選挙結果は?

詳細な情報が入り次第追記します。 ちなみに前回の岐阜県知事選挙は36.39%でした。

まとめ

岐阜県知事選挙には他に5選目を目指す現職の古田肇氏が立候補を表明されています。

 

江崎氏は記者会見で、中央官僚として新型コロナウイルス対策に携わった経験を生かし、感染拡大阻止と経済再生の両立を主要政策に据えると主張し、「岐阜に新しい風を。コロナの先にある未来を訴え、地域の素晴らしさを発信したい」と意気込みを語られました。

 

また、過疎や高齢化については「価値の高い農業を掘り起こし地域にあるものを生かすことが活性化のチャンスになる」と強調しています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
知事
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所