池田拓/浦河町長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う浦川市長選挙(2021年11月30日告示)に立候補する意向を表明された、池田拓氏に関する情報をお伝えいたします。

池田拓氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙の結果

などについて記事をまとめていきます。

 
 

池田拓/浦河町長選挙の経歴は?

名前 池田 拓(いけだ ひらく)
生年月日 1951年10月18日
出身地 えりも町
最終学歴 和光大学 卒業
職業(前職) 現 浦河町長
趣味 家庭菜園、音楽鑑賞、自然とふれあう

池田拓氏は、浦河町役場で教育委員会管理課長、管財建築課長の経歴をもつ4期目の浦河町長を目指す候補者です。

池田拓/浦河町長選挙の学歴は?

池田拓氏の学歴ですが高校は苫小牧工業高校卒業後は、大学へ進学し和光大学を卒業されています。

出身高校は?

池田拓氏の母校の苫小牧工業高校は北海道苫小牧市に所在する道立の工業高学校です。

専門科目の授業は民間での経験を持つ熟練の指導者が多く社会に出た際に通用する国家資格取得を目的とした試験を受験するための授業もあるので、手に職をつけて就職を目標とする生徒にはとても良い環境の高校ではないかと思います。

出身大学は?

池田拓氏は苫小牧工業高校を卒業後、地元を離れ東京の町田市に所在する和光大学大学へ進学しています。

池田拓が卒業した和光大学は1966年に創立されており「現代人間学部」「表現学部」「経済経営学部」の3学部があります。

基本的にどの大学も学部が分かれているものですが、この大学の特色として学部や学科の垣根を越えて自由に講義を選択できる「講義バイキング」という制度があるとのことでした。

幅広い知識を得たい生徒にとってはよい環境のようですね。

スポンサーリンク

池田拓/浦河町長選挙の家族は?

浦河町公式ホームページの情報では、池田拓氏は奥様と息子様1人と娘様が2人おられるようですね。

池田拓氏の年齢から想像すると、お子様方は独立されている方もおられるかもしれませんね。

池田拓氏には犬と亀5匹も家族として大事にされているようですよ。

 
 

池田拓/浦河町長選挙の年収は?

池田拓氏の年収について情報をまとめてみました。

70万円(月収)×12ヶ月=840万円
840万円+賞与280万円(4ヶ月)=1120万円

現浦河町長の池田拓氏の年収はおおよそ1120万円程ではないかと推定します。

スポンサーリンク

池田拓/浦河町長選挙の実績や評判は?

池田拓氏は過現在3期目の浦河町長として浦河町公式ホームページで町長日記というタイトルで市政活動や、自身の公式Facebookで活動の様子を公表しています。

残念ながら、池田拓氏はSNSでの活動は少なかったためプライベートなど幅広い情報は得られませんでした。

池田拓/浦河町長選挙の公約は?

池田拓氏は以下の様な公約を掲げられています。

4期目の公約として池田拓氏が説明した内容は「1.環境2.交流人口の増大3.町民の健康4.教育5.交通―をしっかり取り組んでいきたい。SDGSには17の項目があるが、5つの「K」をキーワードに新しい浦河、夢を持てる浦河に取り組んでいきたい」というものです。

この中で私が注目しているのは、5つの「K」のうち「健康」に関するものです。

浦河町では「うらかわ健康マイレージ事業」という取り組みをすでに行っていて健康診断や健康づくり関連事業などの参加で、商店街で使用できるポイントをもらえるそうです。

とても魅力的な取り組みですよね、住民が健康でいることは町が潤うことにも繋がりますしこの取り組みは続けていってほしいと思います。

池田拓/浦河町長選挙の立候補した理由は?

浦河町議会の一般質問にて池田拓氏はこう述べています。

「ソフト面やハード面の実現ができなかったことが心残りに思っている。そういった中でこのコロナ禍。財政的な部分、健康的な部分など町民の皆さんの苦労がある中、代わっていいのか自問自答してきた。実質2カ月半しかない中、一つの決断をしなければと思っていた。3期12年という約束をやぶって、新たに町民の有権者の皆さんの審判を仰ぐ覚悟を決めた」

初当選の際に自らが掲げた3期12年を超えての4期目への挑戦。

多選批判を受け止めながら任期の間になしえなかったことを成し遂げたいという強い意気込みを感じますね。

池田拓/浦河町長選挙の選挙結果は?

2005年 (浦河町教委管理課長を辞職)町長選に初立候補(落選:271票差)
2009年 浦河町長選挙(1回目の当選:860票差)
2013年 浦河町長選挙(2回目の当選)
2017年 浦河町長選(無投票:3回目の当選)

浦河町は人口1万4000人ほどの小さな町のようですし、立候補も無投票になるか一騎打ちの構図になることが多かったようです。

過去の選挙では勝っても負けても数百票の差ですから明暗が決まるので結果は開票終了ぎりぎりまでわからないということですね。

池田拓/浦河町長選挙の引退の可能性は?

浦河町長選挙への出馬の表明をしているのが池田拓氏一人ですので4期目の浦河町長に就任することはほぼ間違いないと思います。

しかし、池田拓氏においては公式に引退の意向は示してはいないものの迷っている心境も感じられます。

あとは「多選」を市民がどう審判するのか、世論の声を聞き引退のタイミングは計るのではないかと感じています。

まとめ

10月31日現在浦河町長選挙の立候補者は池田拓氏のみです。

このまま新たに候補者が出なければ2回連続の無投票当選になるようですが、国政でも多選や高齢化による世代交代が叫ばれており池田拓氏の場合も例外ではないと感じています。

浦河町は全国平均よりも生産年齢人口が低く高年齢化は今後も進んでいく可能性が特に高いとされる地域です。

軽種馬の生産地、優駿浪漫街道などの観光資源を持つ地域ですから、それらの資源を生かしながら魅力のある住みやすい街づくりにするために官と民が協働で取り組みを進めていけるように引っ張ってくれるリーダーが必要なのだと感じています。