田辺寛治/渋川市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

2021年08月29日に群馬県渋川市で市長選挙が実施されます。

現在(2021年8月9日時点)で、約2名の候補者が立候補されています。

今回の記事では、立候補者の一人である田辺寛治さんについて記事を書いていこうと思います。

田辺寛治さんの

・経歴
・学歴
・家族
・年収
・評判や実績
・公約
・選挙結果

などについて記事をまとめていこうと思います。

 
 

スポンサーリンク

田辺寛治/渋川市長選挙の経歴は?

名前 田辺寛治(タナベカンジ)
生年月日 69歳
出身地 群馬県
最終学歴 東洋大学卒業
職業(前職) (有)タナベ代表取締役
趣味 空手・サイクリング

田辺寛治さんは、過去に渋川市長選挙に一度挑戦されていますが、残念ながら落選されています。

今回は再度渋川市長選挙に挑む形になります。

田辺寛治さんの経歴の情報は少ないのですが、渋川市議会議員を3期務めれれています。

また、ご自身の活動の状況を公開するためにFacebookにて情報を公開されているようです。

田辺寛治さんのFacebookはこちら!

田辺寛治/渋川市長選挙の学歴は?

田辺寛治さんの学歴は、東洋大学の出身であることが分かっています。出身高校については、残念ながら情報を得ることができませんでした。

出身高校は?

田辺寛治さんの出身大学は東洋大学であることは分かっていますが、出身高校がどこなのかは情報を掴むことができませんでした。

出身が群馬県であることから、群馬の高校を卒業されているのかもしれません。

出身大学は?

田辺寛治さんの出身大学は、東京都文京区にある東洋大学です。

東洋大学は、1887年に井上円了氏により創設された私立哲学館が前身となって、1928年に設立された私立大学です。

東洋大学の偏差値は、学部によって違いますし田辺寛治さんがどの学部の所属していたかは不明ですが、現在は45~60といったところです。

 
 

スポンサーリンク

田辺寛治/渋川市長選挙の家族は?

田辺寛治さんの家族のことを調べてみましたが、家族構成などの情報は残念ながらありませんでした。

ただ、69歳という年齢をえると、結婚されたあと子供も独り立ちし、お孫さんも何人かいるのではないかと推測されます。

田辺寛治/渋川市長選挙の年収は?

田辺寛治さんは田辺寛治さんは渋川市議会議員を務めれていました。

2019年の渋川市議会議員の年収について、以下のような情報が見つかりました。

月額報酬:36万円
期末手当6月:91万800円
期末手当12月:93万1499円
合計:184万2299円
年収:616万2300円

更に田辺寛治さんは有限会社の取締役をしてるので、渋川市議会議員としての年収616万2300円よりも収入がある可能性があるかもです。

田辺寛治/渋川市長選挙の選挙の実績や評判は?

田辺寛治さんの実績についての詳細な情報はあまり得られなかったのですが、渋川市議会3月定例会の一般質問で積極的に質問されたり、自転車や空手などの活動を動画などで公開されるなど、様々な活動をされているようです。

評判についての情報も得られなかったのですが、渋川市議会議員を3期当選されていることから、それなりに評判はいいものと思われます。

田辺寛治/渋川市長選挙の選挙の公約は?

田辺寛治さんは渋川市長選について、会見で 「渋川市を群馬で一番暮らしやすい街にする」と公約しています。

具体的に暮らしやすい街にするための公約については調べることができませんでしたが、その意気込みは伝わってくるのではないでしょうか?

田辺寛治/渋川市長選挙の選挙の立候補した理由は?

渋川市長選に立候補した理由についてですが、記者会見の公約では 「渋川市を群馬で一番暮らしやすい街にする」とありますから、地元である群馬の渋川市をどの街よりも暮らしやすくしたいという思いから渋川市長選に立候補したといえるしょう。

田辺寛治/渋川市長選挙の選挙結果は?

渋川市長選挙は2021年8月29日に投票なので、現在(2021年8月9日)は結果待ちの状態です。

参考までにですが、田辺寛治さんは渋川市議会議員を3期務めていますが、最新の選挙では2019年2月3日の渋川市議会議員選挙で1,871票を獲得して当選しています。

また、市長選については、2013年に出馬したものの落選しています。

2019年の渋川市議会議員の選挙では、18人の当選者の中で6番目の得票数で当選していますから、それなりの実績と評価が得られているといえそうです。

田辺寛治/渋川市長選挙の引退の可能性は?

田辺寛治さんは現在69歳ですが、政治家としてはまだまだ若いですし、普段からサイクリングや空手など運動もされていて実年齢以上に体力があるはずです。

ですから、体力的な理由で引退するというのはあまり考えられないのではないでしょうか?

まとめ

田辺寛治は地元の渋川市で空手の塾長をされていたという経歴の持ち主です。

また、現在でもサイクリングをされて自身の健康にも留意されているようです。

そんな田辺寛治ですから、渋川市政についても健全で地道な努力をされるのではないかと期待します。