森敦彦/真鶴町長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

前真鶴町長の松本一彦氏が名簿不正問題の責任を取り辞職したことに伴う真鶴町長選挙(2021年12月14日告示、12月19日投開票)に、元真鶴町議会議員の森敦彦氏が立候補する意向を表明されましたので森氏に関する情報をまとめています。

森敦彦氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

 
 

森敦彦/真鶴町長選挙の経歴は?

名前 森敦彦(もりあつひこ)
生年月日 1951年6月25日
出身地 不明
最終学歴 立正大学経営学部卒業
職業(前職) 元真鶴町議会議員
趣味 不明

森敦彦氏について調査しましたが、出身地や趣味に関する情報は見つかりませんでした。

しかし森氏は大学を卒業後、真鶴町役場に入職し定年まで勤めた後、さらに真鶴町議会議員にも立候補し当選しています。

このように森氏は長年、真鶴町一筋に働いてきているので真鶴町が出身地の可能性が高いかと思われます。

また森氏は、今回の選挙の発端となった前真鶴町長の名簿不正問題に関与はしていたようですが自ら告発した経緯もあり、自らの地位を顧みず、間違っていることは間違っていると言える正義感の強い方であることが予想できます。

森敦彦/真鶴町長選挙の学歴は?

森敦彦氏の学歴についてですが、出身高校についての情報は見つかりませんでした。
出身大学は立正大学経営学部です。

出身大学は?

立正大学は東京都に本拠を置く私立大学で、1580年に設立された日蓮宗の教育機関を起源とする400年以上もの歴史を有する仏教系大学です。

仏教学部、文学部、経済学部、経営学部、法学部、心理学部、社会福祉学部、地球環境科学部、データサイエンス学部の9学部があり、中でも文学部の史学科は日本の私立大学では最古の歴史を持ちます

また、首都圏の大学で初めて心理学部を置いた大学としても有名で、毎年多くの臨床心理士を輩出しています。

 
 

スポンサーリンク

森敦彦/真鶴町長選挙の家族は?

森敦彦氏の家族について調べてみましたが情報は見つかりませんでした。

しかし森氏のFacebookにて、家族がいるというような投稿が見られましたので、ご結婚はされているようですね。

森敦彦/真鶴町長選挙の年収は?

森敦彦氏の年収について調べてみました。

森氏が2021年9月まで務めていた真鶴町議会議員の年収は以下の通りになります。

月給:24万2000円×12ヶ月=290万4000円
期末手当:106万4800円
年収:290万4000円+106万4800円=396万8800円

よって過去に真鶴町議会議員を務められていた際の年収は約396万8800円と予想されます。

スポンサーリンク

森敦彦/真鶴町長選挙の実績や評判は?

森敦彦氏の実績について調べてみました。

森氏は大学卒業後30年以上にわたって真鶴町役場にて働き、その間、税務課長産業観光課長町民課長会計課長福祉課長環境防災課長教育総務課長と様々な分野にわたって歴任してきています。

2017年から務めていた真鶴町議会議員時代の実績についての情報は得られませんでしたが、町職員時代に培った幅広い経験と視野を生かしてこられたのではないでしょうか。

森敦彦/真鶴町長選挙の公約は?

森敦彦氏の選挙公約を以下にまとめました。

・高齢者福祉や子育て支援の充実
・教育環境の整備
・「ヤングケアラー」の実態調査を行う

福祉課長や教育総務課長を務めた森氏の経験がとても生かせそうな公約で安心感を感じますね。

また、昨今問題視されている「ヤングケアラー」(病気や障害のある家族を介護する若者)に対して調査するという先駆的な施策は全国でももっと広まって欲しいなと思います。

森敦彦/真鶴町長選挙の立候補した理由は?

森敦彦氏の立候補した理由についての正確な情報は得られませんでしたが、こちらの記事で述べられていることが理由かなと考えられます。

同選挙は、選挙人名簿の不正利用をめぐり前町長が辞職したことに伴って行われる。森氏は、「選挙人名簿の重要性を町民の方々に理解と警戒をしていただくよい機会。選挙のなかで真相を明らかにする」と出馬理由を述べ、「安心な町を取り戻す」と強調した。
引用元:https://www.sankei.com/article/20211126-Z5FOONH4OROGPLKY2KOEM7AGJI/

前町長の不正問題が発端となった今回の選挙。森氏が告発したという経緯もあり、真相解明に対する強い正義感と意思が感じられますね。

 
 

森敦彦/真鶴町長選挙の選挙結果は?

さて、ここでは森敦彦氏の選挙結果について書いていきます。

まず、2017年9月26日に行われた真鶴町議会議員選挙に無所属の新人として出馬し、初当選を果たします。
この時森氏は334票を獲得し、全体の投票率は50.71%でした。

しかし、再選を目指して立候補した2021年9月26日の真鶴町議会議員選挙では落選してしまします。
この時森氏は156票を獲得し、全体の投票率は66.90%でした。

投票率が上がっているにもかかわらず、得票数が下がってしまっているのが気になりますね。

しかし今回再起をかけ、真鶴町長選挙に挑みます。
ぜひ頑張っていただきたいですね。

森敦彦/真鶴町長選挙の引退の可能性は?

森敦彦氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

個人的な予想にはなりますが、森氏はこれまで長年真鶴町に尽くしてこられた方なので、もし引退されるとしてもこれまでのキャリアを生かして町の発展に貢献されるのではないでしょうか。

まとめ

森敦彦氏は真鶴町職員として長年働いてこられ、さらに退職後も真鶴町議会議員を務められるなど真鶴町のスペシャリストのような方という印象を受けました。

また真鶴町は現在、神奈川県で唯一過疎化が進んでいる地域となっており、町の過疎化阻止や町の活性化が急務となっている地域でもあります。

是非とも森氏には長年真鶴町を支えてこられた経験を生かして頑張っていただきたいと思います。