古川保博/北島町長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う北島町長選挙(2022年1月11日告示、2022年1月16日投開票)に現職の古川保博氏が立候補する意向を表明されましたので古川氏に関する情報をまとめていいます。

古川保博氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

古川保博/北島町長選挙の経歴は?

名前 古川保博(ふるかわやすひろ)
生年月日 1949年3月3日
出身地 徳島県板野郡北島町
最終学歴 関東学院大学工学部卒業
職業(前職) 北島町長
趣味 不明

古川氏について調査しましたが、趣味に関する情報は見つかりませんでした。

また、古川氏は高校を卒業後、関東学院大学の工学部へ進学し、無事に卒業されます。

卒業後は炭素繊維メーカーの東邦レーヨンに入社されます。

政治家として活動し始めたのは1995年、古川氏が46歳の時からとなります。

3期にわたり北島町議会議員を務め、その後、北島町長となり現在3期目になります。

今回の選挙では4期目を目指しての立候補となります。

古川保博/北島町長選挙の学歴は?

古川保博氏の学歴は、関東学院大学工学部卒になります。

出身高校は?

出身高校についての情報は見つかりませんでした。

出身大学は?

関東学院大学は神奈川県横浜市に本拠を置く私立大学で、キリスト教の精神に基づき創立されました。

現在は、社会学部国際文化学部経済学部経営学部法学部人間共生学部理工学部建築・環境学部教育学部看護学部栄養学部11学部からなる総合大学となっています。

部活動も盛んに行われており、ラグビー部においては全国大会の決勝戦に10大会連続で出場し、そのうち6回優勝の実績を持つ強豪として知られています。

スポンサーリンク

古川保博/北島町長選挙の家族は?

古川保博氏の家族について調査しましたが、情報は見つかりませんでした。

古川氏は現在70代。

お孫さんがいらっしゃっても不思議ではないですね。

古川保博/北島町長選挙の年収は?

古川保博氏の年収について調べてみました。

北島町の公式サイトによると、北島町長の年収は以下の通りになります。

月給:77万円×12ヶ月=924万円
期末手当:257万円9500円
年収:924万円+257万9500円=1181万9500円

上記より、現・北島町長である古川氏の年収は約1182万円と予想されます。

古川保博/北島町長選挙の実績や評判は?

古川保博氏の実績について以下にまとめてみました。

パートナーシップ宣誓制度」の導入
-四国地方では先駆けて導入された。
・子ども・子育て支援事業
幼児教育・保育の無償化や、ひとり親家庭の支援。
・空き家対策事業
-空き家の所有者の調査や管理をしたり、空き家の流通推進を目的とした「空き家情報バンク」制度を設立。

少子高齢化に伴う子育て支援や空き家問題などもしっかりと行いつつ、性的マイノリティの方々に対する政策も行っており、すべての世代が暮らしやすい町づくりを行っているという印象を受けますね。

古川保博/北島町長選挙の公約は?

古川保博氏の今回の選挙に対する公約の情報は見つかりませんでした。

そのため、北島町長として3期目の所信表明で述べられていた内容を以下にご紹介します。

1.子育て支援
2.高齢者・障がい者支援
3.安心・安全なまちづくり
4.地域の活性化
5.社会基盤整備

近年頻繁に発生している集中豪雨による浸水対策なども事業計画に入れており、安心して暮らせるまちづくりに重点を置いている印象を受けます。

古川保博/北島町長選挙の立候補した理由は?

古川保博氏が北島町長選挙に立候補した理由について検索したのですが、理由についての情報は得られませんでした。

しかし、古川氏はこれまで連続3期にわたって北島町長を務めてこられ、様々な政策を行ってきています。
その中にはまだ達成しきれていない政策などもあるのではないでしょか。

そういった政策や事業を実現させるために再選を目指して立候補したのではないかなと予想します。

古川保博/北島町長選挙の選挙結果は?

さて、ここでは古川保博氏のこれまでの選挙結果についてまとめていきます。

まず、1995年4月に行われた北島町議会議員選挙に新人として初出馬し、見事当選します。

その後は1999年、2003年と連続して当選し、連続3期にわたり北島町議会議員を務めます。

そして2010年1月に行われた北島町長選挙に初出馬し、当時の現職に1000票以上の差をつけ当選。

その後2014年、2018年の町長選挙では無投票での当選となっており、町長としても現在3期目となっています。

古川保博/北島町長選挙の引退の可能性は?

古川保博氏の引退の可能性について調べてみましたが、情報は見つかりませんでした。

古川氏は現在70代で北島町長として3期目になりますが、今のところ今回の選挙への立候補者は古川氏のみとなっています。
そのため無投票での当選の可能性が高いと考えられますので引退の可能性も低いのではないかと考えられます。

まとめ

古川保博氏は長年にわたり北島町の町政に携わって来られ、最近では2期連続で無投票での当選を果たしています。

今回の選挙においてもまだ他に立候補者はいないようですので、再選の可能性が高くなっています。

古川氏はこれまでに、全国でもまだ例の少ないートナーシップ制度を導入するなど、新しい課題にも積極的に取り組んでいく姿勢も見られ、今後の政策にも期待が持てますね。

ぜひ今後も頑張っていただきたいと思います。