尾崎夏樹/箕面市議会議員選挙の経歴や家族は?年収についても!

スポンサーリンク

2020年8月23日に箕面市議会議員選挙が開催されます。

箕面市議会議員選挙には多数の方が立候補されていますが、
そんな候補者の一人の尾崎夏樹さんについて記事を書こうと思います。

尾崎夏樹さんの


・経歴
・家族
・年収

について記事をまとめてみます。

 
 

スポンサーリンク

尾崎夏樹/箕面市議会議員選挙の経歴や年齢は?

箕面市議会議員選挙候補の尾崎夏樹さんの経歴は以下の通りです。

名前:尾崎夏樹(おざき なつき)
生年月日:1974年(月日不明)
出身:京都府長岡京市
在住:大阪府箕面市
出身校:私立洛南高校、大阪大学経済学部、大阪大学経済学研究科修士課程神戸大学大学院法学研究科実務法律専攻
職歴:金融機関、平成19年弁護士登録、南森町総合法律事務所

尾崎夏樹さんは2016年箕面市議会議員選挙に当選しています。

ちなみに、弁護士時代のモットーは

依頼者の話をよく聞き、社会の動きをよく知り、採算に囚われず、法の力を借りて困っている人を助けるような仕事を積み重ねていくこと

なのだそうです。

民事事件・刑事事件・労働事件・会社の事件と幅広い事件の弁護にあたっていました。

またその他、友人の開業の手伝いをしたり、大阪維新の会の維新政治塾に応募し、多くの塾生仲間とともに研鑽を積んだり、各地の選挙のお手伝いをしていたそうです。

 
 

スポンサーリンク

尾崎夏樹/箕面市議会議員選挙の家族や結婚についても!

尾崎夏樹さんの家族に関する情報は見つかりませんでした。

尾崎夏樹さんの年齢が40代ということを考えれば、結婚していたとすれば、お子さんが10代ぐらいになられている可能性があるかもしれませんね。

ひょっとして、独身の可能性もあるかもしれないですね。

尾崎夏樹/箕面市議会議員選挙の年収は?

職歴に記載の弁護士の年収について調べてみました。

弁護士の仕事の平均年収は約549万円

厚生労働省の「平成28年度賃金構造基本統計調査」によると、弁護士の収入は35歳勤続4年時点で月収477,000円、年収719万円だそうです。

ちなみに、箕面市議会議員になった場合、平均年収は、577,700円(月額)×12+577,000円×4.15ヶ月(賞与)=932万9895円だそうです。

まとめ

本記事では尾崎夏樹さんのプロフィール、家族、年収について触れていきました。

弁護士としてバリバリ活躍していた、尾崎夏樹さん。
幅広い問題を解決しているという点では市議会議員でも活躍できるのではないでしょうか。

また、開業のお手伝いをしたり、選挙の手伝いをしたりしている事を考えると、選挙活動に関しても知識があり、独立、起業している人の立場も理解できるので、市議会議員として、存分に力を発揮していきそうですね!

いろいろな候補者のいろいろな背景や考えを聞いて、今の日本の現状を知って、候補者も主権者の箕面市民や大阪府民ももちろん大阪府以外に住んでいる方も有意義な選挙運動、政治への関心へとつなげていってくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所