大山忍/八潮市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

2021年埼玉県八潮市市長選挙が9月5日に行われます。現在の選挙の立候補者は3名で、その中の1人が大山忍さんです。今回は大山忍さんに関する情報をまとめていきたいと思います。

大山忍さんの

・経歴
・家族
・年収
・評判や実績
・選挙結果

について記事に書こうと思います。

 
 

大山忍/八潮市長選挙の経歴は?

大山忍さんのプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 大山忍(おおやましのぶ)
生年月日 1957年6月5日
出身地 埼玉県八潮市
最終学歴 成蹊大学工学部卒業
職業(前職) 工作機械メーカー(アマダ) 国会議員秘書 実家の農業 総務県民生活委員会委員 公社事業対策特別員会委員 八潮市体育協会会長
趣味 サッカー ゴルフ 読書 映画 音楽鑑賞

大山忍さんは埼玉県八潮市出身です。

前職をみると政界一筋ではなくて機械メーカーや実家の農業などさまざまな所で仕事をされてますね。

それもデスク仕事だったり、現場で体を動かす仕事だったりと内容も幅広そうです。

大山忍/八潮市長選挙の学歴は?

大山忍さんの学歴は、早稲田高校卒業後成蹊大学工学部を卒業しました。

出身高校は?

早稲田といえば、ほとんどの人が一度は聞いたことがあるってぐらい有名ですよね。

早稲田大学高等学院や早稲田実業高校と似た名前の学校がありますが、場所はもちろん雰囲気や進学率はさまざまですね。

大山忍さんの出身校、早稲田高校の偏差値は72です。やはりといいますか…高いですね。

特徴といえば、まず中高一貫校ってところでしょう。

その学生のほとんどが進学ですね。近年では約5割の生徒が早稲田大学、残りの3割の生徒が他大学へ進学したみたいです。

ちなみに入学金30万円、年間の学費は約77万円だそうです………さすが私立。

ですが高校の口コミでは中々評判はいいみたいです。

出身大学は?

大山忍さんは卒業した成蹊大学工学部の偏差値ですが、サイトごとに数値が異なっていて正確に書けません。

共通なのはいずれも50より上ということです。

工学部は現在理工学部となっており、物質生命理工学科・情報科学科・システムデザイン科と別れています。

簡単に学習内容を書いてみました。

・物質生命理工学科…バイオテクノロジー・医学、環境科学・エネルギー・機能性材料、ナノテクノロジーなど
・情報科学科…コンピューター、LSI、ネットワーク、情報通信、数理科学など
・システムデザイン科…ロボット、自動車・機械、エネルギー、エレクトロニクス、人間工学・経営工学など

主な就職先は

・IT業…43.4%
・製造業…27.1%
・サービス業…17%
・その他…12.5%

エネルギーやコンピューター・ロボットなどこれからの時代、注目されそうな分野ですね。

就職先を見つけても仕事がないと意味がありません。と考えたときこの分野は近い将来、需要が上がってくるかもしれないですね。

 
 

スポンサーリンク

大山忍/八潮市長選挙の家族は?

大山忍さんの家族を調べてみたのですが、全く情報がありませんでした。

年齢的に独身の可能性もありそうですし、既婚という可能性もありそうです。

大山忍/埼玉県八潮市市長選挙の年収は?

大山忍さんの年収を調べてみたのですが、情報がありませんでした。

おおよその目安ではありますが、市長の平均年収を書いていこうと思います。

市長の平均年収は約1765万円です。

ただ最高額は2578万円で、最小額は601万円とかなり幅が広いです。

スポンサーリンク

大山忍/八潮市長選挙の選挙の実績や評判は?

大山忍さんの実績については公式サイトに記載されていました。

今回は近所の実績をピックアップして紹介したいと思います。

・子どもの医療費補助の年齢拡大(15歳まで通院無料)
・出産費用の3万円の補助拡大(42万円を45万円目標に引き上げ)
・保育所整備により待機児童ゼロを実現
・八潮駅周辺、駅前公園への防犯カメラ40台設置よる防犯強化

子供に対する補償や整備がされていることが分かりますね。また待機児童がいないことも親にとっても大変ありがたいことだといえます。

子供がいることによって行動が制限される。または共働きできないなど経済にも影響がでてしまうため

防犯カメラ設置することで治安の維持になるので大切だと思います。

大山忍/八潮市長選挙の選挙の公約は?

大山忍さんの公約も調べましたが、まだ情報はありませんでした。

2017年に掲げたものになりますが大山忍さんのマニフェストがありましたので紹介します。

ひと・暮らし・まちが健やかで、元気な先端「健康」都市・八潮をつくる
・教育文化・コミュニティ…学びとつながりを大切にするまち
・健康福祉・子育て…誰もがいきいきと暮らせるまち
・防災・防犯・消防・救急…誰もが安全で暮らせるまち
・産業経済・観光…地域の特性を活かしたにぎわいと活力のあるまち
・都市基盤・環境…快適でやすらぎと潤いのあるまち
・新公共経営…協働で経営する自主・自立のまち

ざっくりではありますがまとめました。詳しくは公式サイトに記載されていますので是非閲覧してみてください。

政策を見るかぎり、かなり幅広く改革しようとしてるのが分かります。

やはり一番のキーボードは住みやすさナンバー1のまちですね。

大山忍さんは特に健康のこだわっていきたいとのことです。

大山忍/八潮市長選挙の選挙の立候補した理由は?

大山忍さんの公約もまだ情報はあまりでてこないのが現状です。

ですが、政策を見るかぎりすべてやりきったってことはないように見えます。

まだできていない部分の政策を進めたいんではないかと予想します。

大山忍/八潮市長選挙の選挙結果は?

大山忍さんは2013年9月8日に市長選挙に立候補し、19717票を獲得。元市議会議員の大久保龍さんを破り初当選しました。

それから2017年は大山忍さん以外の立候補者がいなかったため無投票で再選されています。

仮に今回も当選されると八潮市市長を10年勤務されることになりますね。

単純にその年数だけでも熱意が変わらずいることが分かります。

大山忍/八潮市長選挙の引退の可能性は?

前回が無投票だったことにより約7年市長されてきました。

もしここで落選となりますと長い間市長されてきたこともあり、引退の選択も十分考えられると思います。年齢的でもこの選挙は大山忍さんの人生の中でとても大きな分岐点になることは間違いないと予想します。

まとめ

今回は大山忍さんについてまとめた…と言いたいところですが、あまりプライベートなどの情報がありませんでした。

正直、大山忍さんがどんな人が把握できたとは言い難いですが八潮市を向き合う熱意は伝わってきました。

前回の選挙が無投票だったこともあり、今回の選挙は今までの市長としての評価を市民するという意味もあると思います。

八潮市民が今までの政策を推し進める新しい改革を望んでいるか注目の選挙ということは間違いないですね。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所