大塚信一/滑川町長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う滑川町長選挙(2022年9月6日告示、2022年9月11日投開票)に元滑川町職員で、初当選を目指す大塚信一氏が立候補する意向をしめされたので、大塚信一氏に関する情報をまとめていきます。

大塚信一氏の

・経歴
・家族
・年収など

について記事をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

大塚信一/滑川町長選挙の経歴は?

名前 大塚信一
生年月日 1960年頃
出身地 不明
最終学歴 不明
職業(前職) 滑川町職員 総務政策課 課長
趣味 不明

大塚信一氏に関して公開されている情報は少なく、滑川町で総務政策課の課長をされていたので、滑川町が抱える問題や、発展する為の政策に期待がもてるかもしれません。

スポンサーリンク

大塚信一/滑川町長選挙の学歴は?

大塚信一氏の学歴に関する情報は見当たりませんでした。

滑川町の職員で総務政策課 課長を務めているので、大卒だと思われます。

大塚信一/滑川町長選挙の家族は?

大塚信一氏の家族に関する情報は見当たりませんでした

独身の可能性も、既婚の可能性もありそうです。

大塚信一/滑川町長選挙の年収は?

大塚信一氏の滑川職員時代の年収について調べてみました。

滑川町のホームページによると、滑川町課長の年収は以下の通りになります。

36万円(月収)×12ヶ月=432万円
432万円+賞与160万円(4.45ヶ月)=592万円

滑川町時代の年収は、592万円と予想されます。

大塚信一/滑川町長選挙の実績や評判は?

大塚信一氏は、滑川町の総務政策課 課長として、防災行政無線の見直しに関わりました

移動系無線の車両型では、丘陵地が多い滑川町は災害が発生した場合、職員が現場を確認してから一旦車両まで戻り、災害本部へ報告する必要がありましたが、MCA無線のハンディ型にすることで、現場から災害本部へすぐに報告できるようになりました。

滑川町は充実した子育て支援の一環として、子供の医療費の無料化、給食費に無償化を行っています。

その給食費無償化の有効性、税の使途などの市民勉強会の講師として、参加しました。

また、反貧困の地方財政のシンポジウムにパネリストとして参加されています。

大塚信一/滑川町長選挙の公約は?

公約は公表されていませんが、個人的な予想ですと、強固な財政体制の確立、手厚い子育て支援を行うことでの人口増加、貧困・格差に歯止めをかける公約を掲げると思われます。

大塚信一/滑川町長選挙の立候補した理由は?

大塚信一氏が滑川町選挙に立候補した理由についての情報はえられませんでした。

個人的な予想ですが、市民勉強会の講師や、シンポジウムのパネリストとして参加する中で、市民の意見などを聞き、町長として町の発展に貢献しようと思われたのかもしれません。

大塚信一/滑川町長選挙の選挙結果は?

2018年9月の投票率は59%で、現職の吉田昇氏が当選しました。

2014年9月は、立候補者が現職の吉田昇氏のみだったので、無投票当選しています。

大塚信一/滑川町長選挙の引退の可能性は?

大塚信一氏は、今回が初めての立候補ですので、当選された場合は、2期目、3期目と選挙に立候補されると思われます。

そのため、引退の可能性はないでしょう。

まとめ

滑川町職員として勤務され、市民と接する機会があり、市民勉強会の講師、シンポジウムのパネリストとして参加する中で、市民の意見を直接聴く機会があったと思われます。

町長に当選された時は、その声を政策に取り組んでほしいものです。

町長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所