太田敏光/名古屋市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果についても!

スポンサーリンク

任期満了に伴う愛知県名古屋市長選挙(2021年4月11日告示、4月25日投開票)に無所属で元会社員の太田敏光氏が初当選を目指して立候補を表明されましたので、太田敏光氏に関する情報をまとめています。

太田敏光氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

 
 

太田敏光/名古屋市長選挙の経歴は?

名前 太田敏光(おおたとしみつ)
生年月日 72歳
出身地 不明
最終学歴 不明
職業(前職) 不明
趣味 不明

太田敏光氏は経歴等の情報を開示されていないですが、元会社員であり、消費生活アドバイザー、衛生管理者、職業訓練指導員、行政書士の各資格を取得されているようです。

過去には名古屋市長選挙及び2度に亘り名古屋市議会議員選挙に立候補されていますが、いずれも落選されています。

太田敏光/名古屋市長選挙の学歴は?

太田敏光氏の学歴について調査しましたが、不明でありました。

 
 

スポンサーリンク

太田敏光/名古屋市長選挙の家族は?

太田敏光氏の家族構成については奥様がいらっしゃいます。

太田敏光/名古屋市長選挙の年収は?

太田敏光氏の年収について調査しましたが、元会社員としての情報しか存在しないことから、年収については不明であります。

スポンサーリンク

太田敏光/名古屋市長選挙の選挙の実績や評判は?

太田敏光の実績ですが、名古屋市長選挙及び過去に2度の名古屋市議会議員選挙に立候補されていますが、残念ながら落選されてます。

太田敏光の評判についても情報は見当たらないので、個人的な見解になりますが、経歴等の情報もほとんど開示されていないことから、判断材料に乏しく良い評判を得ているとは思えないです。

太田敏光/名古屋市長選挙の選挙の公約は?

太田敏光氏は次の5つの選挙公約を掲げられています。

1.相生山緑地の供用促進、道路建設の中止
2.名古屋城天守閣木造化反対
3.市民税減税中止
4.行政改革
5.敬老パス回数制限しない

太田敏光/名古屋市長選挙の選挙の立候補した理由は?

河村たかし氏に自分の陳情が議会で一顧だにされないことへの不満から。

相生山緑地(名古屋市天白区)の公園整備を目指して活動を続けるが、一向に進まない現状に「それなら自分が出るしかない」と決意されており、こちらが立候補した理由と考えられます。

太田敏光/名古屋市長選挙の選挙結果や得票率は?

ここでは太田敏光氏の選挙結果について書いていきます。

太田敏光氏は今回が2度目の挑戦となる名古屋市長選挙であり、前回は2017年4月23日執行の同選挙で20,099票を獲得されましたが、残念ながら落選されてます。

得票率は3.0%であり、投票率は36.9%でした。

太田敏光/名古屋市長選挙の引退の可能性は?

太田敏光氏は2度目の選挙となる今回の選挙において、仮に落選されたとしても、過去にも名古屋市議会議員選挙にも立候補されていることから、次回の選挙においても立候補される可能性はあると思われます。

まとめ

太田敏光氏は“名古屋市政ウォッチャー”として、議会の傍聴記録をブログなどで公開されており、また、帽子からジャンパー、拡声器を覆うバンダナまで黄色を基調とされており、「黄色いおじさん」として、行政関係者には実は知られた存在であります。

市議会の傍聴を始め、行政や議会などへの陳情活動を続けてこられましたが、自分の陳情が議会で一顧だにされないことへの不満を解消すべく2度目の挑戦で初当選を目指されます。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所