押金洋仁/軽井沢町長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も! | 選挙立候補者研究所

押金洋仁/軽井沢町長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う軽井沢町長選挙(2022年1月17日告示、1月22日投開票)において新人で元軽井沢町議の押金洋仁氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、押金洋仁氏の

  • 経歴
  • 家族
  • 年収
  • 選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

押金洋仁/軽井沢町長選挙の経歴は?

押金洋仁氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 押金洋仁(おしがねようじ)
生年月日 1967年4月10日
出身地 長野県北佐久郡軽井沢町
最終学歴 駒澤大学卒業

押金洋仁氏は長野県北佐久郡軽井沢町出身で、長野県野沢北高等学校を卒業後、駒澤大学へ進学されました。

大学卒業後は大手サインディスプレイ会社に勤務され、トーヨーサイン代表をされています。

その後2015年4月に軽井沢町会議員選挙に立候補し初当選。2022年11月迄務められていました。

出典:押金ようじ 後援会ホームページ

出典:押金ようじ Facebook

押金洋仁/軽井沢町長選挙の学歴は?

押金洋仁氏の最終学歴ですが、駒澤大学卒業になります。

出身大学は?

駒澤大学は東京都世田谷区駒沢に本部を置く日本の私立大学です。

日本の仏教宗派の一つである曹洞宗が創設した大学であり、「仏教」の教えと「禅」の精神を建学の理念としているそうです。

その創設の経緯から仏教学部を設置しており、仏教研究を行う仏教学科と、禅学科が併設されています。

2003年には医療健康科学部が日本で唯一開設、診療放射線技師の育成を行っており、放射線技師を目指している生徒にとって良い環境が整っているようです。

またスポーツでは駅伝陸上、サッカー、野球、ボクシング、などが有名であり、2023年の箱根駅伝では総合優勝を果たしています。

参照:駒沢大学 ホームページ

スポンサーリンク

押金洋仁/軽井沢町長選挙の家族は?

押金洋仁氏の家族構成についてですが、自身のSNS上で既婚との記載がありました。

その他の情報については見当たりませんでしたが、年齢的にもお子様がいらっしゃるかもしれませんね。

押金洋仁/軽井沢町長選挙の年収や月収は?

押金洋仁氏の年収や月収についてですが、軽井沢町ホームページからの情報によると軽井沢町議の年収は以下の通りになると予想されます。

月給:26万円×12ヶ月=312万円
期末手当:86万円+86万円=172万円
年収:312万円+172万円=
484万円

参照:軽井沢町の給与・定員管理等について

スポンサーリンク

押金洋仁/軽井沢町長選挙の実績や評判は?

押金洋仁氏の実績については押金ようじ後援会 ホームページに記載がありました。

これまでの活動内容等主に以下のような項目を挙げられています。

  • 予算決算常任委員会委員長
  • 庁舎改築周辺整備事業検討特別委員会委員長
  • 広報広聴常任委員会委員長
  • 自然保護審議会
  • 元軽井沢町消防団第2部部長
  • 軽井沢町商工会新軽井沢支部副支部長
  • 東地区児童放課後子ども教室事務局長
  • 軽井沢国有林藪かり実行委員会事務局長
  • 軽井沢リゾートテレワーク協会設立会員

様々な部門で重要なポジションを任されており、人々をまとめる力のある人物であることが伺えますね。

押金洋仁/軽井沢町長選挙の公約は?

押金洋仁氏の公約についてですが、こちらについても押金ようじ後援会 ホームページに詳しく記載されています。

  • 町政の見える化で「なるほど!」
  • 教える人と子供達の両方を支援して「イキイキ!」
  • 次世代に胸が張れるまちづくりで「ワクワク!」
  • 福祉と医療とセキュリティの充実で「安心!」
  • 自然環境と景観設備で「魅力アップ!」
  • +1これならできる

以上の項目を掲げられており軽井沢町の将来を見据えた町づくり、町民が安心して暮らせる環境づくりをしていくとの公約のようですね。

リゾート地でも有名な軽井沢が、さらに魅力ある町になればよいなと思いました。

押金洋仁/軽井沢町長選挙の立候補した理由は?

押金洋仁氏は自身のYoutubeチャンネルにて出馬意向表明を下記のように述べられてています。

「現在の町政を変える時を変える時が来ているから」

「町政を町民の手に戻さなくてはならない」

「町民と一緒に町を創っていく、そんな町を創りたい」

現在の町政に対する危機感を感じ、自身の経験を活かし町民と共に現在の町政を変えたい、という強い気持ちが伝わってきます。

押金洋仁/軽井沢町長選挙の選挙結果は?

押金洋仁氏の過去の選挙結果は以下の通りです。

軽井沢町議会議員一般選挙
(2015年4月26日投票)
投票率61% 529票(当選)
軽井沢町議会議員一般選挙
(2019年4月21日投票)
投票率50.55% 598票(当選)

押金洋仁/軽井沢町長選挙の引退の可能性は?

押金洋仁氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

現在の年齢や経歴等からも引退される可能性は低いと考えられます。

まとめ

これまで軽井沢町議員として長年町政に尽力されてきた押金洋仁氏、今回町長選挙初出馬となります。

他の候補者として現職で3期目の藤巻進氏(71)、新人で会社社長の土屋三千夫氏(65)、会社員の下田修平氏(45)の3名が出馬を表明しています。

SNSやYouTube等にて自身の町政に対する思いを発信されていますが、今回の選挙戦にてその思いが町民にどう評価されるのか個人的に結果が気になります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
町長
選挙立候補者研究所