大崎延次/尾道市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も! | 選挙立候補者研究所

大崎延次/尾道市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

今回の記事では2023年4月16日告示、4月23日投開票予定の広島県選挙に出馬予定の大崎延次氏について記事をまとめていきます。

大崎延次氏の

  • 経歴
  • 家族
  • 年収
  • 選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

大崎延次/尾道市選挙の経歴は?

大崎延次氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 大崎延次(おおさきのぶじ)
生年月日 1958年7月6日
出身地 広島県尾道市
最終学歴 立教大学中退
職業(前職) 不動産仲介業
趣味 未公表

大崎延次氏は高校を卒業後、立教大学へ入学しますが中退されています。

2015年に尾道市議会議員選挙に出馬し初当選し、市政に取り組んでいきます。

2019年に尾道市長選挙に出馬、残念ながら落選し現在は不動産仲介業としてご自身が代表を務める大崎不動産を営んでいます。

地元を大事にしたい、発展させたいという印象を受ける方です。

大崎延次/尾道市選挙の学歴は?

大崎延次氏は福山誠之館高等学校卒立教大学を中退されています。

出身高校は?

福山誠之館高等学校は、県内でも有数な県立の進学校です。

進学を選んだ生徒は多くが国立大学へと入学しています。

特徴的な部分として国際交流を行っていてアメリカ・カナダ・ノルウェーと交換留学を行い、生徒の国際性を高めています。

出身大学は?

立教大学は、キリスト教に基づく人間教育で国際性の高い教育を行っている私立大学です。

創立以来、国際性やリーダーシップを育むリベラルアーツ教育を実践し、2022年時点で、10学部・27学科・8専修・1コース Global Liberal Arts Program (GLAP)を設置。

なかでも入試難易度が高い経営学部と異文化コミュニケーション学部は看板学部として有名です。

大崎延次/尾道市選挙の家族は?

大崎延次氏のご家族に関してですががいることだけは公表されていましたがお子さんに関しては情報が得られませんでした。

ご結婚はされているのでお子さんはいるかもしれませんし、いない可能性もあります。

大崎延次/尾道市選挙の年収は?

大崎延次氏の年収について情報をまとめてみました。

自営業で不動産仲介業を営んでいるとのことですが個人経営なので正確な収入の把握が難しいです。

一般的な不動産仲介業についてる方の平均年収は下記の通りです。

月収:約35万×12=年収420

自営業ですので上記とは大きくずれる可能性もありますので参考程度にしてください。

参考:求人ボックス給料ナビ「不動産仲介の仕事の年収・時給・給料」より

大崎延次/尾道市選挙の実績や評判は?

大崎延次氏の実績に関しては情報は得られませんでした

大崎延次氏の評判に関しては情報が得られませんでした

個人的な予想になりますが市議会議員に当選したことから評判が良い印象を受けます。

大崎延次/尾道市選挙の公約は?

大崎延次氏の公約に関しては情報が得られず不明でした

大崎延次/尾道市選挙の立候補した理由は?

大崎延次氏が立候補した理由ですが情報は得られませんでした

個人的な予想ですが記者会見で述べていた次のことが理由かなと思います。

「尾道は知名度が非常にアップして国内外からたくさんの人が訪れてくれるようになったが、住んでいる人たちが豊かな生活をして、尾道はいいところだと実感できるまちづくりでないといけない」
引用:「尾道市長選 元市議の大崎延次氏が立候補表明」より

市長になってより良く尾道市を盛り上げたり、市町でないと実現しづらいことを行うために立候補したのだと思います。

大崎延次/尾道市選挙の選挙結果は?

大崎延次氏はこれまでに2015年の尾道市議会議員選挙・2019年の尾道市長選挙に出馬しています。

各選挙の結果を下記にまとめてみました。

2015年尾道市議会議員選挙 投票率64.5% 得票1,456票 当選

2019年尾道市長選挙 投票率57.7% 得票3,200票 落選

2015年に初出馬し初当選していますが2019年の尾道市市長選挙での結果は落選となっています。

大崎延次氏が市民の方の信頼が広がりきってないのかなと思います。

大崎延次/尾道市選挙の引退の可能性は?

大崎延次氏の引退に関して情報は得られませんでした

個人的な予想ですが今まで地元を良くするための活動を行ってきていますので今後も活動を続けると思います。

まとめ

地元への思いがあって自分ができる限りの貢献をしたいという印象を受けました。

しかし、市民にはうまく伝わりきってないように感じましたのでご自身の政策等を市民に向けて伝えていって活動を大きくして欲しいと思います。