大谷由里子/参議院議員選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

第26回参議院選挙(2022年6月22日告示7月10日投開票)に、国民民主党で会社役員の大谷由里子氏が立候補を表明しました。

こちらのページでは、大谷由里子氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

大谷由里子/参議院議員選挙の経歴は?

大谷由里子氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

  

  

名前 大谷由里子(おおたにゆりこ)
生年月日 1963年2月21日
出身地 奈良県
最終学歴 京都ノートルダム女子大学卒
職業(前職)   吉本興業を退社→会社役員
趣味 情報なし

大谷由里子氏は、大阪プール学院女子高校卒、京都ノートルダム女子大学に進学し、無事に卒業されています。

卒業後は、吉本興業の社員でマネージャーとして活躍されていました。番組のプロデュースをし、25歳で結婚退社。

その後、ベンチャー企業の社長やフリーのプロデューサーとして活躍されており、現在は代表取締役を務めるなど、非常に行動的な方です。

大谷由里子/参議院議員選挙の学歴は?

大谷由里子氏の学歴は大阪プール学院女子高校卒京都ノートルダム女子大学卒になります。

その後、吉本興業社員でマネージャーとして活躍されています。

出身高校は?

大阪プール学院女子高校の2021年度卒業実績は、大学進学率92.3%と大学への進学率が高い進学校です。

奈良県立医科大学や大阪大学、早稲田大学などの難関大学や国公立大学への進学率は69.8%と大阪内でも有数の進学校といわれている学校です。

出身大学は?

京都ノートルダム女子大学は就職率が98.6%と就職に強い大学です。

就職先業種別割合も大学全体で見ると大きな偏りがなくバランスのとれた大学です。

そのため、毎年高い倍率になる大学でもあります。

スポンサーリンク

大谷由里子/参議院議員選挙の家族は?

大谷由里子氏の家族についての情報ですが、1988年に結婚、その翌年1989年に長女を出産しているようです。

ですが、その後の情報は見当たりませんでした・・・

大谷由里子/参議院議員選挙の年収は?

大谷由里子氏の年収について情報をまとめてみました。

大谷由里子氏の1登壇あたりの平均登壇料金が約20万円だそうです。
年間、約52登壇ですので・・・

52登壇×20万円=1040万円

その他、書籍による年収などの情報は得られませんでした・・・

スポンサーリンク

大谷由里子/参議院議員選挙の実績や評判は?

講演では、入場者の累計が10,000人を超える特別講演会。
また、日本内だけでなくニューヨークやロサンゼルスなど、海外でもご活躍されているようです。

著書においても、「話し上手な人のアドリブ技術」や「また会いたい!と思われるような人になる」など、どれも興味が惹かれる著書ばかりです。

大谷由里子氏の評判についての情報は見当たらないので個人的にはなりますが、かなり評判のいい方という印象を受けますね。

大谷由里子/参議院議員選挙の公約は?

選挙公約としては以下の頂目に重点にしているようです。

・給料をあげる
・国を守る
・カジノの反対
・所得制限への反対

働く人、中小企業、納税者のことを考えた公約という印象を受けますね。

個人的には給料をあげるという公約が上手くいって、さらに笑顔で暮らせる国・町になればいいなと思っています。

大谷由里子/参議院議員選挙の立候補した理由は?

大谷由里子氏が立候補した理由は以下のとおりです。

25年以上、実質賃金指数が下がり続けているのは日本だけ。

こんなに勤勉な国民が暮らす日本がこのような状況になるのが悔しくてたまらない。

国民民主党は科学技術、人材に投資を行い、給料が上がる経済をつくり上げる。

人を使い捨てるような国ではなく、大切に育めるような国に変えていきたい。

引用元:https://new-kokumin.jp/news/election/20220622_5

上のことから、笑顔で暮らせる国・町を目指すために立候補されたということが分かります。

大谷由里子/参議院議員選挙の選挙の結果は?

さて、ここでは大谷由里子氏の選挙結果について書いていきます。

参議院選挙は今回が初出馬だそうです。

過去に衆議院議員選挙に出馬しているようです。

2021年10月31日に初めて出馬した第49回衆議院議員選挙では40,179票を獲得したが惜しくも落選。この時の投票率は56.09%でした。

初出馬で四万越えなどと勢いのある議員です。

大谷由里子/参議院議員選挙の引退の可能性は?

衆議院議員選挙初出馬で4万越え、公約においても、これから更に期待される政策だとおもうので落選しても引退の可能性はないと思います。

まとめ

大谷由里子氏は、政策として日本が豊かになるための現実的な政策を進めること。

また、質賃金指数が下がり続けている現状を打開すべく、科学技術、人材に投資を行い、給料が上がる経済をつくり上げ、人を使い捨てるような国ではなく、大切に育めるような国に変えていきたいといった

笑顔で暮らせる国・町づくりを目指す熱い思いを感じることができました。