大口秀和/志摩市長選挙の経歴や家族は?年収や引退の可能性についても!

スポンサーリンク

任期満了に伴う志摩市長選挙(10月4日告示、10月11日投開票)に前志摩市長の大口秀和が立候補する意向を表明されましたので大口氏に関する情報をまとめています。

大口秀和氏の

・経歴
・家族
・年収
・引退の可能性

について記事を書いていきます。

 
 

スポンサーリンク

大口秀和/志摩市長選挙の経歴は?


大口秀和氏の経歴は次の通りです。

名前:大口 秀和(おおぐち ひでかず)
生年月日:1951年以下不明
出身地:旧志摩町
出身校:三重県立水産高等学校卒業
趣味:不明

※趣味はいろいろ検索してみましたが、情報は得られませんでした…詳細な情報が入り次第追記致します。

高校卒業後は水産業を営む。1988年、旧志摩町議会議員に当選。

1999年から旧志摩町町長を2期務める。

2004年に周辺5町が合併して志摩市が誕生すると、同市議会議員を経て2008年から市長を2期務める。

2016年の志摩市長選挙では竹内千尋氏に破れ、志摩市議会議員になるも今回の出馬に向けて9月28日付で辞職しています。
 
 

スポンサーリンク

大口秀和/志摩市長選挙の家族は?

大口秀和氏の現在の家族については記載は見当たりません…

大口氏が60歳代後半ということを考えると、結婚していたとすれば、お子さんが40代ぐらいに

なられていて、お孫さんがいらっしゃるかもしれませんね。

大口秀和/志摩市長選挙の年収は?

大口秀和氏の直近の職業は志摩市議会議員でした。

志摩市のホームページによると

37万円(月収)×12ヶ月=444万円
444万円+賞与109.15万円(2.95ヶ月)=553.15万円(年収)

大口秀和/志摩市長選挙の引退の可能性は?

大口氏はすでに60代後半で次の市長の任期が満了する頃には70代中頃になっています。

しかし、任期途中で市議会議員を辞職しての出馬なのでしばらくの間は

引退するおつもりはないのでしょう。

大口秀和/志摩市長選挙の選挙結果や得票率は?

詳細な情報が入り次第追記します。

ちなみに前回の志摩市長選挙の投票率は58.03%で大口氏の得票率は39.6%(約1万票)でした。

まとめ

大口氏は4年ぶりの志摩市長返り咲きを目指しています。

過去に2期勤めているので経験や知名度は十分にあるでしょう。

志摩市はコロナ渦で大きなダメージを受けている観光業や水産業への

具体的な対策が早急に求められるのでどのような政策を打ち出していけるのかが注目です。

市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所