沖汐守彦/太子町長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う太子町長選挙(2022年11月8日告示、11月13日投開票)で、前職で失職した服部千秋氏と沖汐守彦氏の2人が出馬を表明しました。

こちらのページでは、沖汐守彦氏の

  • 学歴(高校/大学)
  • 家族構成
  • 年収
  • 選挙結果

などについて記事を書いてきます。

沖汐守彦/太子町長選挙の経歴は?


沖汐守彦氏のプロフィールや経歴をご紹介します。

名前 沖汐 守彦(オキシオ モリヒコ)
生年月日 1957年1月生まれ
出身地 兵庫県太子町鵤(西本町)
最終学歴 奈良教育大学創業
職業(前職) 太子町教育委員会 教育長(2021年9月まで)
趣味 未公表

沖汐守彦氏は、太子町出身で、太子町立龍田小学校教論を務め、兵庫県教育会事務局人権教育課課長、県立西はりま特別支援学校校長など、教育現場にずっと携わってきた方です。

「子どもたちの学びの場を守るエアコンの設置を実現」と掲げていて教育熱心な方という印象です。

沖汐守彦氏は、イメージカラー赤のネクタイで闘志を燃やしています。

スポンサーリンク

沖汐守彦/太子町長選挙の学歴は?

沖汐守彦氏の出身高校や大学、学歴についてまとめました。

出身高校は?

沖汐守彦氏の学歴は、龍野高等学校です。

龍野高等学校は、偏差値59~66ぐらいで、兵庫県内の公立の学校の中で260校中18位の偏差値なので、知名度のある学校です。

学校は、公立の共学の学校です。

創立100年を超える歴史ある学校で、普通科と総合自然科学科の2つの学科があります。

文武両道を掲げ、部活動も活発で数多くの実績も残しています。

出身大学は?

沖汐守彦氏の学歴は、奈良教育大学卒業です。

奈良教育大学を卒業を卒業後、太子町立龍田小学校教論に職務しているので、大学では、教育学部もありますので、教育学部だったと予想されます。

沖汐守彦/太子町長選挙の家族は?

沖汐守彦氏の家族構成についてですが、見当たりませんでした。

SNS上でも個人的な内容はあまり投稿されていないようです。

スポンサーリンク

沖汐守彦/太子町長選挙の年収は?

沖汐守彦氏の年収の情報をまとめてみました。

沖汐守彦氏は、太子町教育委員会教育長を2021年9月末まで勤めていました。

教育委員長の年収を調査したところ、

70万円(月収)×12ヶ月=840万円
840万円+賞与264万円(勤勉手当を含む)=1,104万円

 

が教育委員長の平均なので、1,104万円と予想します。

引用元:教育員会教育長の条例

沖汐守彦/太子町長選挙の実績や評判は?

沖汐守彦氏の実績や評判は、調べたところ見当たりませんでした。

ただし、沖汐守彦氏は、県教育委員会人権教育課長、県立西はりま特別支援学校長などを経ていて、教育熱心な方でして、前服部町長と「学校のエアコンをとりつける予算がないこと」に批判をしています。

神戸新聞の取材に「服部町長のままでは行政の信頼回復が不可能」と批判をしているので、子を持つ親なら教育熱心な沖汐守彦氏を支持したい人もいるとは思いまが、批判しているのでどう転ぶかなというところですよね。

引用元:神戸新聞

沖汐守彦/太子町長選挙の公約は?

沖汐守彦氏の公約は

  • 保育園、学童保育園の待機児童を0にします
  • 物価高騰における給食費の補助
  • 医療費の無償化を高校生まで拡大します
  • 市街化調整区域の住宅建築を促進します
  • タクシー券助成を見直します
  • 総合公園の住民主体のイベントを支援します
  • 企業誘致、創業支援補助金を創設します

など公約しています。

特に、学校にエアコン実施や子どもの医療費無料化、給食費補助など「子育て支援策を掲げて戦う」としています。

沖汐守彦/太子町長選挙の立候補した理由は?

沖汐守彦氏の太子町長選挙の立候補した理由を検索したのですが、理由について情報は得られませんでした。

個人的な予想になりますが、沖汐守彦氏のTwitterより書かれているこの文章かなと思います。

「若い世代が町を盛り上げ、経験豊富なシニア世代がバックアップするようなまち作りを目指し「一緒に和のまち太子」を目指しているとごあいさつがありました。

引用元:沖汐守彦氏Twitter

教育委員長や支援学級の校長など勤め、若い世代の人とのかかわりをしてきた方なので、若い世代と力を合わせたまち作りをするために、太子町へ立候補されたかなと思います。

沖汐守彦/太子町長選挙の選挙結果は?

沖汐守彦氏は、太子町長選挙の立候補は今回が初めてです。

太子町長の選挙は、前回投票率は49.65%で、失職になっています。

前町長は、服部千秋氏です。

沖汐守彦/太子町長選挙の引退の可能性は?

沖汐守彦氏は、今回が初めての立候補ですので、当選された場合は、2期目、3期目と選挙に立候補されると思われます。

そのため、引退の可能性はないでしょう。

まとめ

子を持つ親からすると、近年の熱中症対策で必要であるエアコンの実施や、物価高騰の給食費の補助など、子育て世代には助かる公約を掲げ、実施された場合は助かる世帯も多いと思います。