大川泰弘/坂戸市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

今回の記事では2024年4月7日告示、4月14日投開票予定の坂戸市長選挙に出馬を表明している大川泰弘氏について情報をまとめていきます。

大川泰弘氏の

  • 経歴
  • 家族
  • 年収
  • 選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

大川泰弘/坂戸市長選挙の経歴は?

大川泰弘氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 大川泰弘(おおかわやすひろ)
生年月日 不明
出身地 坂戸市
最終学歴 不明
職業(前職) 農業、元小学校校長
趣味 読書、庭や畑の草刈り、ウォーキング

大川氏は社会人のスタートを坂戸市役所の職員として切り、2課6年間勤務します。

その後、埼玉県立公立小学校教員に採用され、教員へと転身。

埼玉県下の小学校にて、教諭、教頭、校長を歴任されます。

途中、坂戸市教委学校教育課長、教育部長へ就任。

2023年3月、任期満了により退職し、直近は農業に従事されています。

大川氏は政治経験はなく、今回が初めての選挙です。

1991年から2023年まで30年以上に渡って小学校教育に携わった、「教育のプロ」という印象を持ちました。

大川泰弘/坂戸市長選挙の学歴は?

大川氏の学歴は、卒業高校不明卒業大学不明となります。

公式サイトやSNSなどを調査しましたが、情報は見当たりませんでした

出身高校は?

坂戸市は人口10万人都市であり、市内に複数の高校が存在します。

地元密着の大川氏は市内の高校へ通ったかもしれませんし、何か目的を持って市外の高校へ通ったかもしれません。

その後の経歴に鑑み、高校自体は卒業されているものと思われます。

出身大学は?

大学名は不明ですが、大学そのものは卒業されている可能性が高いと考えられます。

大川氏が生まれたのは1962年、坂戸市役所へ入所したのは1985年です。

年齢を考えると、おおよそ大学を卒業する年になるためです。

ただし、公式に情報は開示されておらず、あくまで推察となります。

大川泰弘/坂戸市長選挙の家族は?

公式プロフィールに、大川氏ご自身の家族は息子夫婦との記載がありました。

父親が校長先生の家庭というのが、どういったものなのか個人的には興味深く感じました。

大川氏がどのような家族構成で生まれ育ったのかについての情報は見当たりませんでした

兄弟がいる可能性も、いない可能性もありそうですね。

大川泰弘/坂戸市長選挙の年収は?

大川泰弘氏の年収についてまとめてみました。

埼玉県の公式サイトによると、埼玉県内で勤続30年の小学校教育職の平均年収は以下の通りです。

42万円(月収)×12ヶ月=504万円
504万円+賞与180万円(4.3ヶ月)=684万円

過去に小学校教育職を務められいた際の年収は約684万円となりました。

この金額は、一般的な学校の先生の年収であり、大川氏は校長であったことから、さらにここから上乗せされるものと考えられます。

大川泰弘/坂戸市長選挙の実績や評判は?

大川氏は、プライベートで消防団に27年在籍されたり、埼玉県の委嘱で、青少年相談員を4年間務められたりしています。

大川氏の評判に関する情報は見当たらないので個人的な予想になりますが、地元小学校の校長を歴任していることからも、かなり評判はいい方という印象を受けます。

大川泰弘/坂戸市長選挙の公約は?

選挙公約としては、以下の項目を重点にしているようです。

・教育・子育ての充実したまちへ
・安心・健やかに暮らせるまちへ
・人と人がつながりあうまちへ
・居心地・住み心地の良い快適なまちへ

これらを実行するにあたり、タウンミーティングを開催し、住民の声を聴き、対話することを掲げています。

非常に丁寧に市政を進められようとしており、教職が長い大川氏ならではという感想を持ちました。

大川泰弘/坂戸市長選挙の立候補した理由は?

大川氏が立候補した理由について明確に語られた情報は見当たりませんでした

ただし、公式サイトを開設されており、政策メッセージに書かれているこの文章である可能性が高いと考えられます。

魅力あふれる「愛着と誇り」ある郷土としての「ふるさと坂戸」を共に創ってまいりましょう。
引用元:https://ohkawayasuhiro.com

愛着のある地元坂戸市をより良くしていきたいが、現在の市政には足りないことを実施するために、今回の坂戸市長選挙へ自ら立候補されたのかなと思います。

大川泰弘/坂戸市長選挙の選挙結果は?

大川泰弘氏は今回の坂戸選挙が初出馬、選挙は4月14日投開票予定ですので、選挙結果は分かりません

現役の石川清市長が4選を目指して立候補を表明しているほか、元坂戸市議会議員の友田雅明氏、小川達夫氏と合わせて、少なくとも4人による激戦となりそうです。

この厳しい戦いに初陣の大川氏がどのように挑むのか、目が離せません。

大川泰弘/坂戸市長選挙の引退の可能性は?

大川氏はまだ61歳です。

30年以上教職に就いてきた粘り強い性格からすると、仮に今回の選挙で落選したとしても、引退の可能性は低いと考えられます。

まとめ

4人が立候補を表明している中、さらに前回立候補した保育施設経営の女性(47)も、無所属で再挑戦する見通しと報じられています。

前回の市長選でも4名の方が立候補しており、それだけ坂戸市に思い入れのある方が多いということではないでしょうか。

現職石川市長はその際に2位以下に大差をつけて当選しました。

ベテラン市長や元市議など政治経験者同士が凌ぎを削る中、教職という違ったバックグラウンドを持つ大川氏の戦いに引き続き注目していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長