大橋ひろし/松戸市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う松戸市長選挙(2022年5月29日告示、6月5日投開票)で松戸市議の大橋ひろし氏が立候補する意向を表明されましたので、大橋氏に関する情報をまとめてみました。

大橋ひろし氏の

・経歴
・公約
・実績
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

大橋ひろし/松戸市長選挙の経歴は?


大橋ひろし氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 大橋博(おおはしひろし)
生年月日 1957年4月生まれ
出身地 東京都江東区
最終学歴 自由が丘産能短期大学卒業
職業(前職) 松戸市議会議員
趣味 水泳、エアロビクス

大橋ひろし氏の公式サイトのプロフィールでは、ご自身のこれまでの歩みを振り返ったプロフィール動画を見ることができます。

大橋氏は毎朝牛乳配達をしてみずから学校の給食費を支払うような幼少時代を過ごしました。

そして10代後半になると友人の誘いで不良の道へ進み暴走族のリーダーになったこともあったそうですが、一転して心を入れ替え建設業界へ就職。

16年間かけて1級建築施工管理技士、2級土木施工管理技士といった国家資格も取得されました。

建築屋として仕事をしていくなかで元暴走族や不登校児といった様々な事情を抱えた若者たちとも沢山出会ってきたそうで、そんな彼らとも逃げることなくまっすぐに向き合ってきたと言います。

2010年に新人として松戸市議会議員選挙に立候補した際に最も熱心に応援してくれたのもそこで共に働いてきた若者たちだったそうで、いわゆる地盤・看板・鞄のどれも持たない状態での出馬でしたが見事初当選を果たしました。

それから3期に渡り市議としての務めを果たし、とくに教育行政に対しては一切の妥協をすることなく熱心に取り組んできたとのことです。

また、市議としてお仕事をされるかたわら自由が丘産能短期大学で心理学を学び、2021年9月に無事卒業されました。

趣味は水泳やエアロビクスなど身体を動かすことを好むようで、市内公園へ健康遊具の設置を実現させるなどの活動もしています。

大橋ひろし/松戸市長選挙の学歴は?

大橋ひろし氏の最終学歴は自由が丘産能短期大学卒業です。

出身高校は?

大橋ひろし氏の出身高校についてはとくに情報が得られませんでした。

色々と波乱万丈な10代を過ごされたこともあり、高校は卒業していない可能性も考えられます。

出身大学は?

自由が丘産能短期大学は1950年に設立された私立大学です。

日本で唯一の能率科が設置されており、一般心理学やビジネス・経済学まで多様なコースで実務的な学びを得ることができます。

自由が丘・代官山・湘南の3ヶ所のキャンパスで実務的知識の豊かな人材を輩出してきましたが現在そちらの学生の募集は停止しており、2015年度から通信教育課程のみが設置された短大となりました。

通信教育部は通学課程同様に多彩なコースが用意されていて、老若男女問わず様々な世代の学生が毎年3,000人前後卒業しているとのことです。

スポンサーリンク

大橋ひろし/松戸市長選挙の家族は?

大橋ひろし氏は2021年5月に公式サイトにてご長女の結婚披露宴に出席されたことを報告されています。

ご家族のお名前や年齢、家族構成など具体的な情報については不明ですが、奥様もいらっしゃることだけは間違いなさそうです。

大橋ひろし/松戸市長選挙の年収は?

大橋ひろし氏はご自身の議員報酬の明細を公式サイトにて公開しています。

そちらの情報を簡単にまとめますと以下のようになります。

月給:590,000円×12ヶ月=7,080,000円
期末手当:1,441,812円×2=2,883,624円
年収:708万円+288万円=996万円

大橋ひろし氏の年収は約996万円と予想されます。

これ以外にも収入はあるかもしれませんが、その他の収入に関する詳しい情報は得られませんでした。

スポンサーリンク

大橋ひろし/松戸市長選挙の実績や評判は?

大橋ひろし氏の過去のおもな活動実績についてまとめたものが以下になります。

・会派 まつど未来クラブ 幹事長
・総務財務常任委員会副委員長
・予算審査特別委員会副委員長
・議員定数協議会委員
・松戸市議会 議会団役員
・安全都市協議会理事
・千葉県薬物乱用防止指導員
・千葉県隊友会特別顧問
・松戸自衛隊協力会幹事
・公益社団法人松戸自衛隊父兄会顧問
・第18期松戸グリーンライオンズクラブ会長
・柏沼南ライオンズクラブ松飛支部会長
・松戸市少年軟式野球連盟顧問
・松飛台交番管内防犯協会相談役
・松戸地区保護司会 保護司
・松戸民謡協会顧問

ご覧のように、大橋氏は松戸市の安心・安全を守るために市議会にとどまらず様々な場所で活動されています。

初当選以来訴え続けてきた下水道整備・道路整備・駅前整備・バス路線整備・駅バリアフリーなどについても実現に向けて動きだしているとのことで、松戸市のまちづくりにおける大橋氏の貢献は非常に大きいといえるのではないでしょうか。

市民からの評判については詳しい情報が得られませんでしたが、松戸市の平和を守るために日々地道な活動を続ける大橋氏に深い信頼を寄せる方も多いと予想されます。

大橋ひろし/松戸市長選挙の公約は?

今回の松戸市長選挙で大橋ひろし氏が掲げる公約は以下のとおりです。

・市長の任期は最大2期までとする!
・市長の給料を70%カット!
・市長の経費を毎月HPで公表する
・市役所職員、市民の意見を聞く「意見箱」設置!
・市長室をガラス張りに!
・市内経済活性化
・入札は市内業者100%
・子どもたちの安全を徹底的に守る
・高齢者支援
・松戸市総合医療センター
・21世紀の森と広場を遊べる広場に!
・老朽化の進む松戸市斎場を改築

大橋氏は現職市長の多選により独裁化が進むことで市役所においてもさまざまな忖度が生まれ、組織としての停滞や市民サービスの低下を招いてしまうと主張しています。

公約には市長の待遇に関する改革が多く並んでおり、もっと市民と行政の意思が通じ合う松戸にしていきたいという思いが感じられました。

大橋ひろし/松戸市長選挙の立候補した理由は?

大橋ひろし氏は今回立候補した最大の理由として「現職市長の多選阻止」を挙げていました。

公約のひとつとして市長の任期を最大2期までとすることを掲げているように、現市長による長期政権の弊害に対して強い懸念を持っていることがうかがえます。

市長の任期を最大2期までとすることや給与70%カットなども約束しており、市政運営の大幅な改革に強い意欲を見せています。

大橋ひろし/松戸市長選挙の選挙結果は?

大橋ひろし氏の過去の選挙結果については以下のとおりです。

松戸市議会議員選挙
(2010年11月21日投票)
投票率41.11%・得票数1,908票当選(候補者68人中42位)
松戸市議会議員選挙
(2014年11月16日投票)
投票率37.74%・得票数2,864票当選(候補者60人中17位)
松戸市議会議員選挙
(2018年11月18日投票)
投票率36.19%・得票数1,937票当選(候補者59人中44位)

今回の松戸市長選挙には現時点で11人の候補者が出馬を表明する大混戦となっており、有権者にも戸惑いと迷いが生じていることが予想されます。

このような状況で大橋氏もこれまで投票してきた支持者以外の層にまで広く声を届ける必要がありますので、今後どのように選挙戦を戦っていくか注目です。

大橋ひろし/松戸市長選挙の引退の可能性は?

大橋ひろし氏の引退について調べてみましたが、詳しい情報は得られませんでした。

松戸市議会議員になったあともボランティア活動のレベル向上を目指し短期大学で勉強されるなど非常に熱意を持って活動されている方ですので、引退する可能性はかなり低いと思われます。

まとめ

ここまで大橋ひろし氏についての情報をまとめてきました。

今回調査をしてみて見えてきたのは、大橋氏のとにかくまっすぐでひたむきなお人柄でした。

ご自身が荒れた10代を過ごされた経験をお持ちなこともあり、複雑な事情を抱えた人々にも寄り添うことができる懐の広さも感じさせられます。

弱者のこともしっかりと理解できる政治家として、大橋氏の今後の活躍に期待しましょう。