小栗仁志/中津川市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
小栗仁志/中津川市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も! 市長

任期満了に伴う中津川市長選(2024年1月7日告示、1月14日投開票)で、小栗仁志氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、小栗仁志氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

小栗仁志/中津川市長選挙の経歴は?


小栗仁志氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 小栗仁志(おぐりひとし)
生年月日 1958年6月1日
出身地 岐阜県中津川市
最終学歴 東京国際大学卒業
職業(前職) LPガス販売会社社長
趣味 非公表

小栗仁志氏の実家は、江戸時代に中山道宿場町の呉服屋から始まった「小栗屋」で、現在はLPガス事業は事業を営む両親の次男として小栗氏は生まれています。

高校卒業後、東京国際大学に入学しています。

大学を卒業したのちは、三菱液化ガス株式会社(現在のアストモスエネルギー株式会社の前身)に入社し、学生時代も含めて約10年間を東京で過ごしています。

1997年に地元の中津川に戻り、家業を継ぐ形でLPガス販売会社の共栄液化ガス株式会社に就職します。

2009年には同社の代表取締役に就任しました。

中津川市倫理法人会4代目の会長を務めた他、中津川市の教育委員長も歴任されています。

共栄液化瓦斯株式会社(小栗仁志氏が社長を務める企業公式サイト)

小栗仁志氏 Facebook

小栗仁志/中津川市長選挙の学歴は?

小栗仁志氏が卒業した高校は岐阜県立恵那高校、卒業した大学は東京国際大学と記載がありました。

出身高校は?

岐阜県立恵那高校は岐阜県恵那市に所在する公立の高等学校であり、通称恵那高(えなこう)と地元で呼ばれています。

理数科はスーパーサイエンスハイスクールの指定校です。理数科の生徒は大学や研究機関と連携して探究活動を行います。

学区に含まれる地域が広大なため、多治見市からの進学者は少なく、恵那市・中津川市・瑞浪市・土岐市からの進学者で構成されています。

部活動では、ボート部・陸上競技部・放送部などが全国大会で活躍しています。

出身の有名人には、アナウンサーの草野満代さんや漫画家の荻野真さんなどがいます。

出身大学は?

小栗仁志氏が入学した東京国際大学は、1965年に設置された私立大学です。

現在は、商学部、経済学部、言語コミュニケーション学部、国際関係学部、人間社会学部の5学部と、大学院4研究科を有しています。

英語教育に力を入れており、英語で授業を受けるE-Trackプログラムや、海外の姉妹校との交換留学プログラムが充実しています。

また、2023年9月には池袋に新キャンパスを開校しました。出身の有名人には、ミュージシャンの大槻ケンヂさんや、声優の浪川大輔さんなどがいます。

小栗仁志/中津川市長選挙の家族は?

家族構成についてですが、小栗仁志氏のYoutubeにて、「妻、娘二人(高1、中2)」との紹介がありました。

ご家族それぞれのお名前等の詳細の情報は見当たりませんでした。

小栗仁志/中津川市長選挙の年収は?

現在の小栗氏の収入に関して詳細を調べましたが、情報は得られませんでした

小栗氏は現在は共栄液化ガス株式会社の代表取締役を務めています。

上記役職としての収入の他、講演会などの活動による報酬などもあるものと思われますが、年収に関する情報は明かしていません。詳細が気になります。

小栗仁志/中津川市長選挙の実績や評判は?

小栗仁志氏は先述の通り、直近では共栄液化ガス株式会社の代表取締役を務めています。

小栗氏は政治活動の経験はありませんが、社長職の仕事として東濃地域活性化プロジェクトの取材を受けており、社長職の経歴について語っています。

時代を先読みし、柔軟に対応することで、会社を健全経営へと導いてきた小栗社長。今後の目標について伺いました。

「死ぬ間際に、社員やその家族からも“ここで働けてよかった”、また、社員が自分の子供にも“就職させたい”と思うような会社作りをしていきたいと考えています。

数字的なものより、お客様の安心安全な暮らしを支えていくこと、今後は見守りなど、多角的に地域に寄り添いながら役に立てることを、探し続けていきたいと思います。」

(参照:東濃社長ヒストリー:共栄液化ガス株式会社)

岐阜県中津川市・恵那市を中心に、家庭や企業、約14,000戸へプロパンガスを供給している企業の社長として、経営理念と行動指針を社員に浸透させるべく企業改革を勧めた実績を語っています。

小栗仁志/中津川市長選挙の公約は?

小栗仁志氏は現時点でホームページ及びYoutube上でまとまった形での政策は公開されていません。

地元岐阜県中津川市を活性化させるための政策に関しては、順次街頭挨拶などを通して市民へ訴えているようですが、近日中にWEB上でも表明していくものと思われます。

小栗仁志/中津川市長選挙の立候補した理由は?


小栗仁志氏は中津川市長選出馬において、自身の後援会事務所の開設時の挨拶で以下のように語っています。

「中津川市の未来をよくしたい、こんな思いで今回出馬の表明をさせていただきました。
4年後ではなく今できること、今やらなければできない街づくり、これをしっかりと進めてくために出馬の表明をさせていただきました。
(中略)
市民の皆様方からこれをやってほしい、あれをやってほしい、そういうニーズにもしっかりと答えながらやるべきことはしっかりとやる。

足元のこともやりながら子供たち孫たちのための未来将来の街づくり、これもしっかりと取り組んでいかなければなりません。」

(参照:小栗仁志後援会 開所式 小栗ひとしご挨拶(全編) – YouTube)

今回の中津川市長選に向けては、小栗氏は市内にJR東海がリニア中央新幹線の新駅を造ることを踏まえ、新駅開設を見据えた都市計画のスピード感に疑問を呈し、市政参画への意欲を示してます。

地元中津川市の経済を発展させるべく、今度は政治の舞台で地元を変えていきたいという思いで出馬に至ったものと思われます。

小栗仁志/中津川市長選挙の選挙結果は?

小栗氏は、過去の選挙での出馬経験はなく、今回が初めての選挙出馬となります。

前回の中津川市長選挙は、2020年1月19日投開票の市長選となります。

こちらの選挙では、3選を目指し出馬した当時現職の青山せつじ氏が、当時新人の庄司ぜんや氏を約16000票差で破り、3期目の当選を果たしております。

最終投票率は42.32%となっております。

小栗仁志/中津川市長選挙の引退の可能性は?

小栗仁志氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

長年中津川市で活動を続けており、市政への強い思いを考慮すると、現時点で引退を考えている可能性はないと思います。

まとめ

地元岐阜県中津川市を中心に活動基盤を築き上げてきた小栗仁志氏。

現段階で中津川市長選挙には小栗仁志氏のほかに、現職の青山せつじ氏が立候補を表明しています。

対抗相手となる青山せつじ氏は、3期の間市長として活動しており、リニアを活かしたまちづくりを主軸に置いた市政の経験と地盤が強みです。

地元企業で長年経営に関わり続けてきた実績のある小栗仁志氏がそれに対してどこまで支持を拡大できるかが鍵であると思われます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長