小川達夫/坂戸市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

2024年4月7日告示、同年4月14日に投票が実施される坂戸市長選挙に、小川達夫氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、小川達夫氏の
・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

小川達夫/坂戸市長選挙の経歴は?

小川達夫氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 小川達夫(おがわ たつお)
生年月日 1960年5月(誕生日は非公開)
出身地 埼玉県坂戸市
最終学歴 中央大学法学部(通信課程)
職業 元市議会議員
趣味 音楽

小川達夫氏は、1960年に埼玉県坂戸で生まれました。

誕生日は公開されていません。

幼少期を同市で過ごし、埼玉県立川越南高等学校に通います。

高校卒業後は東京電機大学に通いますが、2014年度から中央大学法学部の通信課程に入学しています。

2000年に坂井戸市議会議員に初当選し、以降4期連続で同議員を努めています。

小川達夫/坂戸市長選挙の学歴は?

小川達夫氏は、埼玉県立川越南高等学校を卒業しています。

高校卒業後は、東京電機大学に通いましたが、2014年には中央大学法学部通信課程に入学しています。

出身高校は?

小川達夫氏が通った、埼玉県立川越南高等学校は、1975年に設立された埼玉県の公立高校です。

知性と教養の向上を基本とし、勤労と責任を重んじた心身ともに健康で自主的精神に満ちた人間性豊かな若者の育成を教育方針としています。

文武両道を身に着け、新しい時代に自立して生きていける人材を育成する学校を目指します。

卒業後は多くの生徒が進学を果たしているため、進学校といえるでしょう。

出身大学は?

小川達夫氏は、議員生活の傍ら、中央大学法学部通信課程で勉学に励みました。

中央大学は、1885年に創設された伝統ある私立大学です。

イギリス法をベースにした教育を実施てきた歴史があります。

具体的実証性を重視し応用に優れるイギリス法の教育を通して、多くの人材を輩出してきました。

文系・理系問わず多くの学部・学科を持つ総合大学です。

小川達夫/坂戸市長選挙の家族は?

小川達夫氏の家族に関しては、情報は見当たりませんでした。

小川達夫/矢板市長選挙の年収は?

小川達夫氏は、2000年に市議会議員に立候補し当選したのち、4期連続で同議員を務めています。

2011年には坂戸市議会の議長を務めました。

坂戸市議会議員議長の年収は、以下であると考えられます。

月額報酬:471,000円
期末手当:1,413,000円(推定)
年収:471,000×12+1,413,000=7,065,000円

小川達夫/坂戸市長選挙の実績や評判は?

小川達夫氏は、坂戸市議会議員を4期連続で担っています。

議会の基本条例制定に尽力した実績を持ちます。

期間中、特に目立った評判はないため、実直に業務をこなしてきた性格が伺えます。

小川達夫/坂戸市長選挙の公約は?

小川達夫氏が坂戸市長選挙における公約として、以下の公約を謳っています。

・安心して生活できる坂戸へ
・少子高齢社会に耐え得る坂戸へ
・効率的な組織運営を行う坂戸へ
・坂戸の信頼の回復でパイプを太く

小川達夫/坂戸市長選挙の立候補した理由は?

小川達夫氏が坂戸市長選挙に立候補した理由としては、徹底した行財政改革を実行しないと坂戸の未来は作れないと述べています。

地元に貢献したいと考える同氏の意志が伝わってきます。

小川達夫/坂戸市長選挙の選挙結果は?

小川達夫氏は、2023年の埼玉県議会議員選挙に立候補し、落選した経歴を持ちます。

投票日:2023年04月09日
投票率:25.36%
得票数:9,577票

小川達夫/坂戸市長選挙の引退の可能性は?

小川達夫氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

同氏は坂戸市の出身で、市議会議員の経験が長い方です。

議員期間中に大学の通信教育課程を開始するという努力家でもあります。

政治家としてはまだ若い年代であるため、今回の選挙で落選しても次の機会あるいは別の政治的ポジションを目指す可能性は大いにあると考えられます。

まとめ

以上、小川達夫氏について坂戸市長選挙との関連で紹介してきました。

坂戸市議会議員の経験が長く、議長の経験もあることから、坂戸市について十分な理解と課題意識を持っていると予想されます。

同氏が市長に当選した場合は、坂戸市にとって最良の政策を積極的に推し進めてくれると期待できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長