林紀子/愛媛県知事選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う長選挙(2022年11月3日告示、11月20日投開票)で、共産党愛媛県委員会で委員長を務める林紀子氏が共産党の公認候補とし、中村時広氏の2人が出馬を表明しました。

こちらのページでは、林紀子氏の

  • 学歴(高校/大学)
  • 家族構成
  • 年収
  • 選挙結果

などについて記事を書いてきます。

林紀子/愛媛県知事選挙の経歴は?

林紀子氏の経歴についてご紹介します。

名前 林紀子(はやし のりこ)
生年月日 1962年生まれ
出身地 北九州
最終学歴 愛媛大学中退
職業(前職) 日本共産党愛媛県委員会
趣味 バッハ、ロバートデニーロ、みかんと温泉が好き

民主青年同盟愛媛県委員長、日本共産党中予地区委員長、同党県委員会書記長などを歴任しました。

林紀子氏は、SNSもやられており、フォロワー数1,000人も突破しております。

シンボルカラーのピンク色の紙を掲げ、街頭演説には、約100人の支援者らが集結しています。

 

スポンサーリンク

林紀子/愛媛県知事選挙の学歴は?

林紀子氏の学歴(高校・大学)についてご紹介します。

出身高校は?

林紀子氏の出身高校は、岡山県立笠岡高等学校です。

岡山県立笠岡高等学校の偏差値は、59です。

岡山県立高校の中では、10位以内に入るレベルの高い県立高校です。

 

出身地は、北九州で幼少期は岡山県で過ごされたそうです。

 

出身大学は?

林紀子氏の出身大学は、愛媛大学中退です。

愛媛大学の偏差値は、45.0~65.0。

法文学部、工学部、医学部、教育学部がありますが、何かに進学されたのかは、見つかりませんでした。

また、中退の理由は、ネット上では見つけられませんでした。

 

林紀子/愛媛県知事選挙の家族は?

林紀子氏の家族構成についてですが、結婚の有無は見当たりませんでした。

Twitterでは、岡山から弟夫婦とお母さまが応援しにきてくれるとおっしゃっているので、弟さんとお母さまいらっしゃるようです。

なお、顔出しなしていないため、一般人である可能性があります。

 

スポンサーリンク

林紀子/愛媛県知事選挙の年収は?

林紀子氏の年収についてご紹介します。

林紀子氏は、共産党県委員長を務めておりますので、共産党県委員長の年収はいくらか調査しました。

しかし、具体的な年収は、見つかりませんでした。

 

そこで、更に詳しく調査したとこと参考になりそうなのが、

給与は男女同一賃金、4年制大学を卒業して2020年4月に入局した記者の基本給は、20万2600円です。2020年夏の一時金は、月額給与の1カ月分の支給でした。社会保険は完備され、奨学金を返済している人への援助制度もあります。

引用元:赤旗

となっておりますので、事業収入や党員、支持者からの個人寄付などでなりたっていることがわかりました。

 

安すぎても事業できないので、愛媛県の地方公務員の平均を参考になるかと思い調べたところ、平均年収が657万円ですので、それ以上かなと予想します。

林紀子/愛媛県知事選挙の実績や評判は?

林紀子氏の実績や評判についてご紹介します。

日本共産党の県委員長を務めていて、県政に意見をしっかり言うをおっしゃっているので、印象としてはしっかりした印象で元気があります。

ご自身のトレンドマークとして、ピンクカラーの衣装を着ていたり、好印象ではないでしょうか。

Twitterで活動をアピールしているところから活気ある印象ですね。

 

林紀子/愛媛県知事選挙の公約は?

林紀子氏の公約をご紹介します。

  1. 県民のいのちと暮らし、地域経済を全力でささえる県政へ
  2. 原発ゼロ・気候気機打開を愛媛から。再エネ・省エネ促進の県政へ
  3. 子育て応援3つのゼロ。高校統廃合は見直し
  4. ジェンダー平等の遅れを打開し、誰もがいきいき輝く愛媛に
  5. 税金の使い方を暮らし最優先に、国の政治にもしっかり発言

5つの改革プランを発表しています。

引用元:日本共産党愛媛委員会

ジェンダー平等社会は、賛否両論な問題なので難しいですが、積極的にSNSも活動しており、若い世代にも好印象なのではないでしょうか。

また、このジェンダー平等社会は日本共産党がかかげている公約なので、後押しがあったら心強いと思います。

林紀子/愛媛県知事選挙の立候補した理由は?

林紀子氏の選挙の立候補した理由を調査しました。

「国にもハッキリものを言う県政を」とTwitterや事務所開きでの際にもおっしゃっていました。

日本共産党愛媛県委員会の時からしっかり意見を言うことを意識されておられますね。

林紀子/愛媛県知事選挙の選挙結果は?

林紀子氏は、今回が初めての立候補です。

過去のデータでは、

2018年(無所属・現)当選 39万7369票・投票率は、39.05%でした。

 

林紀子/愛媛県知事選挙の引退の可能性は?

林紀子氏は、今回が初めての立候補ですので、当選された場合は、2期目、3期目と選挙に立候補されると思われます。

そのため、引退の可能性はないでしょう。

 

まとめ

林紀子氏は、日本共産党の支援が協力的という印象でした。

ジェンダー問題は、日本だけではなく世界中で今後もっと住みやすい世の中に発展すると思いますので、いい意味でプラス要因になるかと思います。

また、県政から経済改革の面は、平成30年から全国の経済の1%の比率で変化がないところから、具体的にどのように変化できるのかが勝負な部分ですね。