野村修也の高校大学や経歴は?年収や妻・娘についても!

スポンサーリンク

今回は、M&Aなど企業法務の分野をてがける弁護士であり、読売テレビ「ウェークアップ」のキャスターを務めるなど、報道番組でも活躍している野村修也氏について記事をまとめていこうと思います。

野村修也氏の

・高校や大学
・経歴
・年収
・妻や娘

などの情報をまとめていこうと思います。

野村修也の経歴や学歴は?

野村修也氏の経歴や学歴についてまとめていきます。

野村修也の経歴は?

名前 野村修也(のむらしゅうや)
生年月日 1962年4月12日
身長 不明(非公表)
出身地 北海道函館市
最終学歴 中央大学法学部卒業
職業 法学者・弁護士

野村修也氏は1962年に北海道函館市で生まれ、高校卒業後、中央大学に入学しています。

大学を卒業したのちは、1987年に中央大学大学院にて法学修士を取得、1989年に西南学院大学の助教授を経て、1998年に中央大学法学部教授となりました。

中央大学内では陸上競技部の部長を務め、箱根駅伝での中央大学の戦力強化を推進しています。

過去の経歴・実績を受けて、TVドラマ「黄金の豚-会計検査庁 特別調査課-」の監修をつとめた経験もあります。

野村修也氏 公式プロフィール

野村修也氏 Twitter

野村修也の本名は?

野村修也氏はTV出演などの活動もそのまま本名である「野村修也」で活動しています。

野村修也の学歴は?

野村修也氏の学歴ですが、野村修也氏が卒業した高校は函館ラ・サール高等学校、卒業した大学は中央大学と記載がありました。

野村修也の出身高校は?

函館ラ・サール高等学校は北海道函館市に所在する私立の男子高等学校であり、中高一貫教育を提供し、高等学校においては2年次から混合クラスを編成する併設混合型中高一貫校です。

ラ・サール修道会が創設した、ラ・サール中学校・高等学校(鹿児島県鹿児島市)とは兄弟校の関係にあり、卒業生にはセイコーマート会長の丸谷智保氏、声優・ナレーターの槇大輔氏などがいらっしゃいます。

部活は全体的に、強い部活が複数あるのが特徴であり、特にテニス部が有名であり、毎年インターハイに出場している強豪です。

野村修也の出身大学は?

野村修也氏が入学した中央大学は、1920年に設置された私立大学です。

大学創立当初から実学教育重視の姿勢を取り、現在でもインターンシップなどの実践的教育に力を入れている大学としても有名です。

特に、法学部は「法科の中央」と呼ばれ、日本の私立大学を代表する法学部として名高い歴史があり、商学部や経済学部も、会計分野を始め財界など多くの分野に人材を輩出してきた学部として知られています。

スポンサーリンク

野村修也の仕事は?

野村氏は、先述の通り、中央大学法学部通信教育課程及び法科大学院の教授を務めるほか、旧制度下の特例弁護士(学者経験を条件に司法試験を経ずに登録される弁護士)として2004年に弁護士登録し(第二東京弁護士会所属)、同年に森・濱田松本法律事務所の客員弁護士となっています。

2008年には、舛添要一労働大臣(当時)直轄の組織として「標準報酬遡及訂正事案等に関する調査委員会」の調査委員長に就任し、同年11月28日に、当時騒がれていた年金記録の改ざん問題について、「野村委員会報告書」「野村レポート」などと呼ばれる「現場レベルでの『組織性』」を認定する報告書を公表するなど、政治要職を務め政策制定に携わった実績も多くあります。

また現在ではテレビ出演でも活躍しており、読売テレビ放送の「ウェークアップ」総合司会を2021年3月から務めているほか、「情報ライブ ミヤネ屋」「かんさい情報ネットten.」のコメンテーターとしても活動しています。

野村修也の家族は?

家族構成についてですが、奥様「クールドフルールいけばな小原流」の野村由恵氏であることが野村由恵氏のInstagram上で明かされています。


野村由恵氏のInstagram上では家族での写真を多く掲載しており、仲睦まじい様子が見られますね。

娘さんのお名前は「知央(ちひろ)」さんとのことです。

スポンサーリンク

野村修也の年収や月収は?

今現在の野村修也氏の収入に関する情報は得られませんでしたが、野村修也氏はこれまで弁護士としての仕事の他、中央大学法学部教授に就任してからは、さまざまな公職を務めています。

まず、現職である弁護士としての年収ですが、参考として、弁護士の平均給与年収は9,453,600円との記載がありました。
(参照:弁護士の年収について平均や中央値を紹介!男女差や初任給もあわせて解説!|アガルートアカデミー

また、野村氏は中央大学法科大学院教授の役職を持っています。

少し古いデータにはなりますが、2012年時点での中央大学法科大学院教授の平均年収は、大学が公開している「大学評価」等の結果によるところ、13,910,000円とのことです。
(参照:中央大学の教員の年収(2012年)|給料.com

この他、コメンテーターなど多くの報道番組への出演、経団連や各省庁等での講演会などもこなしており、それらの報酬なども考えると、野村氏の年収は2,000~3,000万円以上になるのではないかと推測されます。

まとめ

今回の記事では、野村修也氏について記事をまとめてみました。

2012年には、日経ビジネスの「次代を創る100人」に選出、2014年度には日本経済新聞社の「企業が選ぶ弁護士ランキング」で、危機管理部門で第8位の高評価を得ています。

現在も各団体・社団法人の委員や顧問を多く務めており、またTV出演の増加に伴い、世間的な認知度はこれからも上昇していく人物なのではないかと思われます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
人物
選挙立候補者研究所