新田雄司/岐阜県知事選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果についても!

スポンサーリンク

任期満了に伴う岐阜県知事選挙(2021年1月7日告示、1月24日投開票)に新人で元県職員のパート薬剤師の新田雄司氏が立候補する意向を表明されましたので新田氏に関する情報をまとめています。

新田雄司氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

 
 

スポンサーリンク

新田雄司/岐阜県知事選挙の経歴は?

名前:新田 雄司(にった ゆうじ)
生年月日:1984年
出身地:坂祝町
出身校:岐阜薬科大学 大学院 修了
趣味:不明

趣味についての記載は見当たりませんでした。追加の情報が入り次第追記させていただきます。

 

大学院卒業後は2020年3月まで岐阜県庁にて勤務。現在はパート薬剤師として勤務されているようです。

 
 

スポンサーリンク

新田雄司/岐阜県知事選挙の家族は?

新田氏の現在の家族については記載は見当たりません…

新田氏が30歳代後半ということを考えると、結婚していたとすれば、小学生ぐらいのお子様がいらっしゃるかもしれません。

新田雄司/岐阜県知事選挙の年収は?

新田氏の現在の職業はパート薬剤師ということですが、民間のため具体的な給料は公表されていません。

しかし一般的なパート薬剤師の時給は2000円ほどになる場合もあるようで、その場合フルタイムで働いていると月給で35万円ほどになる計算です。

新田雄司/岐阜県知事選挙の選挙結果は?

詳細な情報が入り次第追記します。
ちなみに前回の岐阜県知事選挙は36.39%でした。

まとめ

岐阜県知事選挙には他に5選目を目指す現職の古田肇氏が立候補を表明されています。

 

新田氏の政策は①環境対策として、河川清流に流れこむプラスチックの減少、緑地を増やすヒートアイランド対策、②多発する自然災害に備えた防災対策、③コロナ対策として自粛と補償、クラスター公表のルール化、保健所の機能強化などをあげられています。

 

県庁での記者会見では「環境行政に携わり、行政施設の老朽化や少子高齢化の課題を考えてきた。政治家として変えていきたい」と語られています。

知事
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所