西脇隆俊/京都府知事選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う京都府知事選が2022年4月10日に行われます。

現職の西脇隆俊知事が再選を目指して立候補されましたので記事をまとめていきます。

西脇隆俊氏の

・経歴
・実績
・年収

などについて記事を書いていきます。

西脇隆俊/京都府知事選挙の経歴は?

西脇隆俊氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 西脇 隆俊(にしわき としたか)
生年月日 1955年7月16日
出身地 京都府京都市下京区
最終学歴 東京大学法学部
職業(前職) 国家公務員(国土交通省)
趣味 マラソン、テニスなどスポーツ全般と映画鑑賞

西脇隆俊氏は、京都の駅近くで雑穀卸業・土産物店を営んでいた両親の元で生まれ育ちました。

中高では野球に打ち込み、高校ではピッチャーを任され、京都府ベスト8まで進出。

野球に打ち込みながら東京大学に進学されているので、まさに文武両道ですね。

東京大学では東京6大学野球で野球がしたいという思いがありましたが、怪我により断念されました。

この頃には父が京都市会議員をしていた影響もあり、公の仕事がしたいと思っていたようです。

東京大学卒業後は1浪して建設省に入省。

国土交通省総合政策局長や大臣官房官房長、国土交通審議官を経て、2016年6月より復興庁事務次官に就任され、2017年7月まで約38年間務められました。

2018年4月京都府知事選挙に当選し、現在1期務められています。

38年という豊富な行政経がありながら、学生時代の野球から現在もスポーツ全般を趣味にされている文武両道な方ですね。

アクティブで素晴らしい行動力をお持ちだと容易に想像できます。

西脇隆俊/京都府知事選挙の学歴は?

西脇隆俊氏の学歴は洛星高等学校卒、東京大学法学部卒になります。

出身高校は?

洛星高等学校は、府内有数の私立進学校です。

東大、京大や国立大学医学部などを目指す学生が多い中、部活動も盛んで文武両道が目指せる学校です。

出身大学は?

東京大学は、日本トップの偏差値を誇る大学です。

法学部は第1類~第3類に別れ、第1類の卒業生は中央官庁を中心とした公務員を目指す傾向があるようです。

西脇隆俊氏もおそらく第1類を選択されたと思います。

スポンサーリンク

西脇隆俊/京都府知事選挙の家族は?

西脇隆俊氏の家族についてですが、奥様と息子さん、娘さんの4人家族だそうです。

西脇隆俊/京都府知事選挙の年収は?

西脇隆俊氏の京都府知事としての年収は京都府のサイトに詳しく掲載されています。

月収:1,118,400円×12ヶ月=13,420,800円
期末手当:3.35ヶ月分×1,118,400円=3,746,640円
年収:13,420,800円+3,746,640円=17,167,440円

西脇隆俊氏の2021年の京都府知事としての年収は約17,167,440円になります。

さらに今回の任期満了による退職手当が38,449,920円になります。

その他にも収入があるかもしれません。

スポンサーリンク

西脇隆俊/京都府知事選挙の実績や評判は?

西脇隆俊氏の実績については明確なものは見つかりませんでしたが、官僚としての行政経験・実績は豊富で、府内の団体からの支持は厚いようです。

知事選初挑戦の際には、4期16年務められた山田啓二氏の進めてきた府政の継承・発展を掲げています。

これまでの山田啓二氏の支持層からも期待されているのではないでしょうか。

西脇隆俊/京都府知事選挙の公約は?

西脇隆俊氏の公約についてですが、公式サイトに政策が詳しくまとめられています。

立候補を表明した記者会見では「1期目の実績を生かし、府民の命と健康を守る新型コロナ対策とともに、夢や希望が実現できる京都を作り上げたい」と仰っています。

観光の名所である京都はコロナ禍で大きなダメージを受けているので、観光の復活・更なる発展を実現して欲しいですね。

西脇隆俊/京都府知事選挙の立候補した理由は?

西脇隆俊氏は京都新聞社の取材に対し「今は新型コロナウイルス感染防止への対応があり、時間をいただきたい」と話しています。

任期満了になりますが、まだまだ途中の政策が沢山あるのでしょう。

実現に向けて是非頑張って欲しいですね。

西脇隆俊/京都府知事選挙の選挙結果は?

西脇隆俊氏は2018年4月8日に行われた知事選に初挑戦。

402,672票を獲得して当選されました。投票率は35.17%でした。

西脇隆俊/京都府知事選挙の引退の可能性は?

西脇隆俊氏の引退について言及されている情報は見つかりませんでした。

今はコロナ禍の対策に追われており、引退は考えられていないと思います。

まとめ

西脇隆俊氏は行政経験豊富で、府内の団体から支持の厚い方です。

非常にアクティブで政策の実現力も高いと思います。

神社仏閣が多く、日本有数の観光地である京都を是非とも盛り上げて欲しいですね。

スポンサーリンク
知事
選挙立候補者研究所