西脇資哲/マイクロソフトの経歴や出身大学は?年収や家族も!

スポンサーリンク

今回は、日本人で唯一のマイクロソフト製品すべてを扱うエバンジェリストであり、講演活動や書籍出版などでも知られる、西脇資哲氏について記事をまとめていこうと思います。

西脇資哲氏の

・経歴
・年収
・仕事

などの情報について調べました。

西脇資哲/マイクロソフトの経歴や学歴は?

西脇資哲氏の経歴や学歴についてまとめていきます。

西脇資哲/マイクロソフトの経歴は?

名前 西脇資哲(にしわきもとあき)
生年月日 1969年8月18日
身長 不明(非公表)
出身地 岐阜県
最終学歴 不明(非公表)
職業 マイクロソフト業務執行役員・エバンジェリスト

西脇資哲氏は、1990年代、岐阜の小さなシステム会社でプログラマーとして活動を開始します。

その後、プログラマー・エンジニアとして数々のインターネットのビジネスに関与。

1996年に日本オラクルにてエバンジェリストなどで活躍。

2009年よりマイクロソフトにてエバンジェリストとしての活動を継続しています。

また、他分野での講演や執筆活動も行うほか、TOKYO FMにて「エバンジェリストスクール!」のパーソナリティーを乃木坂46メンバー、若月佑美氏と務めるなど、活動は多岐にわたります。

西脇資哲/マイクロソフトの本名は?

西脇資哲氏は、一貫して西脇資哲の名前で活動しています。

これが本名であるのか、活動名であるのかという点に触れられたことはありません。

しかし、一般的に考えて本名で活動しているものと考えられているようです。

西脇資哲/マイクロソフトの学歴は?

西脇資哲氏の学歴ですが、高校も大学も公表されていません。

公表したとして、別途説明が必要になるような学校。つまり、それほど知名度の高い学校ではなかった可能性が考えられます。

スポンサーリンク

西脇資哲/マイクロソフトの仕事は?

西脇資哲氏の代名詞的な仕事はエバンジェリストとなります。

エバンジェリストの中でも、西脇資哲氏はカリスマ的な地位を確立した存在。

このエバンジェリストとは、英語のEvangelistからきており、直訳で伝道者の意味があります。

技術的に何かをする役職ではなく、他者に専門分野について教える役割を求められます。

マイクロソフトに所属する西脇資哲氏は現在、マイクロソフト製品すべてを扱う、唯一の日本人エバンジェリストとされています。

少し複雑なのですが、一般的な広報と呼ばれる仕事が、あくまでも自社の情報を拡散する役割であるのに対し、エバンジェリストはより高度な知識、技術情報などを、必要な相手にわかりやすく届ける役割を持つとされています。

西脇資哲/マイクロソフトの家族は?

西脇資哲氏は、未婚とされています。

これまでに、自身で家族についての話題に触れたことがありません。

余談ではありますが、西脇資哲氏は世間的には乃木坂ヲタとして認知されている様子です。

足繁く現場に通う様子などが確認されているようですね。

こうした趣味を楽しむ様子から、未婚説が支持されているものと考えられます。

スポンサーリンク

西脇資哲/マイクロソフトの年収や月収は?

一般的なエバンジェリストの想定年収は、約700万とされています。

しかし、西脇資哲氏はエバンジェリスト界隈では国内トップクラスの存在です。

また、本業以外の講演や、著作などからの収入も当然に加わりますので、700万止まりということは考えられないと推察されます。

正確かはわかりかねますが、参考サイト(参照:https://job-q.me/articles/303)によると日本マイクロソフトの給与水準は30代でも1000万は普通に狙えると言われています。

役職や成果などで大きく変動する歩合制であることも言われていますが、日本マイクロソフト内におけるエバンジェリストの立ち位置は不明であるものの、年収1000万円を超えている可能性が高いと考えられます。

まとめ

今回の記事では、西脇資哲氏について記事をまとめてみました。

エバンジェリストという、一見庶民には馴染みの薄いお仕事をされていますが、調べてみると案外、エバンジェリスト自体もわかりやすいものでした。

西脇資哲氏自身も、仕事外で野木坂ヲタとしてファンから愛されるなど、親しみの持てる人物でした。

好きなものに対して、とことん熱くなれる人なんですね。

これからも是非、様々な情報を世に広めていってほしいです。

スポンサーリンク
人物
選挙立候補者研究所