西脇道夫/聖籠町長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う聖籠町長選挙(2022年8月23日告示、8月28日投開票)に西脇道夫氏が出馬する意向を表明されましたので,西脇氏に関する情報をまとめています。

こちらのページでは,西脇氏の

・経歴
・家族
・年収
・公約

などについて調べてみました。

西脇道夫/聖籠町長選挙の経歴は?


西脇道夫氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 西脇道夫(にしわきみちお)
生年月日 1954年11月
出身地 新潟県聖籠町
最終学歴 國學院大學経済学部卒業
職業(前職) 聖籠町長
趣味 読書、旅行、ゴルフ

西脇道夫氏は1954年に新潟県聖籠町で生まれました。

新潟県内の高校を卒業後,國學院大學の経済学部に進学されています。

大学卒業後は聖籠町役場に入庁し,保健福祉課長,産業観光課長,税務課長,総務課長を歴任。

2014年に聖籠町副町長,2018年に聖籠町長に就任されました。

スポンサーリンク

西脇道夫氏/聖籠町長選挙の学歴は?

西脇道夫氏の最終学歴は國學院大學経済学部卒業です。

出身高校は?

出身高校は 新潟県立新発田高校です。

新潟県立新発田高校は新潟県新発田市に所在する県立高等学校で,普通科と理数科の2学科から成っています。

毎年,国公立大学や難関私立大学に多数の合格者を輩出する進学校です。

先進的な理数教育を実施するとともに,大学との共同研究や,国際性を育むための取り組みを推進するスーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定されています。

2018年には,SSH事業で交流のあったマレーシア国民大学と姉妹校となりました。

2019年度からは理数科内に「メディカルコース」を新設。「未来の医学・医療を切り拓き,人々の幸福に貢献する人」を育成しています。

出身大学は?

出身大学は 國學院大學です。

國學院大學は明治15年に創設された皇典講究所を母体とし、大正9年にわが国で初めて認可された私立大学のひとつですで,東京都渋谷区に本部を置いています。

渋谷キャンパスには文学部・法学部・経済学部・神道文化学部が,たまプラーザキャンパスには人間開発学部・観光まちづくり学部の計6学部が設置されています。

さらに大学院や研究開発推進機構と教育開発推進機構を設置しています。

グローバル化が進むなかで、國學院大學では異国文化理解にはまず自国文化の理解が必要と考え,世界で活躍できるグローバル人材の育成をめざしています。

研究と教育を通じて日本の理解を深めると同時に、世界に対しての理解も深めていく,というのが國學院大學の教育方針です。

参考:國學院大學ホームページ

西脇道夫/聖籠町長選挙の家族は?

西脇道夫氏の家族構成については詳しい情報がありませんでしたが,ご自身のFacebookのカバー写真に女性と二人で映られています。こちらが奥様なのかもしれません。

また同じくFacebookにお孫さんの写真がありましたので,お子さんもいると思われますが,「遊びに来ていた孫」との記載がありましたので同居はされていないようですね。

スポンサーリンク

西脇道夫/聖籠町長選挙の年収は?

西脇道夫氏は聖籠町長を務めています。「聖籠町長等の給与の特例に関する条例」によりますと,聖籠町長の給与は月額651,200円です。

これに6月約749,000円,12月約602,000円の期末手当が加わります。

651,200円×12ヶ月+749,000円+602,000円=9,165,400円

西脇氏のおおよその年収は9,170,000円となります。

西脇道夫/聖籠町長選挙の実績や評判は?

西脇道夫氏は聖籠町長在職中に徹底した財政改革を行い,無駄な事業の削減を実現しました。

具体的には,町長の報酬を約20%カットし削減分を他の予算に充填したり,ご自身の交際費の執行状況を聖籠町ホームページで公開しています。

その他に「町政報告会」として27日間をかけて聖籠町内の34集落をまわり,各集落で住民の声を直接聞くという活動をされました。

聖籠町はサッカーのアルビレックス新潟のホームタウンの一つであり,選手たちとの交流も活発に行われていたようです。

西脇道夫/聖籠町長選挙の公約は?

西脇道夫氏は,今回の聖籠町長選挙出馬にあたっての公約発表は今の所されていないようですが,現在も町長職を務めており2期目を目指しますので,これまでの公約を引き継がれるのではないかと思います。

2018年に聖籠町長に就任した際の公約は聖籠町ホームページに載っています。

1.「新しいまちづくり」
町民各位の参加意識の醸成と今行おうとする変革が未来へと引き継がれること。
2.「財政危機の克服」
不要、不急の事業を根本的に見直す。行財政改革を行い、財源の確保を行い、「こどもへ」「未来へ」「教育・福祉へ」投資する。
3.「次世代へ希望を残す」
4.「まちづくりの原点」
行政の姿が見え、すべての町民に公平・公正であること。

西脇道夫/聖籠町長選挙の選挙結果は?

西脇道夫氏は過去に1度聖籠町長選挙に出馬しています。

過去出馬している選挙の結果は以下の通りです。

聖籠町長選挙
(2018年08月26日投票)
 獲得票数:4,298票 得票率:52.40%  当選

西脇道夫/聖籠町長選挙の引退の可能性は?

西脇道夫氏の引退について調べてみましたが,詳しい情報は得られませんでした

大学卒業後から一貫して聖籠町で聖籠町民の為に働き続けてきた西脇氏ですし,現在60代後半という年齢もあります。

個人的な予想になりますが, もし今回の選挙で落選して聖籠町の職を一旦離れることになった場合は,そのまま引退される可能性もあるのではないでしょうか?

まとめ

ここまで西脇道夫氏についてまとめてみました。

2018年の聖籠町長選挙では,当時副町長だった西脇氏が現職の町長を僅差で破り,見事町長に就任されました。

今回の選挙では前聖籠町役場職員が立候補を表明しており,前回の選挙とは逆の立場で戦う事となります。

西脇氏は聖籠町役場で税務課長を務めた経験を武器に,町長として徹底した行財政改革を行ってきました。

その改革の様子を見てきた町民達が,引き続き西脇氏の町政を望むのか,それとも新しい立候補者による新しい聖籠町を求めていくのか。

大変興味深い選挙となりそうです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
町長
選挙立候補者研究所