西田英範/参議院議員広島選挙区の経歴や家族は?年収や選挙結果についても!

スポンサーリンク

河井案里前参議院議員の当選無効に伴う参議院広島県選出議員再選挙(2021年4月8日告示、4月25日投開票)に自由民主党の新人で元経済産業省課長補佐の西田英範氏が初当選を目指して立候補を表明されましたので、西田英範氏に関する情報をまとめています。

西田英範氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

 
 

西田英範/参議院広島県選出議員再選挙の経歴は?

名前 >西田英範(にしたひでのり)
生年月日 1981年8月3日
出身地 広島県広島市
最終学歴 早稲田大学法学部卒業
職業(前職) 経済産業省課長補佐
趣味 食べ歩きとジョギング

西田英範氏は高校2年生まで広島県内で過ごされ、高校3年生の時にお父様の仕事の関係で東京へ引越しされています。

2005年に経済産業省へ入省後は、再生可能エネルギーの推進をはじめとしたエネルギー・環境政策や、デジタル化といった情報政策などを担当されています。

また、IoTやAIをはじめとする第4次産業革命への対応、環境と経済成長の好循環を実現する政策イノベーション等、様々な政策立案に携わられています。

西田英範/参議院広島県選出議員再選挙の学歴は?

西田英範氏の学歴は広島大学附属高等学校(2年間)~東京学芸大学附属高等学校卒業(1年間)、早稲田大学法学部卒業になります。

出身高校は?

東京都世田谷区にある国立高校で、東京学芸大学の附属校でもあります。

高大接続プログラムで、東京学芸大学にほぼエスカレーターで進学できます。

また、東京大学にも毎年50名以上進学するほどの進学校です。

出身大学は?

早稲田大学は東京都新宿区に本部を置く私立大学で、日本の私立大学の中でも歴史の長い大学です。

政治経済学部からは政治家、法学部からは法律家、文学部からは作家や文化人が誕生し、数多くの優秀なOB・OGを輩出している大学です。

 
 

スポンサーリンク

西田英範/参議院広島県選出議員再選挙の家族は?

西田英範氏の家族構成については奥様がいらっしゃいます。お子様については不明です。

西田英範/参議院広島県選出議員再選挙の年収は?

西田英範氏の年収についてまとめました。

西田英範氏の前職は経済産業省の課長補佐が最終職歴であります。

一般的にキャリア官僚における30代で役職が課長補佐の年収は750万円と推定されていることから、西田英範氏の年収についても前述の金額前後であることが予想できます。

スポンサーリンク

西田英範/参議院広島県選出議員再選挙の選挙の実績や評判は?

西田英範氏の前職である経済産業省時代は再生可能エネルギーの推進やIoTやAIをはじめとする第4次産業革命への対応、様々な政策立案に携わられており、キャリア官僚としての実績は充分であります。

西田英範氏の評判についての情報は存在しないことから、個人的な見解になりますが、経済産業省時代の充分な実績が認められた事が、今回の立候補の一つの要因であると考えられますので、評判は上々だと思います。

西田英範/参議院広島県選出議員再選挙の選挙の公約は?

西田英範氏の選挙公約はこちらです→https://www.h-nishita.jp/#policy

大きく5つの項目を選挙公約に掲げられている中で、選挙違反があったことを踏まえ、再発防止と歳費の支払いの在り方も含めた規律強化を進め、透明な政治を実現し政治への信頼を取り戻すとされており、個人的にはこの項目について、世間の関心度はかなり高いと思われますので注目しています。

西田英範/参議院広島県選出議員再選挙の選挙の立候補した理由は?

今回の再選挙の原因となった大規模な買収事件は、一国民としてあってはならないことだと思われ、広島の政治に対する信頼を一刻も早く回復する為に、全くしがらみがなく、政治経験もない、まっさらな人間としてこの広島に飛び込んで、広島を一つにし、広島が前を向けるならこんな貴重な機会はないと思い立候補を決断されています。

西田英範/参議院広島県選出議員再選挙の選挙結果や得票率は?

ここでは西田英範氏の選挙結果について書いていきます。

西田英範氏は今回の選挙が初出馬となることから過去の参議院選挙広島選挙区の投票率について調査します。

直近では2019年7月21日執行の同選挙の投票率は44.67%でした。過去の投票率から今回の選挙においても40%台の投票率が見込まれます。

西田英範/参議院広島県選出議員再選挙の引退の可能性は?

西田英範氏は経済産業省におけるキャリアの退路を断って今回の選挙に挑まれることから、仮に落選されたとしても次回の選挙でも立候補される可能性が高いと思われます。

まとめ

西田英範氏はコロナ禍の中で各産業や経済が疲弊し、未来への挑戦ができない状態にある中で、広島の皆様の命と暮らしを守り抜くために、一刻も早く経済を立て直し、迅速なワクチン接種をはじめとするコロナ対策を進める必要性を訴えています。

しかし、それを下支えすべき政治が信頼を失っており、まず何よりもこの広島の地で信頼を取り戻すために、清廉な政治活動に全力で取り組まれ初当選を目指されます。