西村賢/日向市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

2024年3月10日告示、同年3月17日に投票が実施される日向市長選挙に、西村賢氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、西村賢氏の
・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

西村賢/日向市長選挙の経歴は?

西村賢氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 西村賢(にしむら さとし)
生年月日 1972年6月18日
出身地 宮崎県日向市
最終学歴 香川大学
職業 元宮崎県議会議員
趣味 非公表

西村賢氏は、1972年6月18日に宮崎県日向市で生まれました。

同市で幼少期から高等学校の時期を過ごし、香川大学に進学しています。

大学では農学部に所属し、大学院の修士課程を修了しています。

卒業後は代議士の秘書として政治の世界に入り、活躍します。

2011年に38歳にして初めて宮崎県議会議員に当選し、以降5期連続で議員としての活躍をしました。

西村賢/日向市長選挙の学歴は?

西村賢氏は、日向学院高等学校を卒業しており、その後香川大学農学部に進学しています。

出身高校は?

日向学院高等学校は、1946年に創設された伝統ある私立の中高一貫校です。

キリスト教を中心に据えた神学校としてスタートしたため、キリスト教の思考を基礎としています。

卒業後は国公立や私立大学に進学する生徒が多いため、進学校として認識されています。

出身大学は?

香川大学は、1946年に創設された国立大学です。

創造的で人間性豊かな専門職業人・研究者の養成を主眼としており、専門性豊かな教育の実施に努めています。

西村賢氏が所属した農学部は、同大学の中でも伝統ある学部で、専門性豊かな人材の教育という大学の方針に則ったカリキュラムを提供しています。

西村賢/日向市長選挙の家族は?

西村賢氏の家族に関する情報は公開されていません。

西村賢/日向市長選挙の年収は?

西村賢氏は、5期連続で宮崎県議会議員を務めています。

宮崎県議会議員の年収は以下と考えられます。

月額報酬:78万円
期末手当:308万円
年収:78×12+308=1,244万円

西村賢/日向市長選挙の実績や評判は?

西村賢氏は、前述のとおり5期連続で宮崎県議会議員を務めています。

その間、特に問題やトラブルは見られませんので、実直に執務をこなす性格が伺えます。

西村賢/日向市長選挙の公約は?

西村賢氏が日向市長選挙における公約は明言されていませんが、各種取材に対する回答の中で、以下のような目標を持っていることがわかります。

・ふるさと納税の取り組み強化
・公立小中学校の給食費の無償化
・新体育館の事業計画の見直しなど

西村賢/日向市長選挙の立候補した理由は?

西村賢氏が日向市長選挙に立候補した理由としては、公開された情報はありませんが、県議会議員を務める中で市政の不満や日向市の閉塞感について感じる部分があり、これ以上の停滞は避けなければならないという考えに至ったことを公式ホームページ上で述べています。

西村賢/日向市長選挙の選挙結果は?

西村賢氏は、2023年の宮崎県議会議員選挙に立候補し、当選を果たしています。

投票日:2023年4月9日
投票率:42.51%
得票数:7,560票

西村賢/日向市長選挙の引退の可能性は?

西村賢氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

長期間宮崎県議会議員として活躍してきた経歴を持つ同氏は、もし今回の市長選挙に落選しても継続して日向市に貢献したいと考えることが予想されます。

年齢もまだ若いため、今後の活躍がますます期待されます。

まとめ

以上、西村賢氏について日向市長選挙との関連で紹介してきました。

同氏は、大学卒業後すぐに政治の世界に入り活躍を見せています。

宮崎県議会議員としての経歴も長く、地元への貢献愛と認識力は非常に高いと予想されます。

同氏が市長になった場合は、市民を最優先にした信頼できる政治が期待できるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長