西田秀/焼津市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果についても!

スポンサーリンク

任期満了に伴う焼津市長選挙(12月6日告示、12月13日投開票)に若手医師の西田秀氏が立候補する意向を表明されましたので西田氏に関する情報をまとめています。

西田秀氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

 
 

スポンサーリンク

西田秀/焼津市長選挙の経歴や評判は?

名前:西田 秀(にしだ しゅう)
生年月日:1949年10月10日
出身地:鹿児島県霧島市
出身校:東京大学卒業
趣味:地図を見ること

大学卒業後は焼津市立総合病院にて2年間の初期研修の後、1年間常勤の病理医として勤める。

その後、東京大大学院医学系研究科入学し病理学を専攻されています。

現在は平日に東京で大学院に通い、週末の日中に焼津市立総合病院で勤務、その後静岡県内の民間病院で当直をこなしながら、臨時で東京都内の病院で在宅医療に携わることもあるようです。

 
 

スポンサーリンク

西田秀/焼津市長選挙の家族は?

西田氏の現在の家族については記載は見当たりません…

西田氏が30歳代前半ということを考えると、結婚していたとすれば、幼稚園児ぐらいのお子様がいらっしゃるかもしれません。

西田秀/焼津市長選挙の年収は?

西田氏は現在、焼津市立総合病院で非常勤医師として勤務しながら大学院で研究を続けられています。

焼津市立総合病院のホームページによると、常勤医師の年収は1300万〜2000万円と記載されていますが非常勤医師に関しては募集はされているものの、金額の明記はありませんでした。

西田秀/焼津市長選挙の選挙結果は?

詳細な情報が入り次第追記します。
ちなみに前回の焼津市長選挙の投票率は43.88%でした。

まとめ

焼津市長選挙には他に、3期目を目指す現職の中野弘道氏が立候補を表明しています。

西田氏は立候補の動機を2021年の夏に市内にオープン予定の「ターントクルこども館」という市の子育て支援施設の総事業費が17億5000万円とほかの自治体の同様の施設と比べて桁違いに大きかったこと。
さらに現在のコロナ渦ではこの施設はオープンするべきではなく、現在の市長が「今更撤回出来ない」というのなら外部から「やめよう」と言うべきだと語っています。

その代わりの子育て支援政策として、明石市を真似ておもちゃなどの現物支給や無料化をふるさと納税の税収を活用して行っていくことを提案されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所