中村正人/うるま市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果についても!

スポンサーリンク

任期満了に伴う沖縄県うるま市長選挙(2021年4月18日告示、4月25日投開票)に無所属新人で元うるま市議会議員の中村正人氏が初当選を目指して立候補を表明されましたので、中村正人氏に関する情報をまとめています。

中村正人氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。


スポンサーリンク

中村正人/うるま市長選挙の経歴は?

名前 中村正人(なかむらまさと)
生年月日 1965年3月10日
出身地 沖縄県うるま市
最終学歴 日本文理大学卒業
職業(前職) 元うるま市議会議員
趣味 歴史街道歩き

中村正人氏は1998年に旧具志川市議会議員選挙で初当選され、6期22年に亘り同市議を務められており、中部衛生施設組合議会議長を始めとして数々の役職を歴任されています。

また、田場小学校PTA会長の他にも各種団体の役職も歴任されています。

中村正人/うるま市長選挙の学歴は?

中村正人氏の学歴は前原高校卒日本文理大学卒になります。

出身高校は?

前原高校は沖縄県うるま市にある県立高校であり、昭和20年11月、戦後の混乱の時代に沖縄復興の人材育成の拠点として、前原地区(旧、具志川村、勝連村、与那城村、美里村)に、いち早く新制高等学校として開校した県内でも有数の伝統校です。入学者の6割弱が4年生大学への進学を希望しています。

出身大学は?

日本文理大学は、大分県大分市に本部を置く私立大学であり、キャンパスは、大分市に集約され、工学部と経営経済学部の学生が学んでいます。入学時からサポート体制が整った「進路開発センター」や、NBUの学生の為に集まる「NBU業界・企業研究勉強会」などを通じ、学生の就職のサポートを行っています。

スポンサーリンク

中村正人/うるま市長選挙の家族は?

中村正人氏の家族構成についての情報は存在しませんでした…

ですが、SNSにお子様と思われる写真の投稿があったので、ご結婚されている可能性が高そうです。

中村正人/うるま市長選挙の年収は?

中村正人氏の年収についてまとめました。

うるま市の公式サイトによるとうるま市議会議員の年収は次の通りです。

議員給料 398,000円×12ヶ月=4,776,000円
期末手当 398,000円×3.3ヶ月分=1,313,400円

中村正人氏のうるま市議会議員時代の年収は上記合計の6,089,400円と予想されます。

中村正人/うるま市長選挙の選挙の実績や評判は?

中村正人氏の実績は旧具志川市議会議員選挙で初当選され、6期22年に亘り同市議を務められており、中部衛生施設組合議会議長を始めとして数々の役職を歴任されています。

中村正人氏の評判についての情報は見当たりませんでしたが、ご自身のSNSの投稿に対してコメント数も多いことから、上々の評判であると個人的には思います。

中村正人/うるま市長選挙の選挙の公約は?

中村正人氏の選挙公約は新型コロナウィルス感染症対策で4つの項目、子育てしやすいまちづくりとして7つの項目を重点政策として掲げられています。また、高速道路延伸を政府へ直接要請する事も公約の1つであります。

中村正人/うるま市長選挙の選挙の立候補した理由は?

中村正人氏はうるま市の現職である島袋市長は3期12年で多くの事業を行い、市民協働の住みよいまちづくりができていると強調され、市長からバトンを受け継ぎ、市民に寄り添う現場主義でうるま市を築き上げると決意を訴えられていることから、立候補した理由の1つと考えられます。

中村正人/うるま市長選挙の選挙結果や得票率は?

ここでは中村正人氏の選挙結果について書いていきます。

中村正人氏は1998年に旧具志川市議会議員選挙で初当選され、6期22年に亘り同市議を務められています。

直近では2018年9月30日執行のうるま市議会議員選挙では2,852票を獲得され当選されており、トップ当選の方とは僅か38票差でした。投票率は64.06%でした。

中村正人/うるま市長選挙の引退の可能性は?

中村正人氏は現うるま市長からバトンを受け継ぎ、今回の選挙に挑まれることから、仮に落選されたとしても、次回の選挙においても今回の主張を訴えて立候補される可能性は高いと思われます。

まとめ

中村正人氏は現うるま市長の後継者として、市政を継承し発展させていくと表明されており、新型コロナウイルス感染症から、うるま市民12万5千人の命と暮らしを守るため、命を懸け最後の最後まで頑張っていくと熱い気持ちで訴えられており、6期22年に亘る市議会議員としての実績を最大限にアピールされて初当選を目指されます。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所