中村逸郎/筑波学院の経歴や結婚は?妻息子両親や身長も! | 選挙立候補者研究所

中村逸郎/筑波学院の経歴や結婚は?妻息子両親や身長も!

スポンサーリンク

今回の記事では、「めざまし8」でコメンテーターとして活躍中の政治学者の中村逸郎氏について記事をまとめていこうと思います。

中村逸郎氏の

・経歴
・学歴
・年収
・家族

などについて記事をまとめていきます。

スポンサーリンク

中村逸郎の経歴や学歴は?

中村逸郎氏の経歴や学歴についてまとめていきます。

中村逸郎の経歴は?

名前 中村逸郎(なかむらいつろう)
生年月日 1956年11月2日
身長 不明
出身地 島根県
最終学歴 学習院大学法学部政治学科卒
学習院大学院政治学研究科博士後期課程単位取得退学・論文博士取得
職業 国際政治学者
筑波大学名誉教授
筑波学院大学教授
島根県立大学客員教授

中村逸郎氏は、1956年11月2日に島根県に生まれました。

高校は、島根県立大田高等学校を卒業しています。

高校生の時に、山陰放送のアメリカ・カナダ研修旅行団に参加して1ヶ月ほど留学した経験があるようです。

この経験が、海外へ興味を持つきっかけになったのかもしれませんね。

大学は学習院大学に進学していることから、高校卒業後に上京したと思われます。

1980年に学習院大学法学部政治学科を卒業しました。

1983年にモスクワ国立大学に留学しています。

中村逸郎氏はロシア政治を専門としています。

ロシア留学時代にロシア情勢に詳しくなったのかもしれませんね。

 

中村逸郎氏の教授としての経歴をまとめていきます。

2000年 島根県立大学総合政策学部助教授
2001年 筑波大学社会科学系助教授
2007年 筑波大学人文社会系教授
2012年 筑波大学国際総合学類長
東京大学教養学部後期課程非常勤講師
2022年 筑波大学教授 定年退職
島根県立大学客員教授
筑波学院大学教授
筑波大学名誉教授

   
2022年に筑波大学教授を定年退職し、筑波大学名誉教授となっています。

2022年現在は、筑波学院大学教授・島根県立大学客員教授を務めています。

 

中村逸郎氏は、オネエのような話し方をされています。

身長は公表されていませんが、160cmよりは低いと思われます。

男性にしては、かなり小柄な方ですね。

痩せているため、さらに小柄に見えます。

やさしい喋り口調と小柄な体格ですので、話しやすそうな印象です。

中村逸郎氏の授業は人気があり、生徒からは好かれているようです。

中村逸郎の本名は?

中村逸郎氏は、本名で活動されているようです。

中村逸郎の学歴は?

中村逸郎氏の学歴ですが、

・島根県立大田高等学校卒
・学習院大学法学部政治学科卒
・学大学院政治学研究科博士後期課程単位取得退学、論文博士取得

になります。

1983年から1985年までモスクワ国立大学に、1988年から1990年までロシア科学アカデミーに留学経験があります。

中村逸郎の出身高校は?

中村逸郎氏の出身高校は、島根県立大田高等学校です。

島根県立大田高等学校は、1921年設立の国立高校です。

歴史ある学校で、自然の教えに学ぶという大高(だいこう)精神が受け継がれています。

生徒の9割以上が部活に所属していて、部活を通して自主性や協調性を学ぶことができます。

参考: 島根県立大田高等学校 ホームページ

中村逸郎の出身大学は?

中村逸郎氏の出身大学は、

・学習院大学
・モスクワ国立大学
・ロシア科学アカデミー

の3校です。

 

学習院大学は、1947年設立の私立大学です。

約7割の授業が少人数制で行われているため、理解を深めることができます。

130の就職支援プログラムがあり、生徒をサポートする体制が整っています。

参考:学習院大学 ホームページ

 

モスクワ国立大学は、1755年設立のロシアにある国立大学です。

ノーベル賞受賞者を輩出している、ロシアトップクラスの大学です。

 

ロシア科学アカデミーは、1724年に設立された国立アカデミーです。

自然科学や社会科学などを学ぶことができます。

スポンサーリンク

中村逸郎の仕事は?

中村逸郎氏は、島根県立大学客員教授を務めています。

2022年3月に筑波大学教授を定年退職し、筑波大学名誉教授となりました。

中村逸郎氏は、国際政治学者としてメディアへの出演もされています。

「めざまし8」ではコメンテーターを務めています。

ロシア政治を専門とされていて、ロシア情勢について非常に詳しい方です。

ロシア・ウクライナ戦争についてメディアで取り上げられることが多いことから、2022年以降メディアへの出演が増えているようです。

今後も中村逸郎氏への出演依頼が増えることが予想されます。

中村逸郎の家族は?

中村逸郎氏の家族は、息子2人がいるようです。

奥さんは、中村逸郎氏が上智大学で非常勤講師をしていた時の教え子だったようです。

奥さんとの馴れ初めについては、ABCチャンネルにて語られていました。

奥さんは17歳年下で、運命を感じて結婚されたようです。

 

息子さんの1人は、週刊文春のグラビア班で働いているようですが、正確な情報かはわかりませんでした。

息子さんについて他に詳しい情報は見当たりませんでした。

 

中村逸郎氏のご両親についても調べてみましたが詳しい情報は見当たりませんでした。

中村逸郎氏は、教授をしていますので勉強熱心で真面目な方なのかなと思います。

もしかしたら、ご両親も教員をしていたかもしれませんね。

スポンサーリンク

中村逸郎の年収や月収は?

中村逸郎氏の年収は、およそ2,080万円と予想しました。

年収を予想した根拠について予想していきます。

 

中村逸郎氏は、

・筑波学院大学教授
・島根県立大学客員教授
・コメンテーター

などから収入があると思われます。

 

大学教授の年収は1,100万円ほどのようです。

中村逸郎氏の筑波学院大学教授としての年収はおよそ1,100万円と予想しました。

 

客員教授の年収は300〜500万円ほどのようです。

中村逸郎氏の客員教授としての年収はおよそ500万円と予想しました。

 

コメンテーターの出演料は1回5万円ほどのようです。

中村逸郎氏のコメンテーターとして月に8回ほどテレビに出演しているようです。

月収 5万円×8回/月=40万円
年収 40万円×12ヶ月=480万円

中村逸郎氏のコメンテーターとしての年収はおよそ480万円と予想しました。

 

筑波学院大学教授 1,100万円
島根県立大学客員教授 500万円
コメンテーター 480万円
年収 1,100万円+500万円+480万円=2,080万円

 

以上の結果から、中村逸郎氏の年収はおよそ2,080万円と予想しました。

 

参考:客員教授の年収は高い?将来の選択肢としての客員教授を分析

まとめ

今回の記事では、中村逸郎氏について記事をまとめてみました。

中村逸郎氏は、ロシア・ウクライナ戦争後からメディアへの出演が増えています。

ロシア情勢について解説は非常にわかりやすく人気があるようです。

今後もテレビなどで見かける機会も増えるかもしれませんね。

更なる活躍を期待しています。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物
選挙立候補者研究所