中村博生/八代市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う八代市長選が、2021年8月29日告示日、同月22日投開票にて行われます。

今回は予想通り、現職の中村博生氏と同市議の亀田英雄氏の一騎打ちとなりました。

自民党県連は6月21日に早々と中村氏への推薦を決定し、連合熊本は同月16日の執行委員会で亀田氏の推薦を決定しています。これにより、市長派VS反市長派の構図が見えてきました。

連合熊本とは、日本労働組合総連合会熊本県連合会です。

亀田英雄氏は、「今の八代市政には様々な課題がある。私が市長になり、市政を刷新していきたい」とし、「現職市長は、中村市政の政策決定過程が不透明だ」と批判。出馬の意思を表明しました。

記者会見には反市長派の市議6人と八代市・郡区選出の磯田毅県議も同席。八代市議の議員定数は28人です。

6名が同席したからといって、賛同者が6人だけとは限りません。さてさて、反市長派は、ことのほか多かったりもするのでしょうか。

ここでは、3期目を狙う現職中村博生氏の

・経歴
・学歴
・ご家族
・年収
・実績や評判
・公約
・その他

についてお伝えいたします。

この度の選挙は、2期にわたる中村市政へ、市民の審判が下される選挙となりそうです。果たして八代市民は、中村市政をどう評価しているのでしょう。

スポンサーリンク
市長
選挙立候補者研究所