仲間堅二/糸満市長選挙の経歴や家族は?年収についても!

スポンサーリンク

6月7日投開票の糸島市長選挙に立候補を挙げた仲間堅二氏。

無所属新人ながら、いったいどんな人なのか気になる方も多いはず。

この記事ではそんな仲間堅二氏のプロフィールや 家族、年収、選挙結果について紹介したいと思います。




続きを読む

仲間堅二/糸満市長選挙のプロフィールは?

糸満市市長選候補の仲間堅二氏仲間堅二氏のプロフィールは以下の通りです。

名前:仲間堅二(なかま けんじ)
生年月日:1960年生まれ
出身地:沖縄県
出身校:不明
趣味:不明
特技:不明

仲間堅二氏は、不動産会社サラリーマン。宅建士の資格も持っており、「土地活用のプロである宅建士の知識を安全な街づくりに生かしたい」と語っています。

また、糸満市喜屋武地区の自治会長もしており、地域づくりにも身近に接しています。

仲間堅二/糸満市長選挙の家族は?

糸満市市長選候補の仲間堅二氏の家族構成については、どうなのでしょうか。

仲間堅二氏のご家族については、インターネット上などで家族構成などは公開されておりませんでした。

ただ、年齢が60歳なので、奥さんや子供さんはおられると思いますし、お孫さんもおられるのではないでしょうか。




続きを読む

仲間堅二/糸満市長選挙の年収は?

糸満市市長選候補の仲間堅二氏の年収はどれくらいなのか気になるところですよね。

仲間堅二氏はサラリーマンで、宅建士も取得されているベテラン不動産マンなので 最低600万くらいはもらっているんじゃないかなと推測されます。

沖縄の不動産業の平均年収が700万くらいなので、それくらいのイメージになります。

糸島市長になれば、月額898,000円の給与金額が貰えるため、年収1,000万は軽く超えます。
賞与を足しても1,200万円以上になりそうです。

仲間堅二/糸満市長選挙の選挙結果は?

只今調査中

まとめ

まとめますと、仲間堅二は不動産サラリーマンで自治会長を務めた人物で、年収予想600万くらい。

市長になれば年収1000万円になります。

今後どういった選挙になるのか楽しみですね。

以上、糸満市市長選候補の仲間堅二氏について紹介しました。

スポンサーリンク
人物
何を仰るウサギさん