仲間一/金武町長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う金武町長選挙(2022年3月29日告示、4月3日投開票)に、現職の仲間一氏が3選を目指して立候補する意思を表明されましたので、仲間氏に関する情報をまとめています。

仲間一氏の

経歴
家族
年収
選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

仲間一/金武町長選挙の経歴は?

仲間一氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 仲間一(なかまはじめ)
生年月日 1955年1月15日
出身地 沖縄県金武町
学歴 沖縄国際大学中退
職業(前職) 金武町長2期(前職 並里区長)
趣味 不明

仲間一氏は、1955年1月15日沖縄県国頭郡金武町に生まれました。

沖縄県立宜野座高等学校卒業後、沖縄国際大学に進学・中退されております。

その後並里区事務所職員を経て並里区長を4期、2007年から金武町教育長を2期務められました。

2014年儀武剛金武町長の引退に伴い、後継指名を受け金武町長選挙に出馬し初当選され、2018年の金武町長選挙でも無投票でも当選され、現在2期目になります。

仲間一/金武町長選挙の学歴は?

仲間一氏の学歴は以下の通りになります。

沖縄県立宜野座高等学校卒業
沖縄国際大学中退

出身高校は?

宜野座高等学校は、沖縄県国頭郡宜野座村にある県立の高等学校です。

偏差値は36で、普通科のみ設置されています。

部活動加入率は県内トップクラスで、野球部・ラグビー部・フェンシング部などが全国大会に出場しています。

出身大学は?

沖縄国際大学は、沖縄県に本部を置く日本の私立大学です。

1959年に創立された国際大学を母体として、沖縄大学の一部を統合し設立されました。

偏差値は40-45で、「法学部」「経済学部」「総合文化学部」「産業情報学部」の4学部10学科2専攻があり、国内・海外への留学や資格取得のサポートが充実しております。

また、学生のあらゆる相談を専任教員が直接対応する「アカデミック・アドバイザ制度」を設けています。

仲間一氏がどこの学部に所属していたかは不明です

スポンサーリンク

仲間一/金武町長選挙の家族は?

仲間一氏の家族について調べてみましたが、家族についての情報は得られませんでした…

独身の可能性もありますね。

ご両親や兄弟なども気になります。

仲間一/金武町長選挙の年収は?

仲間一氏の年収について情報をまとめてみました。

金武町の公式サイトの情報によると、金武町長の年収は以下の通りになります。

月収:76万3千円x12か月=915万6千円
期末手当:339万5350円
年収:915万6千円+339万5350円=1255万1350円

他にも収入あると思われますが、その他の収入に関する情報は得られませんでした…

仲間一/金武町長選挙の実績や評判は?

仲間一氏の実績は以下の通りになります。

・就学前保育施設の環境を整え、認可定員数を402名から850人へ拡大
・子育て世帯総合支援拠点事業開始(子育て奨励金・虫歯予防奨励金・給食費の無料化・絵本のプレゼントなど)
・児童、生徒一人一台のコンピューター機器配置及び、学校内のインターネット環境の設置
・ホノルル市と友好都市を締結
・温泉ホテルの建設

など、ご自身の地元をとても大切に活動されているという印象を受けますね。

評判についての情報は得られませんでした…

個人的な予想になりますが、町長を2期務められてることから評判のいい方という印象を受けます。

仲間一/金武町長選挙の公約は?

仲間一氏の公約についてですが、金武町公式サイト「町長のページ」で内容ごとにまとめられています。

・子育て支援・健康増進・福祉施設の推進
・高齢者施設・障がい者施設の充実
・幼児教育・義務教育・生涯学習・スポーツ・地域文化の振興
・青少年健全育成・国際交流の推進
・生活環境・道路・上下水道・河川・公園緑地の整備
・廃棄物処理・防災・滅災・交通安全・防犯対策
・基地問題の解決
・農林・畜産物・水産業・商工業・観光業の振興

仲間一氏の「町民が安心安全に暮らせるまちを作っていきたい」という思いが込められた公約という印象を受けますね。

個人的にも、交通が便利になり安心安全なまちになれば安全温泉ホテルや海浜などの観光業も賑わい、いいなと思います。

仲間一/金武町長選挙の立候補した理由は?

仲間一氏が今回の金武町長選挙に立候補した理由ですが、取材に対し以下の通り述べられています。

1期目に目の前の課題を一つ一つ解決したことが町民に評価された。引き続き期待に応え、金武町をもっとよい町にするため、邁進したい

町長を2期務められて、まだ残っている課題を解決・実現させるために、今回の金武町長選挙に立候補されたのだと思います。

仲間一/金武町長選挙の選挙結果は?

ここでは、仲間一氏の選挙結果について書いていきます。

仲間一氏の選挙結果は以下の通りになります。

2014年 金武町長選挙 新人の宜野座氏を3598票数で破り初当選。立候補者は2名で投票率は75.42%でした。

2018年 金武町長選挙 他に立候補者がおらず無投票で当選。

それまでの金武町長選挙も投票率は70%以上で高いです。

今回の金武町長選挙は現在、仲間一氏と新人の山川氏の2名が立候補する意思を表明されています。

仲間一氏は前回、無投票で当選され信頼もあると思われます。

投票率も期待できそうですね。

仲間一/金武町長選挙の引退の可能性は?

仲間一氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした…

個人的な予想になりますが、町長を2期務められ、金武町の課題を解決し、もっと良いまちにするために引退の可能性はないと思います。

まとめ

仲間一氏は、1955年1月15日沖縄県国頭郡金武町に生まれ,小中学校は不明ですが、沖縄県立宜野座高等学校卒業、沖縄国際大学に進学・中退されました。

その後並里区事務所職員を経て並里区長を4期、2007年から金武町教育長を2期務められ、2014年儀武剛金武町長の引退に伴い、後継指名を受け金武町長選挙に出馬し初当選され、2018年の金武町長選挙でも無投票でも当選され、現在2期目になります。

仲間一氏はご自身の地元の課題を一つ一つ解決し、とても丁寧に活動をされてこられたと思います。

前市長の後継指名を受けられ、2018年の金武町長選挙では無投票での当選ということもあり、かなり評判もいいと思われます。

町民が安心安全に暮らせるために、個人的にも、これからの仲間一氏の活動を応援したく思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。