長尾忠行/平川市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う平川市長選挙(2022年1月16日告示、2022年1月23日投開票)に現職の長尾忠行氏が立候補する意向を表明されましたので長尾氏に関する情報をまとめていいます。

長尾忠行氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

長尾忠行/平川市長選挙の経歴は?

名前 長尾忠行(ながおただゆき)
生年月日 1949年3月10日
出身地 青森県平川市
最終学歴 東京農業大学農学部卒業
職業(前職) 平川市長
趣味 野球、読書

長尾忠行氏は高校を卒業後、東京農業大学へ進学し、無事卒業されます。

政治家としての活動は、1995年に平賀町議会議員に当選した際から始まりました。

その後、青森県議会議員となり各委員長や議長、また自民党青森県連の副会長なども歴任されています。

現在は平川市長として2期目となっており、今回の選挙で3期目を目指しています。

長尾忠行/平川市長選挙の学歴は?

長尾忠行氏の学歴は、東京農業大学農学部卒になります。

出身高校についての情報は見つかりませんでした。

出身大学は?

東京農業大学は東京都に本拠を置く私立大学で、日本で初めて設立された私立農学校でもあります。

農学部の他に、応用生物科学部生命科学部地域環境科学部国際食料情報学部生物産業学部計6学部で構成されており、農学を中心としてバイオサイエンス水産業などの研究も行われています。

また、東京農業大学の学園祭は「収穫祭」と呼ばれ、野菜の無料配布魚の摑み取りなど、農学校ならではのイベントが開催されています。

スポンサーリンク

長尾忠行/平川市長選挙の家族は?

長尾忠行氏の家族に関する情報は見つかりませんでした。

しかし長尾氏は70代でありますので、ご結婚されてお子さんもいらっしゃれば、お孫さんがいらっしゃっても不思議ではないですね。

長尾忠行/平川市長選挙の年収は?

長尾忠行氏の年収について調べてみました。

平川市の公式サイトの情報によると、平川市長の年収は以下の通りです。

月給:85万円×12ヶ月=1020万円
期末手当:272万円
年収:1020万円+272万円=1292万円

よって、現在平川市長である長尾氏の年収は約1300万円と予想されます。

また、長尾氏は100Rのリンゴ園を所有されているようですので、そちらでの収入もあるかもしれません。

長尾忠行/平川市長選挙の実績や評判は?

長尾忠行氏の実績について、以下にご紹介します。

・新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、自身の給与2割削減(半年間)
・第2子以降の保育料無償化
・中学生までの医療費無料化
・子育て世代や移住者への住宅取得支援

少子化対策や人口減少対策に力を入れているという印象ですね。

長尾忠行/平川市長選挙の公約は?

長尾忠行氏の選挙公約に関する情報は見つかりませんでした。

おそらく、これまで進めてこられた少子化対策や人口減少問題への対策を継続・強化していくことを考えておられるのではないかと思います。

長尾忠行/平川市長選挙の立候補した理由は?

長尾忠行氏が今回の市長選に立候補した理由についての情報は見つかりませんでした。

しかし長尾氏は平川市長として2期務めてこられ、市民からの支持も厚いと考えられます。
現在進めている途中の政策などもあると考えられますので、引き続き頑張っていきたいというのが理由なのかなと考えられます。

長尾忠行/平川市長選挙の選挙結果は?

さて、ここでは長尾忠行氏のこれまでの選挙結果についてまとめていきます。

まず1995年の平賀町議会議員選挙に出馬し、見事当選します。

そして、1999年の青森県議会議員選挙へ出馬し、3位当選を果たします。

その後は
2003年の青森県議会議員選挙で1位当選
2007年の青森県議会議員選挙で無投票当選
2011年の青森県議会議員選挙で1位当選安定して強い支持を獲得します。

そして2014年には平川市長選挙に初出馬し、見事当選。
2018年の平川市長選挙でも再選し、現在平川市長として2期目となっています。

長尾忠行/平川市長選挙の引退の可能性は?

長尾忠行氏の引退の可能性について調べてみましたが、情報は見つかりませんでした。

しかし長尾氏は現在70代となっており、今回の選挙に落選してしまった場合は引退の可能性も考えられるかと思います。

まとめ

長尾忠行氏は政治家として25年以上のキャリアと実績があり、市民からの支持も強い方です。

また、平川市長となってからは少子化対策や人口減少問題に特に力を入れて取り組まれており、まちの将来を見据えた政治をされている方という印象を受けました。

今回の平川市長選挙には今のところ長尾氏のみが立候補を表明しており、再選の可能性が高まっています。

ぜひ3期目も頑張っていただきたいですね。