村井よしひろ/宮城県知事選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う宮城県知事選挙(令和3年10月14日告示)に立候補する意向を表明された、村井よしひろ氏に関する情報をお伝えいたします。

村井よしひろ氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙の結果

などについて記事をまとめていきます。

 
 

スポンサーリンク

村井よしひろ/宮城県知事選挙の経歴は?

名前 村井 嘉浩(むらい よしひろ)
生年月日 昭和35年8月20日
出身地 大阪府
最終学歴 防衛大学校(理工学専攻)卒業
職業(前職) 陸上自衛隊、宮城県議会議員3期、宮城県知事4期
趣味 茶道

村井よしひろ氏は、防衛大学校(理工学専攻)卒業後、陸上自衛隊幹部候補生学校入校し陸上自衛隊東北方面航空隊(ヘリコプターパイロット)、自衛隊宮城地方連絡部募集課で班長を務めその後政治家へ転身した少し変わった経歴を持つ現宮城県知事です。

村井よしひろ/宮城県知事選挙の学歴は?

村井よしひろ氏は、大阪府の豊中市の出身で高校は大阪市天王寺区にある大阪明星高等学校を卒業後は防衛大学工(理工科)に入学し卒業しました。

出身高校は?

村井よしひろ氏の母校は、ミッションスクールでもある男子校の大阪明星学園が経営する大阪明星学園高等学校で大阪府内でも上位の進学校です。

かつては野球の強豪校として名を馳せたこともありましたが、昭和50年代からは、東京大学・京都大学・大阪大学・神戸大学や関関同立という難関大学への進学も多くなりました。

出身大学は?

村井よしひろ氏が入校した防衛大学校とは、神奈川県横須賀市にある日本の省庁大学校です。

諸外国では士官学校に位置づけされ防衛大学校は自衛隊の幹部自衛官となるべき者への教育が前提だそうです。

防衛大学校を卒業後は陸上自衛隊候補生学校に進まれています。

スポンサーリンク

村井よしひろ/宮城県知事選挙の家族は?

村井よしひろ氏には、奥さん二人の娘さんがいらっしゃるそうです。

娘さん二人はすでに成人されておらり一緒に暮らしているのかどうかはわかりません。

東日本大震災の時は、当時は村井よしひろ氏宅も震災の被害で大変な状況でしたが、ご家族で災害ボランティアに登録し積極的に活動に参加されていました。

奥様は自分がボランティア活動をすることにより世間にどのような影響を与えるかを心配されていたため「こっそり」とボランティア活動をされていたのですが、村井よしひろ氏がつい公の場で発言してしまったため周囲にばれてしまったというエピソードがあります。

結果的には公にしたことで好印象を得ることが出来ました。また、新型コロナウィルスの流行によって全国の知事の動向に注目が集まりましたね。

各都道府県の県知事が色々なデザインのマスクを着用して会見に臨みましたが、村井よしひろ氏が会見時に着用していたマスクは「むすび丸」という仙台のゆるキャラで「欲しい!可愛い」と世間で評判になりました。

実は奥様が手描きで描かれたそうです、素敵なご夫婦ですね。

 
 

村井よしひろ/宮城県知事選挙の年収は?

村井よしひろ氏の年収について情報をまとめてみました。(都道府県知事の所得公開データより)

令和3年の宮城県知事の村井よしひろ氏の公開所得は2091万円です。
給与:1868万円
給与以外:151万円

村井よしひろ/宮城県知事選挙の実績や評判は?

村井よしひろ氏は平成4年の松下政経塾入塾後、平成7年に宮城県議会選挙に初出馬・初当選をしており、以後3期に渡って宮城県議会議員を務められますが、途中で議員を辞職すると宮城県知事選挙へ立候補し当選を果たされて以後16年を宮城県のために尽力されています。

特に東日本大震災の復興においては成果をあげられていますし、過去の当選回数も多いことから地元の人からの評判も良いように思います。

自衛官だった村井よしひろ氏が政治家へ転身した理由として「政治へ不満があった」とも言っており、「政治はやる人によって大きく結果が変わるものだ」とコメントもされていました。

村井よしひろ/宮城県知事選挙の公約は?

村井よしひろさんは以下の様な公約を掲げられています。

・「被災地の復興完了に向けたきめ細かなサポート」
・「富県宮城を支える県内産業の持続的な成長促進」
・「社会全体で支える宮城の子ども・子育て」
・「誰もが安心していきいきと暮らせる地域社会づくり」
・「強靱で自然と調和した県土づくり」

新型コロナウィルスを乗り越えること、東日本大震災からの復興を完遂させることを自分の使命と考え5期目の当選に意欲を持っておられます。

村井よしひろ/宮城県知事選挙の立候補した理由は?

大阪で生まれた村井よしひろ氏はなぜ宮城県で政治を行いたいと思ったのか。

そのきっかけは自衛官時代での経験があったようです。

パイロットとして北は北海道から、南は九州まで日本の空を飛び回っていた際に「東北は魅力的な土地だ」「宮城は東北地方のけん引役として担う」と思うようになったのがきっかけだったとのことです。

村井よしひろ/宮城県知事選挙の選挙結果は?

今回の宮城県知事選挙は新人の候補者との戦いになります。

村井よしひろ氏は、過去の選挙戦においては対立候補から大きな票差をもって当選しています。

知名度や人気がある村井よしひろ氏ですが、「水道民営化」について対立候補は全く反対の意見を持っています。

選挙の行方はこの「水道民営化」が大きなカギを握っているのかもしれませんね。

村井よしひろ/宮城県知事選挙の引退の可能性は?

今のところ、村井よしひろ氏が引退するとの明らかな情報は得られませんでした。

まとめ

アフターコロナにむけて政策を充実させたい考えの村井よしひろ氏、4期までの実績を武器に今回も一騎打ちの戦いに挑みます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
知事
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所