椋野美智子/日田市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

任期満了に伴う大分県日田市長選挙(2023年7月2日告示、7月9日開票)に新人で元厚生労働省官僚の椋野美智子氏が立候補する意向を表明されましたので、椋野美智子氏に関する情報をまとめています。

椋野美智子氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

椋野美智子/日田市長選挙の経歴は?

名前 椋野美智子(むくのみちこ)
生年月日 1956年
出身地 大分県日田市
最終学歴 東京大学法学部
職業(前職) 厚生省(現厚生労働省)官僚、大分大学教授
趣味 祭りへの参加、着物での散策、ジムでトレーニング

大学卒業後は厚生省(現厚生労働省)に入省され、浦和市(現さいたま市)福祉部長、内閣府高齢社会対策担当参事官、厚生労働省社会・援護局総務課長などを務められてきました。

厚生労働省時代には、政府として初めて少子化をとりあげた本を執筆されています。

女性が活躍する時代は当たり前になってきていますが、椋野美智子氏の時代に女性として活躍されていたのは珍しいのではないでしょうか。

椋野美智子氏は、非常に行動力がある印象を受けます。

椋野美智子/日田市長選挙の学歴は?

椋野美智子氏の学歴は大分県立上野丘高校卒東京大学法学部卒になります。

出身高校は?

大分県立上野丘高校は1885年に設立され大分県内で最も長い歴史を持っており、偏差値は71と全国的に見ても非常に高い進学校です。

九州や西日本の大学の合格者が多いですが東京大学や京都大学、早稲田大学などの名門大学にも一定数の合格者を出しています。

出身大学は?

東京大学は東京都にあり、3つのキャンパスこどに教育内容や研究内容を分けている珍しい形態の大学です。

椋野美智子氏が卒業した法学部は1877年の設立当時からあり、卒業生は6万人を超えている学部です。

椋野美智子/日田市長選挙の家族は?

椋野美智子氏の家族に関する情報は見当たりませんでした。

椋野美智子氏の公式サイトはありますが、家族に関する情報はありませんでした。

椋野美智子/日田市長選挙の年収は?

椋野美智子氏の年収について情報をまとめてみました。

大分大学の公式サイトによると、大学教授の年収は973.6万円になります。

椋野美智子氏が過去に大分大学教授を務められていた際の年収は973.6万円と予想されます。

収入はあるのかもしれませんが、現在の年収に関する情報は見当たりませんでした。

椋野美智子/日田市長選挙の実績や評判は?

椋野美智子氏の実績ですが、ご自身の公式サイトにまとめられています。

厚生省を離れた後は大分大学福祉科学研究センターの教授に就任され、2011年には副学長を務められました。

その後は自治体の政策に取り組まれ、過疎地や高齢化する住宅団地・中山間地・中心市街地などで市民と一緒に地域課題の解決を図っておられます。

椋野美智子氏は「少子化対策はライフワーク」と言われており、地域を大事にされている印象を受けます。

椋野美智子氏の評判についての情報は見当たりませんでした。

これまで様々な役職を経験されているため勉強熱心で地域のことを大切にされている姿があり、非常に評判がいい方なのではないかという印象を受けます。

椋野美智子/日田市長選挙の公約は?

椋野美智子氏は、選挙公約の発表はまだされていません。

公式サイトによると以下の項目に重点を置いているようです。

・子育て支援の根本強化
・仕事の選択肢を増やす
・高齢者の運転免許返納後の移動支援
・日田市の魅力を世界へ発信

具体的には給食費の完全無料化や広域間幹線道路の整備、高齢者の移動手段を切れ目なくつなげるように考えておられます。

給食の完全無料化がうまくいき、全国的に広がれば日本の出生人口にも影響が出てくるかもしれませんね。

椋野美智子/日田市長選挙の立候補した理由は?

椋野美智子氏の公式サイトに、メッセージとして以下のように書かれています。

この日田市を「安心と未来への希望」がみえるまちにしたい。そのためには、この急速な人口減少を何とかくい止めたい。
子育て支援と仕事づくりをしっかりやって、「若者が残れる、戻れる、住みたいまち」にします。
そして、「森と川と伝統文化を活かしてイノベーションを続ける世界に開かれたまち」にしていきます。

引用元:公式サイト

出身地である日田市は人口減少が問題になっており、若い人が少しでも日田市から離れていかないでほしいという強い思いを感じます。

今、抱えている日田市の問題を市長の立場で解決したいと思い立候補されたんだと思います。

椋野美智子/日田市長選挙の選挙結果は?

ここでは、椋野美智子氏の選挙結果について書いていきます。

まず、2015年4月26日に新人として初めて出馬した大分市長選挙。72,695票獲得して落選。投票率は43.58%でした。

次に、2019年7月21日に出馬した日田市長選挙。14,016票獲得して落選。投票率は64.66%でした。

2回目の市長選挙は、わずか659票の差で落選しています。

椋野美智子氏は当選の経験はありませんが、投票数と投票率から見ても認知度が高くなっていると思います。

椋野美智子氏に対する市民からの期待は、高まっているのではないでしょう。

椋野美智子/日田市長選挙の引退の可能性は?

椋野美智子氏は、現在66歳です。

年齢を考慮すると、引退する可能性はあるかもしれません。

まとめ

椋野美智子氏は今まで取り組んできた少子化問題だけでなく、労働者や高齢者への取り組みも今回の日田市長選挙で公約に取り入れられるかもしれません。

今までの経験を活かし、日田市を誰もが住みやすいまちにすることを目指されているのは間違いないでしょう。

今回の日田市長選挙の椋野美智子氏に注目です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長