森哲男/三田市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

任期満了に伴う兵庫県三田市長選(2023年7月16日告示、同年7月23日投開票)に、現市長の森哲男氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、森哲男氏の
・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

森哲男/三田市長選挙の経歴は?

森哲男氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 森 哲男(もり てつお)
生年月日 1952年2月26日
出身地 大阪府
最終学歴 大阪大学法学部卒業
職業 現三田市長
趣味 フルマラソン、山歩き、読書

森哲男氏は1952年生まれ、大阪府の出身です。

1977年に大阪大学を卒業し、兵庫県庁に入庁しています。

2015年に三田市長選挙に初出馬、初当選し、2019年には再選を果たしています。

三田市長 市長の部屋

三田市長 森てつお オフィシャルサイト

森哲男/三田市長選挙の学歴は?

森哲夫氏は、大阪大学法学部を卒業しています。

出身高校は?

森哲男氏の出身高校の情報についてを得ることはできませんでした。

出身大学は?

大阪大学は、大阪府吹田市に本部を置く国立大学です。

大阪大学は、1931年に大阪帝国大学として設立された国立の文理総合大学です。

2022年4月現在で11学部・15研究科(うち1研究科は他大学との連合)を擁しています。

森哲男氏が卒業した法学部には、法学科、国際公共政策学科の2つの学科が設置されており、高度な専門性、総合的な判断力と構想力、それらを実践に生かす能力を身につけ、グローバルに活躍できるための教育機会の提供を目的にしています。

同大学の卒業生には、政治、法曹、行政、経済、研究など、多くの分野で著名な人物が活躍しています。

森哲男/三田市長選挙の家族は?

森哲男氏のオフィシャルサイトの家族欄には、「妻と二男一女とねこ」との記載があります。ここから森哲男氏は5人家族であると思われます。ただし、それぞれのお名前や年齢等の詳細な情報は見当たりませんでした。

森哲男/三田市長選挙の年収は?

森哲男氏は現職の三田市長です、以下に三田市長の収入を記載しました。

三田市が公表している「2022年度 三田市の給与・定数管理について」によると、現在の市長の給料は月785,600円(削減措置後)です。

現在、三田市では特別職、一般職ともに給与減額措置が取られており、市長については20%が削減されています。

また、期末手当は、2021年度支給実績で4.3か月になっています。

この資料から、現三田市長である森哲男氏の給料年額は、785,600円 ✕ 12ヶ月 = 9,472,200円になります。

期末手当は、785,600×4.3か月=3,378,080円です。

合計である年収は12,850,280円になります。

森哲男/三田市長選挙の実績や評判は?

森哲男氏の評判についての詳しい情報は得られませんでした。

しかしながら、これまで三田市長に2期連続で当選し、2度目の市長選挙では、1度目から得票数を大幅に伸ばしていることからも、市長としての活動・役割に対して一定の評価があると考えられます。

これらのことにより、森氏の支持者を中心とした市民からの期待は厚いものであると思われます。

森哲男/三田市長選挙の公約は?

森哲男氏は、自身のWEBサイトに実行すべき3つの重点課題として、まちを元気にする「地域の創生」、まちを強くする「まちの再生」、まちを優しくする「人と人との共生」を掲げています。また、「子どもに夢を」、「くらしに安心を」、「地域に元気を」を実行するための、10のプロジェクト推進を取りまとめています。

今後も、三田市の子どもに夢を与え、市民の暮らしを守り、元気な街づくりのために活動していくものであると考えられます。

森哲男/三田市長選挙の立候補した理由は?

森哲男氏は、2023年3月28日に、「人口減少に負けない元気なまちを実現しなければならない」と述べ、3期目を目指して三田市長選に立候補することを表明しました。

現職の市長として、これまでの2期の経験を経て、三田市の持つ課題の解決を進めていくために、自身がやらねばならないという思いから出馬に至ったものと考えられます。

森哲男/三田市長選挙の選挙結果は?

森哲男氏は、これまで三田市長選挙に2回立候補してすべて当選しています。

これまでの森哲男氏の選挙の結果は以下の通りです。

三田市長選挙
(2015年7月26日投票)
投票率41.74%  14,606 票(当選)
村上市長選挙
(2019年7月21日投票)
投票率54.74%  28,351 票(当選)

森哲男/三田市長選挙の引退の可能性は?

森哲男氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

現職の市長でもあり、これまでの市長経験からも、三田市政や三田市の将来に対する強い思いや実行すべき政策、課題解決を示していることからも、現時点で引退を考えている可能性はないと思われます。

まとめ

2015年は、3候補を破っての初当選、2期目にあたる2019年は、得票数が大幅に伸び、2候補を破っての当選と、確実に三田市内での活動地盤や支持基盤を獲得してきている森哲男氏です。

現職の市長として、三田市が抱える多くの課題を解決するという強い意志を持っての3期目の出馬になります。

現時点では、森哲男氏の他には、新人で、元三田市職員、元三田市議会議員である多宮健二氏、同じく新人で元銀行員の田村克也氏が市長選への出馬を表明しています。

多宮氏は約8年間の現市政に対して、「良くも悪くもコストカットだけだ。未来への投資ができていない」との意見を持ち、田村氏は三田市民病院(三田市)と済生会兵庫県病院(神戸市北区)の再編統合に反対する市民有志らの候補者公募によって選ばれている経緯から、三田市民病院の再編統合に反対の立場をとっています。

現職で3期目を目指す森哲男氏、新人で市長にチャレンジする多宮健二氏、田村克也氏、現職と現市政に疑問を呈している新人2名の戦いになる今回の三田市長選挙。

今後の三田市の将来を占う重要な選挙になりそうです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長