森島武芳/矢板市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク
市長

2024年3月31日告示、同年4月7日に投票が実施される矢板市長選挙に、森島武芳氏が出馬の意向を表明しました。

こちらのページでは、森島武芳氏の
・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

森島武芳/矢板市長選挙の経歴は?

森島武芳氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 森島武芳(もりしま たけよし)
生年月日 1986年(誕生日は非公開)
出身地 栃木県矢板市
最終学歴 筑波大学
職業 元民間企業勤務
趣味 ゴルフ・釣り

森島武芳氏は、1986年に栃木県矢板市で生まれました。

誕生日は公開されていません。

幼少期を同市で過ごし、地元にほど近い栃木県立宇都宮高等学校に通います。

高校卒業後は筑波大学で学問に励みます。

大学卒業後は株式会社リクルートに新卒入社し、主に企画職に従事します。

勤務を続けながら経営大学院に単科生として通った努力の人です。

2023年にリクルートを退社したため、市長選挙に全力を注ぐと考えられます。

森島武芳/矢板市長選挙の学歴は?

森島武芳氏は、栃木県立宇都宮高等学校を卒業しています。

高校卒業後は、筑波大学に入学しています。

出身高校は?

森島武芳氏が通った、栃木県立大田原高等学校は、1879年に設立された伝統ある栃木県の公立高校です。

人格尊重・相互信頼・質実剛健などの教育方針を掲げています。

卒業後は大学進学することを前提とした教育が施され、県内屈指の進学校としての知名度が高いです。

出身大学は?

森島武芳氏は、筑波大学で勉学に励みました。

筑波大学は、東京教育大学をルーツとした国立大学です。

以下のような教育方針を掲げています。

・変動する現代社会へ不断に対応できる人材
・国際性豊かで多様性と柔軟性とを持った人材
・新しい教育・研究の機能及び運営の組織を開発

森島武芳氏は、同大学の大学院博士前期課程まで滞在し、勉学に励みました。

森島武芳/矢板市長選挙の家族は?

森島武芳氏の家族に関しては、妻と長男の3人家族であると公式ホームページ上で公開しています。

それ以上の情報は見当たりませんでした。

森島武芳/矢板市長選挙の年収は?

森島武芳氏は、株式会社リクルートに新卒で入社し、2023年まで勤続しました。

民間企業の年収は不明ですが、株式会社リクルートが公表している同社の平均年収は800万円超とのことです。

森島武芳/矢板市長選挙の実績や評判は?

森島武芳氏は、大学卒業後民間企業に勤務しています。

公開されている実績や評判は見つかりませんでした。

森島武芳/矢板市長選挙の公約は?

森島武芳氏が矢板市長選挙における公約として、以下の「政策七本柱」を謳っています。

1.雇用・経済
2.子育て
3.教育
4.高齢者福祉
5.公共交通・道路
6.防災
7.イベント支援・矢板PR

森島武芳/矢板市長選挙の立候補した理由は?

森島武芳氏が矢板市長選挙に立候補した理由としては、公式ホームページ上で地元の衰退に危機感を覚えたとの述べています。

また、民間出身だからこそできる「本当の営業力」で企業誘致を積極的に行いたい旨を地元紙の取材に対して述べています。

森島武芳/矢板市長選挙の選挙結果は?

森島武芳氏は、民間企業出身のため、選挙の経験はありません。

森島武芳/矢板市長選挙の引退の可能性は?

森島武芳氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした。

同氏は矢板市の出身で、地元の衰退に危機感を覚えて都心部からUターンをした方です。

地元に貢献したい気持ちの強さが良く伝わってくるエピソードです。

1986年生まれで若いため、今回の選挙に落選しても何らかの形で地元への貢献を果たすでしょう。

まとめ

以上、森島武芳氏について矢板市長選挙との関連で紹介してきました。

大学卒業後、民間企業に勤務しながら大学院の単科生で学問に取り組むなど努力家の側面を持ちます。

地元の衰退を憂いて家族とともにUターンするような方であるため、市長になった場合はやる気をみなぎらせて各種政策に取り組んでくれるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長