森沢きょうこ/品川区長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う品川区長選挙(2022年9月25日告示、10月2日投開票)で、現在東京都議会議員(品川区選出)として活動されている森沢きょうこ氏が出馬を表明されました。

こちらのページでは、森沢きょうこ氏に関する情報をまとめています。

森沢きょうこ氏の


・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて調べてみました。

森沢きょうこ/品川区長選挙の経歴は?

森沢きょうこ氏のプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前 森沢きょうこ(もりさわきょうこ)
生年月日 1978年11月16日
出身地 神奈川県茅ケ崎市
最終学歴 慶応義塾大学法学部政治学科卒業
職業(前職) 東京都議会議員
趣味 ヨガ、ダンス

森沢きょうこ氏は1978年神奈川県茅ケ崎市生まれ。慶応義塾大学を卒業後、2002年に日本テレビに入社されています。

報道局記者として当時首相であった小泉純一郎氏の番記者を務め、2005年の「郵政選挙」では東京10区(小池百合子氏の選挙区)を取材されていました。

2017年の東京都議会議員選挙でトップ初当選を果たし、2019年には「無所属 東京みらい」を結成。幹事長を務められています。

出典:森沢きょうこ氏 公式サイト

スポンサーリンク

森沢きょうこ/品川区長選挙の学歴は?

森沢きょうこ氏の学歴は捜真女学校高等部卒、慶応義塾大学法学部政治学科卒です。

出身高校は?

捜真女学校は、神奈川県横浜市に所在する私立女子中学校・高等学校です。

キリスト教系プロテスタントを教養として中・高一貫教育を実施しており、

グローバル社会で活躍できる人材を育成するための豊富なプログラムが準備されている学校です。

出典:捜真女学校 ホームページ

出身大学は?

慶応義塾大学は東京の私立大学です。

福沢諭吉が創立し、難関私立大学としても有名で、卒業者には政界・芸能界で活躍されてる方が多くいらっしゃいます。

出典:慶応義塾大学 ホームページ

森沢きょうこ/品川区長選挙の家族は?

家族構成についてですが、森沢氏のホームページにて、「夫,2人の子ども(小学生)」との記載ががありました。

ご家族それぞれのお名前等の詳細の情報は見当たりませんでした。

スポンサーリンク

森沢きょうこ/品川区長選挙の年収は?

森沢きょうこ氏の年収について情報をまとめてみました。

品川区議会ホームページの情報によると、品川区議会議員の年収は以下の通りになります。

月給:60万円×12ヶ月=720万円
期末手当:102万円+102万円+15万円=219万円
年収:720万円+219万円=939万円 

参照:品川区議会総務委員会資料

森沢きょうこ/品川区長選挙の実績や評判は?

森沢きょうこ氏の実績ですが、ご自身の公式サイトで活動をまとめられています。

都議会ではひとり親支援・障がい者就労、女性特有の健康課題などさまざまなテーマに活動されています。

ホームページには多くの応援メッセージが記載されており、特に子育て世代の支持が高いようです。

森沢きょうこ/品川区長選挙の公約は?

森沢きょうこ氏の公約については、ご自身の公式サイトで内容ごとに書かれています。

主に


・家計の負担を減らす子育て支援

・STEAM教育の推進、不登校児童支援

・災害対策、魅力的な街づくり

・シニア世代の健康支援、障がい者就労カフェの設置

・デジタル地域通貨等の導入による循環型の確立

・区役所サービスの利便性向上

など子育て支援・教育・新しい街づくりといった品川区民暮らしの向上を重点的に考えられているようです。

個人的にはこの構想が上手くいって、全国的に広がれば面白いなと思います。

森沢きょうこ/品川区長選挙の立候補した理由は?

森沢きょうこ氏が品川区長選挙に立候補した理由については、以下の通り述べられてます。

民間企業から政治の世界に飛び込み、これまで5年間にわたり、東京都議会議員をつとめさせていただきました。
その中で、一番大切にしてきたのは、都民、とりわけ私を選んでいただいた品川区民のみなさま一人ひとりの声や想いを受け止めることです。
そういった中で、むしろ都政ではなく品川区政で解決すべき身近な生活の課題にも数多く直面しました。

引用元:https://ameblo.jp/kyokomorisawa/entry-12759297252.html

実際に都議会議員として活動されて、現在の都政に足りないことを実現するために今回の品川区長選挙に立候補されたのかなと思います。

森沢きょうこ/品川区長選挙の選挙結果は?

森沢きょうこ氏のこれまでの選挙結果は下記のようになります。

2017年7月2日 新人として初めて出馬した東京都議会議員選挙では3,2261票獲得し
トップで当選。全体の投票率は52%でした。

2021年7月4月 東京都議会議員選挙では22,413票獲得し再当選。
当選順位は2位で全体の投票率は32,71%でした。
初出馬時は都民ファーストの会に所属されていましたが、今回は無所属
しての出馬でした。

理由としては、本当の意味で一人ひとりの声、小さな声にも寄り添った政治をしたいと考えたとき、政党に入るという選択肢はなかったそうです。

森沢きょうこ/品川区長選挙の引退の可能性は?

森沢きょうこ氏の引退の可能性について調べてみましたが、引退についての情報は得られませんでした…

個人的な予想になりますがこれまで5年間都議会議員を務め、今回区長選挙に初出馬となるので引退の可能性はないと考えられます。

まとめ

東京都議会議員としての経験を経て、品川区長選挙に出馬される森沢きょうこ氏。

都民ファーストの会を離党し、無所属として活動される理由も品川区民の小さな声にも応え、寄り添った政治をしたいという強い気持ちを感じました。

女性ならではの視点・時代の変化に対応した今までの枠に捉われない政策・新しい街づくりを期待されています。

スポンサーリンク
区長
選挙立候補者研究所