宮嶋健太郎/神戸町長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う神戸町長選挙(2022年5月31日告示、6月5日投開票)に新人で元神戸町議の宮嶋健太郎氏が立候補する意向を表明されましたので、宮嶋健太郎氏に関する情報をまとめています。

宮嶋健太郎氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

スポンサーリンク

宮嶋健太郎/神戸町長選挙の経歴は?

宮嶋健太郎氏のプロフィールについて簡単にまとめてみました。

名前 宮嶋健太郎(みやじまけんたろう)
生年月日 41歳
出身地 不明
最終学歴 岐阜大学
職業(前職) 学習塾経営、元町議
趣味 不明

宮嶋健太郎氏の出身地は不明でしたが、名古屋市の東海高校と岐阜大学を卒業しており、過去には岐阜県可児市の市議会選に出馬していることから、もともと東海地方に縁のある方だと考えられます

神戸町議を2期務めており、神戸町議会の議会運営委員長も務めました。

神戸町長選挙への立候補のため、神戸町議を3月に退任されています。

宮嶋健太郎/神戸町長選挙の学歴は?

宮嶋健太郎氏の学歴は私立東海高校岐阜大学を経て、岐阜大大学院医学系研究科を修了しています。

出身高校は?

私立東海高校は愛知県名古屋市に所在する私立の男子校です。

愛知県を代表する進学校であり、全国でもトップレベルの進学実績を誇ります。

毎年、多数の旧帝大や医学部への進学者を輩出しています。

出身大学は?

岐阜大学は岐阜県岐阜市に所在する国立大学です。

伝統的に自由な校風を持つ大学として知られています。

また、宮嶋健太郎氏は岐阜大学大学院医学系研究科も終了しており、医学の博士号を持っていると思われます。

スポンサーリンク

宮嶋健太郎/神戸町長選挙の家族は?

宮嶋健太郎氏の家族に関する情報ですが、情報が見つかりませんでした・・・

個人的な予想にはなりますが、ご結婚されている可能性もありそうです。

宮嶋健太郎/神戸町長選挙の年収は?

宮嶋健太郎氏の年収に関する情報を調べてみました。

宮嶋健太郎氏の職業ですが、大学院卒業後は大手進学塾の東進に入社されたようです。

しかしながら、2011年の岐阜県可児市での市議会議員選挙に出馬した際の職業は無職となっていたため、現在は東進は退職されているようです。

現在の職業や役職に関しては学習塾経営と公表されているほか、NPO法人の会長という情報もありました。

経営者ということで収入に関しては経営している学習塾の収益次第となりますが、残念ながら宮嶋健太郎氏の経営している学習塾に関する決算資料などは見つからず、年収の情報は分かりませんでした・・・

しかしながら、選挙に出馬するほどの資金力があることから、年収に関しては高収入な可能性もあります。

宮嶋健太郎/神戸町長選挙の実績や評判は?

宮嶋健太郎氏の実績や評判についての情報を調べました。

宮嶋健太郎氏の実績については、2015年の神戸町議員選挙で初当選し、神戸町長選挙に立候補するために議員を辞職するまで、町議を2期務めました。

神戸町議会では議会運営委員長を務めました。

宮嶋健太郎氏の評判に関しては、情報が見つかりませんでした・・・

しかしながら、町議を2期務めたことから、評判は良いのではないかと予想されます。

宮嶋健太郎/神戸町長選挙の公約は?

宮嶋健太郎氏の選挙公約は、判明している限りでは以下のようになっています。

・東海環状自動車道の整備を見込んだトップセールスによる企業誘致
・神戸山王まつりの国の重要文化財指定を目指す

他にも公約があると思われますが、調べた限りではこの2つの公約について語られていました。

産業面や観光面から魅力的な町づくりを推進しようという狙いが見て取れる公約となっています。

神戸町の今後の発展を考えると、非常に興味深い政策です。

宮嶋健太郎/神戸町長選挙の立候補した理由は?

宮崎健太郎氏の立候補した理由について調べました。

新聞社の取材に対しては
「行政職出身の町長が続いてきた堅実な町政に柔軟さを加え、新しい風を吹かせる。町民が活躍できるまちづくりを進めたい」
と述べています。

また、「若者・大人が夢を語り、子どもが夢を育む活気あふれるまちを目指したい」とも述べています。

経営者としての経験を町政に活かし、魅力的な町づくりを推進するのではないかと期待されます。

宮嶋健太郎/神戸町長選挙の選挙結果は?

宮嶋健太郎氏の過去の選挙戦の結果を調べました。

2011年には岐阜県可児市の市議会選挙に出馬していますが、その際は落選しています。

しかしながら、2015年には神戸町議会議員選挙に挑戦し、1000票を獲得し、初当選しました。

また、2019年にも神戸町議会議員選挙に出馬し、623票を獲得し2選目を果たしました。

宮嶋健太郎/神戸町長選挙の引退の可能性は?

宮嶋健太郎氏の引退の情報ですが、特に情報は見つかりませんでした

まだお若い方ですので、仮に今回の選挙戦で落選したとしても政治の世界でまだまだ挑戦し続けるのではないかと思われます。

まとめ

宮嶋健太郎氏は神戸町議を2期務めた実績があるほか、学習塾の経営者としての経験もあることから、町政に柔軟性を取り入れることを目標に町長選に立候補されました。

神戸町の町づくりのために産業や観光に関する政策を推進しており改革派ともいえる宮嶋健太郎氏と、前町長のもとで副町長を務めていた対立候補との選挙戦は激しい戦いとなりそうです。

政治家としてはまだまだお若い方ですので、今後の政治家としての将来性に期待が集まっています。

町長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所