宮崎哲弥の本名や妻子供や家族は?身長や評判も! | 選挙立候補者研究所

宮崎哲弥の本名や妻子供や家族は?身長や評判も!

スポンサーリンク
人物

今回の記事では、評論家やコメンテーターとして活躍中の宮崎哲弥氏について記事をまとめていきます。

宮崎哲弥氏の

・経歴
・学歴
・年収
・家族

などについて記事をまとめていきます。

スポンサーリンク

宮崎哲弥の経歴や学歴は?

宮崎哲弥氏の経歴や学歴についてまとめていきます。

宮崎哲弥の経歴は?

名前 宮崎哲弥(みやざきてつや)
生年月日 1962年10月10日
身長 不明
出身地 福岡県久留米市
最終学歴 慶應義塾大学文学部社会学科
職業 評論家
相愛大学客員教授

宮崎哲弥氏は、1962年10月10日に福岡県久留米市に生まれました。

小学生の時から不登校であり、荒れていた時期があったようです。

中学卒業後、工場で1年間働き、その後、久留米工業大学附属高等学校に進学したようです。

そして、早稲田大学に進学しましたが、飲酒により体調を崩し中退しました。

その後再び大学に入学し、慶應義塾大学文学部社会学科を卒業しています。

学生の頃から、読書は好きだったようです。

早稲田大学・慶應義塾大学に合格していることから、優秀であることがわかりますね。

大学卒業後は、博報堂に入社しました。

その後、「宝島30」にて評論家としての活動をするようになりました。

2018年から相愛大学客員教授を務めています。

評論家として多くのメディアに出演し、政治哲学・仏教思想・サブカルチャーなどを解説しています。

 

宮崎哲弥氏の身長について調べたところ、162cmという情報が見つかりました。

しかし、正確な情報かどうか判断できませんでした。

テレビでハリセンボンの近藤春菜氏と並んでいたことがありました。

155cmの近藤春菜氏より少し身長が高いようなので、宮崎哲弥氏の身長は160cmほどであると予想されます。

宮崎哲弥の本名は?

宮崎哲弥氏の本名について調べましたが、情報は得られませんでした。

宮崎哲弥氏は、結婚した時に奥さんの姓になったため、本名は宮崎ではないようです。

仕事では旧姓の宮崎哲弥と名乗っているようです。

宮崎哲弥の学歴は?

宮崎哲弥氏の学歴ですが、久留米工業大学附属高等学校卒慶應義塾大学文学部社会学科卒になります。

慶應義塾大学の前に、早稲田大学に進学していますが、中退しています。

宮崎哲弥の出身高校は?

宮崎哲弥氏の出身高校は、久留米工業大学付属高等学校です。

久留米工業大学付属高等学校は1962年設立の学校です。

改称されたため、現在は祐誠高等学校となっています。

「礼節・勤勉・協調」を理念とし、生徒が夢を叶えられるような教育の場を提供しています。

参考:祐誠高等学校 ホームページ

宮崎哲弥の出身大学は?

宮崎哲弥氏の出身大学は、慶應義塾大学です。

慶應義塾大学は、1858年設立の私立大学です。

私立大学偏差値ランキング(2023年)でトップレベルの大学です。

ノーベル賞受賞者や政治家を輩出しています。

参考:慶應義塾大学 ホームページ

宮崎哲弥の仕事は?

宮崎哲弥氏は、評論家執筆活動をされています。

2001年に「正義の見方」を出版し、作家デビューしています。

評論家としては、政治哲学・仏教思想・サブカルチャーについて解説されています。

アニメや音楽についても解説されていることから、バラエティ番組に出演することもあるようです。

2023年現在は、

・日本テレビ「スッキリ」
・テレビ東京「ありえへん∞世界」
・関西テレビ「報道ランナー」

などに出演しています。

宮崎哲弥の家族は?

宮崎哲弥氏の家族は、父・母・妻がいるようです。

 

お父さんは、泌尿器科の医者だったようです。

お母さんは、子どもの頃から本の読み聞かせをしてくれたようです。

そのため、宮崎哲弥氏は本が好きになったと思われます。

評論家として活躍するほどの知識量を持つようになったのは、お母さんの教育が良かったからかもしれませんね。

 

宮崎哲弥氏は、結婚していて奥さんがいるようです。

奥さんに関する詳しい情報は見当たりませんでした。

宮崎哲弥氏には、子どもはいないようです。

公表していないだけで、子どもがいる可能性はありそうです。

宮崎哲弥の年収や月収は?

宮崎哲弥氏の年収は、およそ1,680万円と予想しました。

年収を予想した根拠について解説していきます。

 

宮崎哲弥氏は、

・コメンテーター
・講演の講師
・作家
・客員教授

などから収入があると思われます。

 

コメンテーターの出演料は1回5万円ほどのようです。

月に12回ほど出演していると仮定して計算します。

月収 5万円×12回/月=60万円
年収 60万円×12ヶ月=720万円

コメンテーターとしての年収は、およそ720万円と予想しました。

 

講演の講師の出演料は、1回30万円ほどのようです。

月に1回出演していると仮定して計算します。

年収 30万円×12ヶ月=360万円

宮崎哲弥氏の講演の講師としての年収はおよそ360万円と予想しました。

 

作家の平均年収は、200〜500万円ほどのようです。

宮崎哲弥氏の執筆頻度は、年に1、2冊程度です。

宮崎哲弥氏の作家としての年収は、およそ200万円と予想しました。

 

客員教授の年収は300〜500万円ほどのようです。

宮崎哲弥氏の客員教授としての年収は、およそ400万円と予想しました。

 

コメンテーター 720万円
講師 360万円 
作家 200万円
客員教授 400万円
年収 720万円+360万円+200万円+400万円=1,680万円

 

以上の結果から、宮崎哲弥氏の年収はおよそ1,680万円と予想しました。

 

参考:【2022年版】小説家の年収はいくら? 収入や印税の仕組みついてくわしく解説

参考:テレビコメンテーターのギャラの相場はいくら?

参考:講演料金の目安「あの講師はいくらで呼べる?」

参考:客員教授の年収は高い?将来の選択肢としての客員教授を分析

宮崎哲弥の評判は?

宮崎哲弥氏の評判について調べてみたところ以下のような意見が見つかりました。

・尊敬できる人
・知識が豊富
・不登校だったとは思えない
・仏教の考えが勉強になる
・親しみやすい

論理的で落ち着いた話し方から人気があるようです。

また、アニメや音楽にも精通していますので、若者からの評判が良いようです。

バラエティ番組にも多く出演しているのも納得ですね。

まとめ

今回の記事では、宮崎哲弥氏について記事をまとめてみました。

学生の頃は、不登校や大学中退など意外な経歴がありましたね。

評論家としては、親しみやすさから人気があるようですね。

これからも、メディアでの活躍が楽しみですね。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物
選挙立候補者研究所