宮崎千鶴/唐津市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

佐賀県唐津市長選挙に、新人の宮崎千鶴(66)さんが参戦することになりました。宮崎千鶴さんは前唐津市議で、自動車販売業(会社役員)をされています。

出馬理由を「唐津市の人口が減少しているのは、これまでの市政が場当たり的な行政をしてきたためで、これまでの市政のあり方を見直す必要がある」と語り、「女性が代表になると新たな視点で新しい方向性を見つけることができるかもしれない」と言っています。

市長選に参戦する宮崎千鶴さんはどういう人なのか、

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

について記事をまとめていこうと思います。

 
 

宮崎千鶴/唐津市長選挙の経歴は?

宮崎千鶴の略歴

1954年に唐津市に生まれる。
地元の小学校、中学校、唐津東高校卒業、創価大学経済学部卒業。
大学推薦の一般企業に1981年に帰郷するまで働く。
その後結婚され、約10年後に唐津市議会議員初当選。
当時女性議員は唐津にいなかったが、その後5期勤めて勇退。
自動車会社を設立して役員になる。
唐津をもっと盛り上げたいと2021年唐津市長に立候補した。
好きな本は、村上龍の限りなく透明にちかいブルー
好きな漫画は、沖田×華さんの医療漫画「透明なゆりかご」

 
 

スポンサーリンク

宮崎千鶴/唐津市長選挙の家族は?

1989年に結婚されていて、ご主人は宮崎千鶴さんにブルーベリージャムを作って下さるそうです。お子様については不明です。

Instagram(karatsukkochizuru)を拝見しましたが、家族の方は写っていませんでした。またTwitterも選挙用という感じです。

宮崎千鶴/唐津市長選挙の収入は?

唐津市議員だったときの収入は、月収は43万8千円だったようです。現在の会社役員での収入は不明です。

唐津市長の収入は、月収は96万3千円だそうなので、市議会議員の時と比べると、ほとんど倍になりますね。

スポンサーリンク

宮崎千鶴/唐津市長選挙の選挙結果は?

2021年1月31日に行われるので、結果はまだ出ていません…対抗は現唐津市長、峰達郎さん(60)になります。

参考までにですが、前回の唐津市長選挙の投票率は63.33%でした。

まとめ

宮崎千鶴さんは、唐津市議員だった時には公明党だったのですが、市長選挙に出る今回は、脱党しています。

大学も創価大学なので、熱心な方なのだと思いますが、なぜか市長選挙はみなさん無所属が多いです。

宮崎千鶴さんは、唐津市議員になろうと思われたのは、その当時女性の議員がいなかったからだということで、その後も女性の活躍推進、子育て等福祉関係に力を入れていらっしゃいます。

現役の市長さんの方が多分確率的には高い当選率でしょうが、宮崎千鶴さんを応援する方もたくさんいらっしゃいます。