宮橋勝栄/小松市長選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う石川県小松市長選挙(2021年3月14日告示、3月21日投開票)に新人で元小松市議会議員の宮橋勝栄氏が初当選を目指して立候補を表明されましたので、宮橋勝栄氏に関する情報をまとめています。

宮橋勝栄氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

 
 

スポンサーリンク

宮橋勝栄氏/小松市長選挙の経歴は?

名前:宮橋勝栄氏(みやはししょうえい)
生年月日:1979年生まれ
出身地:小松市松岡町
出身校:小松高校 卒業
    立教大学観光学部 卒業
趣味:不明

宮橋勝栄氏の趣味や特技については不明でありましたが、宮橋勝栄氏は地域活動にも積極的に参加されており、西尾校下体育協会の会長や小松かるた会の理事長を務められております。

その他にも小松市スキー協会及びボート協会の副会長や小松市カヌー協会の相談役も務められていることから、趣味はスポーツである可能性があります。

 
 

スポンサーリンク

宮橋勝栄氏/小松市長選挙の家族は?

宮橋勝栄氏の家族構成はご夫人ご令嬢がいらっしゃいます。

また、ご両親同居されており3世代同居でお互いに助け合いながら子育てに奮闘されています。

宮橋勝栄氏/小松市長選挙の年収は?

宮橋勝栄氏の年収についての情報をまとめてみました。

・議員報酬520,000円×(12ヶ月)=6,240,000円
・期末手当520,000円×(4.5ヶ月分)=2,340,000円

現在、宮橋勝栄氏の小松市議会議員時代の年収は上記合計の8,580,000円です。

宮橋勝栄氏/小松市長選挙の選挙結果や得票率は?

ここでは宮橋勝栄氏の選挙結果について書いていきます。

宮橋勝栄氏は2017年3月26日執行の小松市長選挙に初出馬され、22,678票を獲得されましたが、惜しくも落選されました。

投票率は59.06%でした。

まとめ

宮橋勝栄氏は2度目の出馬であり、『宮橋は架け橋です』をキャッチフレーズに市民と共に進める次世代都市こまつへをテーマにコロナ対策を始めまちづくり等に関する各種公約を掲げられております。

前回の悔しさをバネに若さも武器にして初当選を目指されます。

市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所