皆川真一郎/千葉県知事選挙の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う千葉県知事選挙(2021年3月4日告示、3月21日投開票)に元県立高校校長、皆川真一郎氏が立候補する意向を表明されましたので皆川氏に関する情報をまとめています。

皆川真一郎氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙結果

などについて記事を書いていきます。

 
 

スポンサーリンク

皆川真一郎/千葉県知事選挙の経歴は?

名前:皆川 真一郎(みながわ しんいちろう)
生年月日:1954年8月20日
出身地:船橋市
出身校:金沢大学 法文学部史学科国史専攻卒業
趣味:日本画の鑑賞とゲームで将棋をすること

1980年4月以降、松戸六実・松戸馬橋・千葉(定時制)の各高校で社会科教諭を務め、ハンドボール・野球・バレーボール部顧問を担当。

2006年、沼南高校教頭。

2009年、松戸南高校校長。

2012年、流山おおたかの森高校校長。

2015年、国際医療福祉大学参事。

政治家としては、前回知事選にも一時立候補を表明されましたが、候補者調整のため取り下げ。

2017年には衆院選千葉12区から社民党公認で立候補し、落選されています。

 
 

スポンサーリンク

皆川真一郎/千葉県知事選挙の家族は?

皆川氏の家族の情報は見当たりませんでした。

皆川氏が60歳代後半であることを考えると、結婚されてお子様やお孫様までいらっしゃるかもしれません。

皆川真一郎/千葉県知事選挙の年収は?

皆川氏は高校教師として30年以上活躍されていて、最終的には校長先生にまで上り詰められたようです。

公立高校の校長先生の年収は公務員といえど、正確な公表はありませんでした。

そこで参考までですが、転職エージェントのサイトによると校長先生の平均年収は813万円になるそうです。

皆川真一郎/千葉県知事選挙の選挙結果は?

2021年3月21日に千葉県知事選挙は開催予定です。

ちなみに前回の千葉県知事選挙の投票率は31.18%でした。

まとめ

今回の千葉県知事選挙では現職の森田健作知事が不出馬を表明されており、新人6人で争う予定となっております。

皆川氏は、元県立高校校長の立場から「千葉の高校教育は衰退している。子どもたちが生きやすい千葉をつくるために、教育の重要性を訴える」と述べられ、水産高校復活、工業高校新設などの政策を発表されました。

またその他にもコロナ渦の経済対策として、1国民一人当たり年120万円支給、2景気回復まで消費税の停止、3コロナ禍での失業者・離職者全てを、一時地方公共団体職員に雇用し、生活保障政策に重点化、などを訴えられています。

知事
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所