三保恵一/二本松市長選の経歴や家族は?年収や選挙結果も!

スポンサーリンク

任期満了に伴う二本松市長選挙(2021年11月14日告示)に立候補する意向を表明された、三保恵一氏に関する情報をお伝えいたします。

三保恵一氏の

・経歴
・家族
・年収
・選挙の結果

などについて記事をまとめていきます。

 
 

スポンサーリンク

三保恵一/二本松市長選挙の経歴は?

名前 三保 恵一(みほ けいいち)
生年月日 1949年7月18日
出身地 福島県二本松市
最終学歴 福島県立安達高等学校卒業
職業(前職) 現職 二本松市長(3期)
趣味 公表されている情報はありません

三保恵一氏は5期の福島県議会議員を歴任し、現在は3期目を務める二本松市長をつとめている二本松市政のベテランの候補者とも言うべき政治家です。

三保恵一/二本松市長選挙の学歴は?

三保恵一氏の最終学歴は高校卒業で、福島県立安達高等学校を卒業しました。

出身高校は?

三保恵一氏の母校の福島県立安達高等学校は、二本松市内にある公立の高等学校で、在校生は二本松市に住所がある生徒が7割で、さらに女生徒の割合が多く安達支部郡の高校では一番の進学校とのことです。

出身大学は?

三保恵一氏の公表されている最終学歴の情報は高等学校卒業でしたので大学には進学されていないようです。

三保恵一氏と同じ年代の方たちは(70代前後~の世代)今の時代のように大学に進学している人は多くはありませんでしたので当時としては一般的な学歴だったのだと思います。

スポンサーリンク

三保恵一/二本松市長選挙の家族は?

三保恵一氏のご家族についての情報は得られませんでした。

年齢を考慮してご家庭を持っておられるのでしたら、お孫さんもおられてご自宅でも優しいおじいちゃんの顔をされるのかもしれませんね。

 
 

三保恵一/二本松市長選挙の年収は?

三保恵一氏の年収について情報をまとめてみました。

97万円(月収)×12ヶ月=1164万円
1164万円+賞与388万円(4ヶ月)=1552万円

現職の二本松市長である三保恵一氏の年収は、およそ1552万円と推定します。

三保恵一/二本松市長選挙の実績や評判は?

三保恵一氏は自身の市政の取り組みとしてこちらのサイトでインタビューを受けた際に答えられていました。

2011年3月の大震災・原発事故の際には市民の安全や健康を守ることを最優先に市独自の放射線測定を実施するなど市民の健康不安に対していち早い取り組みを行われています。

新型コロナウィルスの流行という未曽有の危機に三保恵一氏は2020年に新型コロナウイルス対策の財源に充てるため自身の6月期末手当を50%、副市長と教育長については30%減額する減額する条例案を市議会定例会に提出し可決されています。

三保恵一/二本松市長選挙の公約は?

三保恵一氏は自らの掲げる公約を「二本松大改革」としてtwitterで「政策紹介」として公表しています。

企業誘致を促進させ働く場所を確保し、若者が定住できる環境つくりを進める
企業誘致を促進し働く場所を確保することで二本松の活力増進を目指す
高齢者の移動手段の確保のため公共運賃の無料化を行い、誰もがいきいき生活できるいのち輝くまち二本松を目指す

などです。

三保恵一氏は常に市民の事を第一に考えており、二本松で暮らす市民と同じ目線でどうしたら暮らしやすくなるかを考えて市政を行ってくれるのは間違いないでしょう。

三保恵一/二本松市長選挙の立候補した理由は?

三保恵一氏は2021年の9月の議会での一般質問にて「引き続き市政を担当し、『笑顔あふれる しあわせのまち 二本松』の実現に全力で取り組んでいくために、市長選への出馬を決意した」と二本松市長選挙への立候補への意向を示されました。

とくにこれからの4年間については「今後10年間の新しい市総合計画を実現することが私の使命と責任だ」とも発言しており、続投について強い意欲を感じられますね。

三保恵一/二本松市長選挙の選挙結果は?

1983年 福島県議会議員(初当選)
2001年 衆議院議員通常選挙(落選)
2003年 旧二本松市長選挙(初当選)
2005年 新制二本松市長選挙(当選)
2009年 二本松市長選挙(無投票当選)
2013年 二本松市長選挙(落選)
2017年 二本松市長選挙(当選)

注目すべきは2013年の二本松市長選挙での落選です。

この年は福島県全体の首長選挙では除染の遅れや福島第一原発事故の対応の批判から三保恵一氏も含め現役市長には厳しい状況だったようで落選が後を絶ちませんでした。

三保恵一/二本松市長選挙の引退の可能性は?

三保恵一氏は選挙戦で過去にも何度も落選してしまったこともありましたが、決して諦めることはありませんでした。

三保恵一氏が仮に今回の選挙で敗れてしまったとしても、引退を意識するような発言は今のところ見当たりませんでした。

私個人としての考えは、二本松市の未来のために自分が為すべきことがはっきり見えている三保恵一氏の引退の可能性はまだ少ないと感じています。

まとめ

2013年の二本松市長選挙では選挙に敗れ新野洋氏に職を譲った三保恵一氏でしたが、次の2017年の市長選では見事雪辱を晴らし二本松市長として帰り咲きました。

そして2021年の同市長選挙では4年前の選挙と立場を変えて新野洋氏と対峙します。二人の舌戦は序盤からますます激しさを増しており結果がとても気になりますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
市長
スポンサーリンク
選挙立候補者研究所